新型プジョー・508の日本発売に先駆けて、全国のディーラーを巡回展示!ファストバッククーペのようなフレンチモダン上級セダン!

新型プジョー・508の日本発売に先駆けて、全国のディーラーを巡回展示!ファストバッククーペのようなフレンチモダン上級セダン!
     
   

出典元:https://int-media.peugeot.com/en/psa_dam/5492/AP/view_gallery/137063-144839/pag/10#prettyPhoto

新型プジョー・508の特徴は?進化したポイントとは?

出典元:https://int-media.peugeot.com/en/psa_dam/5492/AP/view_gallery/137063-144839/pag/8

新しいデザイン言語のフロントフェイス、リアはファストバックスタイル

初代は2011年にデビューしたプショー・508。プジョーの誇るフラッグシップモデルです。登場から7年の時を経て今年2018年の3月、新型がジュネーブモーターショーでワールドプレミアされました。

今回のフルモデルチェンジでは大きくエクステリアが変化。これまでの4ドアセダンのスタイルから5ドアファストバッククーペサルーンとなり、流れるようなルーフラインが印象的なスタイルに。リアはファストバックスタイルとなったことで先代から大きく印象が変化しています。

これは欧州市場でのDセグメントサルーンの不人気を受けてのもの。これは欧州に限らず日本でも同じですね。日本ではSUVが今では主流となっていますが、欧州でもやはりそういった傾向があるようです。

このSUV市場からのプレッシャーを受けて、大型サルーンも多様化が必要だと判断され、今回のボディスタイルの変化へとつながっているようです。

フロントマスクも新型には新しいデザイン言語に基づいてデザインされたものに。プジョーのシンボルであるライオンエンブレムがグリルの中央に配置され存在感を放ちます。フラッグシップであることをアピールするかのようですね。

ガソリン・ディーゼルエンジンをラインナップ

今回の新型508にはガソリンエンジンとディーゼルエンジンの2種類がラインナップされました。

先代は本国ではガソリンとディーゼル両方がラインナップされていましたが、日本に登場したのはガソリンだけでした。今回はディーゼルエンジンが日本に導入されるのか気になるところですね。

また、この新型508には2019年にプラグインハイブリッドが設定されるとプショーは発表しています。

日本導入があるのかどうかは分かりませんが、欧州での発売は2019年の秋の予定ということ。今後の動向に注目ですね。

小径ステアリングとデジタル化された特徴的なiコックピット

出典元:https://int-media.peugeot.com/en/psa_dam/5492/AP/view_gallery/137063-144839/pag/9#prettyPhoto

iコックピットは最新の人工工学に基づいて設計されたプジョーの新世代コックピット。

極小径のステアリングを使用するプジョー独特のコックピットです。ヘッドアップインストルメントパネルは12.3インチの高画質デジタルスクリーンを採用。新世代になり視認性も良くなりました。音声認識にももちろん対応しており、ハンズフリーでの操作も可能です。

先進安全装備も充実

新型508には最新の先進運転支援システム「ADAS」が採用されました。

セグメント初となるナイト・ビジョンを搭載。これは赤外線によって車体前方の障害物を検知してドライバーの警告するシステム。赤外線を使用するので暗闇の中でも検知でき、夜間の運転において安全性の向上が期待できます。

新車情報カテゴリの最新記事