BMW・M4カブリオレが国内で発売!導入は450馬力のコンペティション、ライバルのハイパフォーマンス系4シーターオープンと価格やスペックを徹底比較!

BMW・M4カブリオレが国内で発売!導入は450馬力のコンペティション、ライバルのハイパフォーマンス系4シーターオープンと価格やスペックを徹底比較!

出典元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/m-series/m4-convertible/2017/images-videos.html

BMW・M4カブリオレの特徴は?

出典元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/m-series/m4-convertible/2017/images-videos.html

4シリーズをベースにM社が仕立てたハイパフォーマンスモデル

遂に日本に登場するM4カブリオレ。

比類なき美しさとその驚くべき走行性能の高さで孤高の存在といってもいいM4のカブリオレは、登場時から日本導入が熱望されていました。

M3の後継モデルとして登場したM4のオープンモデルがカブリオレになります。

スポーツカー顔負けの走行性能を持ったチューンナップカーとしては珍しい4シーターとして、M3時代から不動の地位を築いてきました。

3シリーズからクーペとカブリオレを独立させて生まれたラインが4シリーズ。

4シリーズは2012年に登場したばかり、1世紀以上の歴史を誇るBMWの中では新顔の部類なので長年BMWに親しんできた方にとっては違和感があるというか、なじみがないと感じるかもしれませんね。

この4シリーズをBMWのM社がチューンナップし、スポーツカーに匹敵するような走行性能を併せ持つスーパーカーに仕立てたものがM4です。

M社は元BMWモータースポーツで、長年培ってきたBMWのモータースポーツに関する技術を継承。現在はMシリーズなどの研究開発などを手掛けています。

過去にはF1シリーズでチャンピオンを獲得したこともある優れた技術が公道を走る車に活かされていると思うと、車好きとしてはワクワクしてしまうのではないでしょうか。

直列6気筒Mツインパワーターボエンジン

先代にあたる4代目のM3カブリオレがそれまでのBMW伝統の直列6気筒エンジンを採用せずV型8気筒エンジンに変更となり、当時は賛否両論が巻き起こりました。

今回日本に登場するM4ガブリオレはエンジンの方式としては直列6気筒に戻りましたが、シリーズ初となるターボチャージャーが搭載されることに。

M4に使用される3.0Lの直列6気筒ツインパワーターボエンジンはMシリーズならではの最大550Nm、7,600rpmという驚異のハイスペックを誇ります。

最高出力は331 kW (450 ps)/7,000rpm。その馬力は停止状態から100㎞/hに至るまで何と4.3秒という驚きの加速を実現。また独特のエンジン音も大きな魅力の一つといえるでしょう。

Mシリーズでしか味わえないその走りの快感は、走りにこだわる層にも十分満足のいく仕上がりとなっているのではないでしょうか。

M DCTドライブロジック搭載

ハイスペックなMモデルのエンジンの性能を十分に引き出すべく専用に開発されたトランスミッション、7速M DCTドライブロジックを今回のM4カブリオレに採用

2つのクラッチでなめらかにシフトチェンジ、エンジンの駆動力を途切れさせることなく常に最適なギヤでストレスフリーで快適な走りを実現。

驚きの加速を実現するローンチ・コントロールも搭載し、レーシングカーに負けるとも劣らないエンジンの性能を最大限に活かす組み合わせとなっています。

ハイパワー仕様のコンペティション

今回、日本にはハイスペックなMシリーズをさらに高性能にしたコンペティションバージョンのM4カブリオレが導入されます。

かつてはオプション扱いだったコンペティションですが、現在では独立したグレードとして存在。

ただでさえ驚きの性能を誇るM4でも満足できない、貪欲に走りを追求する方にはうってつけといえるでしょう。

世界限定300台の30 Jahreも発売

今ではその名を変えM4カブリオレとなっていますが、この車のデビュー当時の名称はM3カブリオレ。今年2018年はM3カブリオレが登場してからちょうど30年になります。

そこで30周年を記念してM4カブリオレに記念モデル「M4カブリオレ 30 Jahre(ドライシッヒ・ヤーレ)」 が世界限定300台で登場しました。

ボディカラーには2色の限定色。鮮やかなカラーが人目を引く「マンダリンⅡ」と落ち着いた雰囲気が魅力的な「マカオ・ブルー・メタリック」が用意されます。

carteacher

新車情報カテゴリの最新記事