新型ジープ・ラングラー(JL)が国内いよいよ発売!4ドアのアンリミテッドは限定車含む2モデルと2ドアは受注生産!

新型ジープ・ラングラー(JL)が国内いよいよ発売!4ドアのアンリミテッドは限定車含む2モデルと2ドアは受注生産!
     
   

出典元:https://www.jeep-japan.com/wrangler-jl.html

ジープ・ラングラー(JL)は旧型(JK)と比べてどこが変わった?

出典元:https://www.jeep-japan.com/wrangler-jl.html

クロカンの代表格であるジープ・ラングラーの11年ぶりのフルモデルチェンジが大きな話題となっていますね。

昔ながらの軍用ジープスタイルを保ち続け、熱烈なファンを持っているモデルですがやはり時代に合わせて進化していくようです。

今回はこの新型ジープ・ラングラーについてお届けします。

【全国OK!】ジープのラングラーもお任せ!どんな車種でも新車買うならイキクルが最大値引きディーラー紹介!

ラダーフレーム、前後リジッドアクスルは継承

今回のフルモデルチェンジで一体どのようにラングラーが変化してしまうのか不安に思っていた方も多かったのではないでしょうか。

前回のフルモデルチェンジから11年経っている、ということもありますし、現在の乗用車の乗り心地に慣れてしまっている多くの消費者に対応するようにラングラーも変化してしまうのではないか、という危惧があったかもしれません。

でも、昔ながらのジープの熱烈なファンの方も心配しないでください。

今回のフルモデルチェンジでも今や絶滅危惧種といっても過言ではないラダーフレーム、そして前後リジットアクスルサスペンションという本格オフローダーとしての伝統的な組み合わせは継承されています。

あの独特な乗り心地が好きという方も一安心ですね。 ファンがラングラーに求める基本的な部分はきっちりと押さえてあるようです。

アルミなどのボディパネル採用で軽量化

今回の新型ラングラーでは外見的にはキープコンセプトで、ジープの伝統的なスタイルを体現しています。

ですが目に見えない部分はやはり現在の技術を駆使してアップデート。新型では全てのドア、ヒンジ、ボンネット、そしてフェンダーに高張力アルミ素材を採用。車両重量をかなり軽量化し、燃費性能や環境性能の向上を図っています。

車両重量は、なんと先代モデルよりも約90㎏も軽くなっています。軽自動車1台分に匹敵するほどの重量削減は凄いですね。

エンジンは3.6リッターV6と2リッター直4ターボエンジン搭載

新型ラングラーに搭載されるエンジンは3.6LV6ガソリンエンジンと2.0L直4ガソリンターボエンジンの2種類。2.0Lターボエンジンは今回の新型の為に新たに開発されたエンジンで、最高出力272ps、最大トルク400Nmを発揮します。

3.6LV6エンジンに関しては先代モデルと変更なしということ。最高出力284ps、最大トルク347Nmです。

11年越しのフルモデルチェンジなのであれば3.6LV6エンジンも新開発して欲しかった、というのがファンの正直な気持ちなのではないでしょうか。

エンジンのスペックとしては同じですが、アルミを多用したボディとトランスミッションに8速ATを組み合わせたことで燃費は先代よりもかなり向上しているようです。

新車情報カテゴリの最新記事