新型コンパクトSUV、BMW・X2がいよいよ国内発売!気になる価格やサイズなどのスペックをライバル車と徹底比較!

新型コンパクトSUV、BMW・X2がいよいよ国内発売!気になる価格やサイズなどのスペックをライバル車と徹底比較!
     
   

出典元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/x-series/X2/2017/at-a-glance.html

BMW・X2の特徴とは?ディーゼル搭載モデルの設定は?

出典元:https://motor-fan.jp/article/10003861

BMW・X1をベースとしたクーペスタイルのコンパクトSUV

BMWから新たなSUVモデルとなるX2が国内で発売を開始しました。

BMWではX5のクーペスタイルとしてX6、X3のクーペスタイルとしてX4がラインナップされていましたが、X2はまだリリースされていませんでした。

もちろん、今回登場したX2はX1をモデルとしたデザインとなっています。

BMWのSUVといえばクーペデザインの車を想像する人も多いかもしれません。SUVらしい機能性に加えて、クーペでスタイリッシュなデザインは多くの人の目に止まるでしょう

BMWのSUVは、SAV(Sport Activity Vehicle)と呼ばれていますが、X2、X4、x6はSAVであり、クーペのでもあるのでSAC(Sport Activity Coupe)と呼ばれています

最新のコネクティビティを導入したインテリアデザイン

X2には、これまでに無かった最新のコネクティビティが導入されています。

これまでのナビは、シフトレバーの側にあるダイヤルを使用して操作していましたが、X2ではナビがタッチパネル付きとなっています。

日本車でダイヤルを利用するようなメーカーは少なく、慣れるまで不便に感じていた方も多かったようですが、今回の改良により使う人を選ばない、機能性の高いナビゲーションとなりました。

インテリアは黄色を基調としたステッチが多く取り入れられています。これまで青、赤が多かったので新しい試みです。

全体的にスポーティな印象を受けます。ナビなどの電装系が全てドライバー側に傾いており、ドライバーに走りを楽しんでもらうと考えているBMWのこだわりが感じられます。

MスポーツXが新たにラインナップ

X2ではこれまでに無かったMスポーツXというモデルが導入されました。これまでのXシリーズに導入されていたMスポーツと同じ位置付けです。

ですが、これまでと同じようにMスポーツも選択することが出来ます。

XシリーズらしさとMスポーツの要素が合わさったモデルで、これまでよりも選択の幅が広がりますね。

ブランド・フレンドに香取慎吾が就任

X2のブランド・フレンドとして、香取慎吾さんがBMWジャパンとコラボを果たしました。

このようなタッグが組まれたのはBMWにとっても初めてではないでしょうか。

“UNFOLLOW”とタイトルに刻まれているように、非常にロックで格好良い映像に仕上がっています。

このようなイメージ映像は、日本人よりも外国人が格好良く乗りこなして撮られている印象がありましたが、とても似合っていますよね。

今後もこのような形で、BMWジャパンと有名タレントの様々なタッグが見てみたいと思いました。

BMW・X2のグレード別内装・装備の違いは?

新車情報カテゴリの最新記事