新型BMW・X4が国内販売スタート!フルモデルチェンジでボディ大型化、M40iもラインナップ!

新型BMW・X4が国内販売スタート!フルモデルチェンジでボディ大型化、M40iもラインナップ!
     
   

出典元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/x-series/X4/2018/images-videos.html

新型BMW・X4(G02)の特徴は?旧型から進化したポイントやサイズの違いは?

出典元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/x-series/X4/2018/images-videos.html

旧型よりボディサイズを拡大したクーペスタイルSAC

X4がデビューしたのは2014年。登場から4年と、比較的短いサイクルでのフルモデルチェンジとなりました。これは最近のBMWとしては異例ともいえる短さです。

BMWのXシリーズはSUV(BMWではSAV、もしくはSACといわれる)のラインです。世界的なSUV人気に伴って、今ではXシリーズはBMWの総売り上げの3割を占める主要シリーズになりました。

今回X4の短期間でのフルモデルチェンジは、BMWがこれまで以上にXシリーズに力を入れていくことの表れかもしれませんね。

BMWはX4をスポーツ・アクティビティ・クーペ(SAC)とカテゴライズしています。クーペの美しいスタイルを持ちつつも広い車内空間を確保したモデルです。

今回のモデルチェンジで全長を80㎜、ホイールベースを50㎜拡大しさらに広い居住空間を確保しました

注目すべきは、ボディサイズを拡大したにもかかわらず重量は軽くなっていること。カーボンファイバー強化樹脂やアルミニウム合金などを使用する軽量化技術に定評のあるBMWならではといえるでしょう。

4気筒モデルのxドライブ30iとxドライブ30i Mスポーツ、6気筒モデルのM40iのグレード構成

今回日本に導入されるのは、2.0L直4気筒エンジンのxドライブ30iとxドライブ30i Mスポーツ、押して3.0L直6気筒エンジンを搭載したM40iと、パワートレインは2種類、グレードは3種類という構成になりました。

BMWが特に力を入れて推しているのがM40i。これはレースやサーキットを意識したセッティングがなされるBMW Mモデルと通常のBMWモデルの中間に位置付けされるグレードです。

最高出力360ps、最高トルク500Nm、0-100㎞/h加速は4.8秒とハイパフォーマンスモデルながらも日常でも快適に使用できる実用性を兼ね備えたモデルとなっています。

ヴァーネスカレザー仕様のスポーツシートなど高級感アップ

出典元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/x-series/X4/2018/images-videos.html

インテリアは適度なスポーツ感と上質感を兼ね備えたものに。高級感のあるセンサテックダッシュボード、そしてガルバニック加工が施されたボタンが気品と重量感を感じさせラグジュアリーな雰囲気をもたらします。

シートにはしなやかなヴァーネスカレザーを使用したスポーツシートを用意しました。クーペの美しいエクステリアにマッチした上質な車内空間となっています。

先進運転支援システムの強化

最新のBMWの先進運転支援システム「ドライビングアシストプラス」を搭載し、新型X4では部分自動運転が可能になりました。これはセグメント最高レベルのシステムになります。

新車情報カテゴリの最新記事