新型15代目クラウンはニュルで鍛えたスポーツサルーンに変身?!アスリート・ロイヤル・マジェスタを廃して新しいグレード体系へ!

新型15代目クラウンはニュルで鍛えたスポーツサルーンに変身?!アスリート・ロイヤル・マジェスタを廃して新しいグレード体系へ!
     
   

出典元:https://toyota.jp/crown/design/?padid=ag341_from_crown_navi_design

新型15代目クラウン(S220)の特徴は?

出典元:https://toyota.jp/crown/design/?padid=ag341_from_crown_navi_design

FRモデル初となるTNGAプラットフォームを採用

新型クラウンのプラットフォームにはTOYOTA New Global Architecture(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)に基づいた新型のTNGA FRプラットフォームが採用されました。

TNGAプラットフォームはここ最近発売されたトヨタの新型車に採用されて好評を博していますが、FR車への搭載はこの新型クラウンが初となります。

ドア後部のCピラーにウィンドウを設けた6ライトデザイン

従来クラウンのような高級車の場合、太めのCピラーが採用されることがほとんど。クラウンも例にもれず、初代から先代である14代目まで太いCピラーというのが定番でした。

特にクラウンは官公庁の公用車などとしても用いられてきたことから要人保護、プライバシーの保護といった目隠し的な意味も果たしていたと思われます。

ところが今回の新型クラウンでは大きく方向転換し、なんとCピラーにウインドウのある6ライトデザインに変更されました。

高級感を損なうことなく以前より軽やかで解放的な雰囲気になり、まさに新世代のクラウンを象徴するポイントといってもいいでしょう。

クラウンとして初めてニュルブルクリンクで走行テスト

スポーツカーのテストコースとして有名なニュルブルクリンク北コースはコース通しての高低差約300ⅿ、コーナー数は170を超えしかもその多くはブラインドコーナー、狭いコース幅などの過酷な条件の揃った超難関コース。

今回の新型クラウンはこのニュルブルクリンク北コースでテスト走行が行われたことから、そのデザインやコネクティッド機能に話題が集まりがちな新型クラウンの走りについても自信があることを窺わせます。

本格的なコネクティッドカーとしての先進装備

この新型クラウンが発表された際には、コネクティッド機能が全グレードに標準装備されることが大きく取り上げられました。トヨタに限らず、最新の機能の一つであるコネクティッド機能は上級クラスにのみ設定されることがほとんどというのが実情です。

国産高級車を代表するクラウンですが初代の登場は1955年と、半世紀以上前のことになります。

また高級車としての位置付けのせいもあるのか、クラウンのオーナーやファンの多くは70歳代ということを鑑みて、コネクティッド機能の標準装備は若者にも興味を持ってもらう為という意図もあったようです。

本格コネクティッドカーとしての進化を遂げたクラウンは車載通信機DCMを搭載し、トヨタのコネクティッドサービス、”T-Connect for CROWN”に接続します。また他のコネクティッドカーに接続することも可能。

24時間365日サポートしてくれるオペレーターにホテルやレストランの予約をお願いしたり、遠隔でナビの操作をお願いしたりすることができます。まるでハイグレードなクレジットカードのサポートデスクのようですね。

車に異常が発生した場合はケアセンターに接続、ここでも24時間365日のサポートを受けることができます。販売店舗にも異常が報告され、販売店からのより適切なアドバイスを受けることも可能になっています。

緊急時にはヘルプネットが活躍。緊急ボタンを押すだけで位置情報を発信し、専門のオペレーターが警察や救急車などの手配を速やかに行ってくれます。エアバックが作動した場合には緊急ボタンを押さずとも自動でオペレーターに接続してくれるので安心ですね。

また新機能”LINEマイカーアカウント”では、LINEにクラウンを友だち追加しておくとLINEでガソリンの残量確認やナビの登録などができるように。車に乗らなくてもいろいろな車の情報がわかるので非常に便利です。

特に若者に浸透しているアプリであるLINEを利用した新機能を開発したことからも、クラウンのターゲットの年齢層を若年世代にしていることが窺えますね。

その他にも遠隔でロックやライトのオン・オフが行えるマイカーSecurity機能、自分の運転が安全か、エコな運転ができているかなどを診断してくれるドライブ診断など多彩な機能が搭載されています。

最新の安全技術・運転支援機構を搭載

トヨタの予防安全技術、Toyota Safety Senseの第2世代型を標準装備し、プリクラッシュセーフティ、レーダークルーズコントロール、レーントレーシングアシスト、ロードサインアシストなど多くの予防安全技術を搭載。

またトヨタ初となる対後方歩行者サポートブレーキを採用しました。

歩行者を検知した場合にはアラームで警告、必要に応じてブレーキ制御を行い事故の起こりやすい駐車時の後方発進の衝突事故の防止・被害軽減を目指しています。

新車情報カテゴリの最新記事