ランドローバー・ディフェンダー、生産終了後も90/110をベースにV8エンジンコンバージョンモデルが次々と登場!メーカーからも限定再生産モデル発表!

ランドローバー・ディフェンダー、生産終了後も90/110をベースにV8エンジンコンバージョンモデルが次々と登場!メーカーからも限定再生産モデル発表!
     
   

出典元:https://pr.jlrj.jp/press/show/4204/land-rover

ランドローバー・ディフェンダーとは?

ランドローバーシリーズの登場

出典元:https://www.landrover.co.jp/explore-land-rover/one-life/heritage/seventy-year.html

間違いなく歴史に残る伝説の名車の一つであるランドローバー・ディフェンダー。その誕生は1948年にまで遡ります。第二次世界大戦が終結して間もない頃でした。

ディフェンダーの前身となるランドローバー・シリーズⅠが登場します。このシリーズⅠは第二次世界大戦において連合国軍の軍用車として使用され、多大な成果を上げたといわれるジープをもとに開発されました。

戦後アイゼンハワーは第二次世界大戦の勝利に貢献した兵器のうちの一つにジープを挙げています。ジープはそれほどの優れた悪路走破性、耐久性、走行性能を誇る優れた車でした。

ジープを参考にしているだけあり、その優れた特性からランドローバー・シリーズⅠはイギリスにおいても軍用車として重宝されるようになりますが、シリーズⅠでとくに有名なのはイギリス陸軍の特殊空挺部隊SASのピンクパンサーでしょう。

ボディ全体をピンクに塗装し、砂漠の中に溶け込むように工夫されていました。余談ですがプラモデルで有名なタミヤから1/35スケールのピンクパンサーのプラモデルも登場しているのも興味深いですね。

シリーズIIIからランドローバー・90/110に

1957年にはシリーズⅡ、1971年にはシリーズⅢが発表されランドローバーは進化を続けていきますが、1983年のマイナーチェンジを受けて名称が変更されました。

シリーズの呼称がなくなり、ランドローバー・90/110となりました。末尾の数字はそれぞれホイールベースを表したものなので、とても分かりやすい呼称となったといえますね。

その後業務用としての需要に応えるため、ホイールベースを拡大した127が1985年にラインナップに加わりました。

ランドローバー・ディフェンダーに改称

この時点ではランドローバーのラインナップはランドローバー・90/110/127の3種類の他にはレンジローバーだけでした。

レンジローバーはランドローバーのフラッグシップとなるSUV車。

初代は1970年に登場とランドローバー・シリーズⅠよりも後に登場した車種となりますが、ラグジュアリーさと同時にパフォーマンスも追求した高級SUVは当時とても斬新なものでした。

イギリス王室はもちろんのこと多くのセレブリティに支持された車でもあります。

そんなレンジローバーとランドローバーシリーズの違いは一目瞭然でしたが、1989年ランドローバーの第3のモデル、ディスカバリーの登場で話は変わってきます。

レンジローバーのコストダウン、量産化版を狙ったディスカバリーは広告効果もありヒットしました。

車種が増えたことによってその違いを明確にする必要が出てきたため、ランドローバーはランドローバー・90/110/127の名称をディフェンダーに改称します。

ディスカバリー登場の2年後、1991年のことでした。この時に127は130へと名称が変更されますが、ホイールベースの大きさそのものには変更は加えられていません。

新車情報カテゴリの最新記事