マツダ・CX-5がマイナーチェンジ!新型ターボエンジン搭載の25T追加、ディーゼルにMT追加、ナッパレザーの特別仕様車発売!!

マツダ・CX-5がマイナーチェンジ!新型ターボエンジン搭載の25T追加、ディーゼルにMT追加、ナッパレザーの特別仕様車発売!!
     
   

出典元:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/?link_id=sbnv

新型マツダ・CX-5はマイナーチェンジでどこが変わった?

出典元:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/?link_id=sbnv

2.5リッターターボエンジン搭載モデル25Tを追加

今回のマイナーチェンジの最大のトピックともいえるのがこの2.5L直4気筒ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G2.5T」がラインナップに加わったことでしょう。

このエンジンは日本では販売されていないCX-9に搭載されているエンジンです。いきなりそれをCX-5のラインナップに加えるところにマツダの攻めの姿勢を感じますね。

ちなみに日本国内ではこのSKYACTIV-G2.5TがSKYACTIV-Gシリーズ初のターボエンジンになります。今ではマツダのアイデンティティーともいえるSKYACTIV TECHNOLOGYは2010年に誕生しましたが、それから8年、満を持して日本市場へのターボエンジンの導入となりましたね。

新型CX-5の公式発表に先立って開催されたシークレット試乗会では、「揺れない」、「ターボにありがちなタイムラグを感じない」など、かなりの高評価であったようです。

クリーンディーゼルエンジン搭載モデルXDに6MTを追加

CX-5にはマツダ車の例にもれずガソリンモデルとクリーンディーゼルモデルがラインナップされていますが、今回のマイナーチェンジではクリーンディーゼルエンジンの変更、追加はありませんでした。

その代わり新たに6速マニュアルの「SKYACTIV-MT」が追加設定されています。(2WD車、4WD車とも)。マニュアル派には嬉しいニュースですね。

車体制御技術がGベクタリングコントロールプラスへ進化

マツダ自慢の「Gベクタリングコントロール」が「Gベクタリングコントロールプラス」へと進化しました。

このGベクタリングコントロールは、マツダの新世代車両運動制御技術「SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS(スカイアクティブ・ビークル・ダイナミクス)」としてステアリング操作に反応してトルクを変化させることで加速度(G)を総合的にコントロールし、車体を制御する世界初の制御技術です。

新型CX-5に搭載されたGベクタリングコントロールプラスは「SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS(スカイアクティブ・ビークル・ダイナミクス)」の第2弾となります。

Gベクタリングコントロールの機能にブレーキによる制御(直接ヨーモーメント制御)が追加され、車両の安定性、応答性を向上させています。

エアコンパネルやスイッチ・ダイヤル類の内装デザインを刷新

出典元:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/feature/interior/?link_id=sbnv

今回のマイナーチェンジではインテリアのデザインにも手が加えられました。エアコンパネル、ダイヤル類の質感を高めて操作性の良いものに

マイナーチェンジですのでそれほど色々な箇所に変更があったわけではありませんが、ポイントを押さえた改良といえるでしょう。

ちなみにエクステリアにはほとんど変更がありません。

衝突回避支援ブレーキなどの安全装備も改良

時代性を鑑みてか、先進安全機能も改良が施されより充実したものになりました。

新車情報カテゴリの最新記事