マツダ・デミオのガソリンモデルが全車1.5Lエンジン搭載して実質価格据え置き!ディーゼルモデルと共に上質内装のミストマルーンが追加!

マツダ・デミオのガソリンモデルが全車1.5Lエンジン搭載して実質価格据え置き!ディーゼルモデルと共に上質内装のミストマルーンが追加!
     
   

出典元:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/?link_id=sbnv

新型デミオのガソリンモデルのエンジン変更で燃費はどう変わった?グレード別の装備内容は?

出典元:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/feature/design/

1996年に初代が登場したマツダのコンパクトカー、デミオはエントリークラスながらも高級モデル譲りの洗練されたエクステリア、居住性の高さから若い世代を中心に莫大な人気を誇るモデルです。

現行モデルは4代目にあたり、2014年に登場してから数回一部改良は行われていましたが、未だ大きなマイナーチェンジは行われていません。

もう4年も経過しているので今回がマイナーチェンジになるのではないかと噂されていましたが、結果としては今回も一部改良に留まりました。

今回の改良の最も大きなポイントは、ガソリンモデルの全グレードにおいてこれまでの1.3Lエンジンから1.5Lエンジンにパワーアップしたこと。それでいて価格は据え置きというのですから、凄いですね。

ディーゼルエンジンには、これまでと同じものが使用されています。

WLTCモード燃費に変更、トルク向上で実燃費は期待

2018年10月1日以降日発売される新型車にはWLTCモードでの燃費の表示が義務付けられます。

これまで日本ではJC08モードという燃費の計測方法で燃費が計測されていましたが、これは日本独自のやり方で実燃費との差が大きいという問題がありました。

そこで国際的に使用されているWLTCモードでの計測が日本にも導入されることになったのです。

WLTCモードでは、市街地や郊外、高速道路の3つの走行環境での測定を行い、その3つの数値とともに平均値を表示します。さらに計測時には乗員などの重量も考慮して測定されるので、JC08モードよりも実燃費との差が少ないとされています。

カタログ上ではWLTCモードはJC08モードよりも燃費が落ちてしまうことになりますが、実際の燃費により近い数字になっていると考えてください。

マツダでは他のメーカーに先駆けてWLTCモードに変更しており、2018年8月30日に発売されたデミオでもWLTCモードが採用されました。

今回のガソリンエンジンに採用されたエンジン「SKYACTIV-G 1.5 」は最高出力110ps、最高トルクは141Nmとなっています。現行の1.3Lモデルよりも出力は18psアップ、トルクは21Nm向上しました。

燃費はWLTCモードで17.2~19.8km/ℓ。計測モードが違うのでこれまでと単純比較はできませんが、マツダではこの「SKYACTIV-G 1.5 」の採用によってエンジン効率のいい領域を有効に使用できるようになり燃費の向上が期待できるとしています。

UV/IRカットガラス採用

出典元:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/feature/design/

今回の一部改良ではフロントドアガラスにUVカット率100%。IR(赤外線)カットのスーパーUV/IRカットガラスを採用しました。

フロントドアにはUVカット率が99%のUV/IRカットガラス、リアドア、リアゲートガラスにはUVカットガラスを使用しています。

車内温度の上昇が抑えられるので、夏場は特にありがたいですね。日焼けからも肌を守ってくれそうです。

新車情報カテゴリの最新記事