【大注目】10年ぶりの新型ロードスター100kgの軽量化に成功!そのこだわりを徹底解説!

【大注目】10年ぶりの新型ロードスター100kgの軽量化に成功!そのこだわりを徹底解説!
     
   

「だれもが、しあわせになる」
印象的なコピーと共に初代ロードスターが鮮烈なデビューを飾ってからはや25年が経ちました。

当時は誰もがこのメッセージに心をときめかせたものです。車が単なる移動手段ではなく、ドライバーの意志が直接、ロードスターという、自分の分身にストレートに伝わる。

その間には何者も存在しえず、ドライバーの感覚そのものが、ロードスターの意志であるかのように、疾走する。

発売当時は誰もがその喜びに震えたものです。

帰ってきたロードスター

そんなマツダロードスターが実に10年ぶりにニューモデルとして帰ってきます。最大の違いは重量。約100kgほどの軽量化に成功しています。

ここからは、その軽量化の秘密についてボディエンジンの2つの側面から迫っていきます。

ゼロ戦に通じるボディの軽量化策

ゼロ戦
Photo By tomohisa suna

第二次世界大戦中の日本の名機、ゼロ戦を捕獲した米軍関係者は、分解して驚きの声を上げました。なんとゼロ戦の胴体の補強材にはところどころ穴が開けられ、軽量化が図られていたのです。

それどころか計測してみると、穴を開けたほうが、開けない鋼板よりねじれ強度が勝っていた部分もあったのです。この穴こそが、ゼロ戦の旋回性能を圧倒的に向上させ、空中戦で無類の強さを発揮させた理由の一つでした。

ボディの軽量化策
Photo By 公式サイト

マツダの技術スタッフは、1gでも軽くするためにゼロ戦と同様にシャシーやボディの補強材の問題のないところにを開けました。この、穴だらけのボディーこそ、ロードスターに与えられた飛翔への羽根です。

原点回帰したエンジン

エンジンの工夫
Photo By 公式サイト

4代目ロードスターは、ライトウェイトスポーツカーの原点に回帰しました。

3代目の2.0Lのエンジンに比べ、4代目は1.5Lエンジンを搭載しています。給排気系などのエンジン周りのシステムを含めると、0.5L小さくなることで20kgの軽量を実現しています。

このエンジン・チョイスを可能にしたのは、コンパクトボディの設計にあります。4代目のボディは、3代目と比べて全長で105mm、全高10mm、ホイールベースで40mm短くなっています。

新車情報カテゴリの最新記事