レクサス・NXがマイナーチェンジ!レクサス最新の装備、シルエットはどう変わる!?

レクサス・NXがマイナーチェンジ!レクサス最新の装備、シルエットはどう変わる!?
     
   

レクサスが2017年4月19の上海モーターショーにて、人気の小型SUV、NXのマイナーチェンジモデルを世界初公開しました。日本での発売は2017年秋ごろを予定しており、発売から3年と数か月というマイナーチェンジの早さで世間を騒がせています。今回はレクサスNXの現行モデルの特徴やパフォーマンスを振り返り、新型NXがマイナーチェンジでどのように変貌を遂げるかを解説していきたいと思います。

レクサスの間口を広げた車、NX

現行型NX(AGZ10/15・AYZ10/15型)

photo by Kirakiraouji(CC 表示-継承 4.0)

レクサス・NXは、2014年7月にレクサス初のコンパクトクロスオーバーSUVとして発表され、販売を開始しました。ISからのスピンドルグリルのデザインを踏襲しつつ、現在では定着したL字型三眼フルLEDヘッドランプを初めて採用した車でした。金属から削り出したようなボディデザインや先進的なコクピットのような内装は、これまでのレクサスの保守的なイメージを刷新。より革新的なイメージを推し進めるに至りました。

プラットフォームはハリアーやRAV4と共通の新MCプラットフォームを採用。ボディサイズは全長4,630mm、全幅1,845mm、全高1,645mmと取り回しのしやすいコンパクトなサイズでありながら、SUVゆえの広いラゲッジスペースや余裕のある後席など、プレミアムSUVのはしりとしてのRXの遺伝子を受け継いだ設計がなされました。

さらに、4つのカメラをつなぎ合わせて上方から車を確認できるパノラミックビューモニターやおくだけ充電、当時はまだ高価だった安全装置を安価な価格設定で提供。車両本体価格はそれまで存在したCT、ISの中間に位置する420万円というコストパフォーマンスの良さがユーザーに受け入れられて、一世を風靡します。とりわけそれまでレクサスと疎遠だった車好きの国産ユーザー層やファミリー層の支持を得て、一時は半年以上の納期となるほどの人気を博しました。

現在までNXはRXやISとともにレクサスの基幹車種として、好調なセールスを維持していましたが、いよいよ今年秋に満を持してマイナーチェンジされることとなります。

期待のNX、最新装備や内外装はどう変わる!?

国産プレミアムブランドとして新型車には常に最新の装備を設定してきたレクサスですが、NXにおいてはどのような変更点があるのでしょうか。実際に細かく見ていきましょう。

さらに進化した内外装

2017年4月の上海モーターショーで発表された新型NXの画像によると、その内外装もかなり新しいデザインとなっています。ヘッドランプはより小型の立体三眼フルLEDヘッドランプユニットに変更され、よりシャープなデザインへと進化しました。現行RXと同様シーケンシャルターンシグナルランプが追加された他、スピンドルグリルもLXやRXと共通性のあるレイヤーデザインとなり、レクサスのSUVとしてのアイデンティティをより強固なものとしました。また、F SPORTはバンパー下部にエアインテーク風のデザインが追加され、よりスポーティさを強調するようなデザインとなっています。

内装においては全体的に質感が向上し、より上質な質感を追及しています。ヘッドアップディスプレイはRX同様メーターフードと一体化したデザインとなっています。ナビを操作するリモートタッチも、画像を見る限りではおそらくLC同様の改良が加えられているようです。ナビゲーションディスプレイは10.3インチワイドディスプレイとなり、ISと同様二画面分割が可能となり、それまでの7インチだったディスプレイに比べてかなり見やすくなりました。

新車情報カテゴリの最新記事