フェラーリ・812スーパーファストをベースとした限定モデル、モンツァSP1&SP2を公開!810馬力のV12エンジンを搭載したフルオープンカー!

フェラーリ・812スーパーファストをベースとした限定モデル、モンツァSP1&SP2を公開!810馬力のV12エンジンを搭載したフルオープンカー!
     
   

出典元:https://carnews.jp/articles/yoVBi

フェラーリ・モンツァSP1&SP2とはどんなモデル?

出典元:https://www.ferrari.com/ja-JP/articles/the-ferrari-monza-sp1-and-sp2-unveiled

1950年代をコンセプトとする「Icona」シリーズ

車好きの方ならば、元レーシングドライバーのエンツォ・フェラーリの手によって設立された高級スポーツカーメーカーのフェラーリを知らない方はいないでしょう。

ハイスペックな高級スポーツカーの代名詞ともいえるメーカーですが、2018年に新CEOが就任し、今後のフェラーリのセグメントを「スポーツ」、「GT(グランツーリスモ)」、「Icona」、「スペシャルシリーズ」に分けると発表がありました。

今回発表されたモンツァSP1とSP2はIconaモデル第一弾となります。

Iconaモデルは創業間もないフェラーリがストイックにレースに勝てる車を追求していた、フェラーリ史上最も刺激的だったといわれる1950年代のフェラーリの記憶を蘇らせることを目的とした新セグメントです。

1950年当時のクラシカルなエクステリアのイメージを再現しつつも現在の最高峰の技術が詰め込まれた、非常に刺激的なモデルとなっています。

フェラーリ・812スーパーファストの車台をベースにしたバルケッタ

Iconaモデル第一弾として登場したモンツァSP1&SP2は、2017年にジュネーブモーターショーで公開された812スーパーファストの車台をベースとしたバルケッタモデルです。

ルーフやウインドスクリーンを持たないため、スパイダーでは表現できないようなデザインの自由があったようです。モンツァSP1とSP2のオーナーは、これまでに体験したことのないようなオープンエア・スピードを体感できるということです。

もちろんここにも最新の技術が投入され、このバルケッタ独特の車体構造の為にこれまで手掛けてきたフェラーリ車両のエアロダイナミクスとは全く異なるものが開発されました。

フェラーリが特許を取得したバーチャル・ウィンドシールドを装備し、ボンネットからの気流がドライバーに及ぼす影響を最小限に抑えることで、このモデルならではのF1レーシングカーのようなスピート感を得られるようになっています。

フェラーリの市販エンジン最強のスペック

搭載されるエンジンももちろん特別なものに。2018年インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーを受賞した812スーパーファストのエンジンと同じものを搭載していますが、さらにチューンナップが施されました。

搭載された6.5LV12気筒NAガソリンエンジンは最高出力810ps、最大トルク718Nm、最高速度300㎞/h以上、0-100㎞/h加速は2.9秒、0-200㎞/h加速は7.9秒というフェラーリ史上最高のスペックを誇るエンジンとなっています。

シングルシーターのSP1、2シーターのSP2

出典元:https://www.ferrari.com/ja-JP/articles/the-ferrari-monza-sp1-and-sp2-unveiled

今回のIcanaシリーズのデビューにあたって用意されたモデルは2種類。シングルシーターのモンツァSP1、2シーターのモンツァSP2です。

いくら特別な限定モデルとはいえ、シングルシーターをラインナップするブランドはなかなかないのではないでしょうか。

もともとこういった高級限定モデルは実用というよりは趣味、コレクションとしての要素も強いとは思いますが、それにしてもシングルシーターとは完全に趣味の世界ですね……。

新車情報カテゴリの最新記事