国産唯一のFRオープンスポーツカー、マツダ・ロードスター(ND)がマイナーチェンジ!RFは26馬力アップ、オープンもエンジン性能・燃費が向上!

国産唯一のFRオープンスポーツカー、マツダ・ロードスター(ND)がマイナーチェンジ!RFは26馬力アップ、オープンもエンジン性能・燃費が向上!
     
   

出典元:http://www.mazda.co.jp/cars/roadster/grade/?link_id=sbnv#roadster

「人馬一体」がテーマのロードスター(ND)が2018年6月7日にマイナーチェンジ

出典元:https://carsmeet.getnavi.jp/2018/06/11/67279/

1989年に発売されてから30年弱、多くのユーザーに愛され続けているマツダ・ロードスター。

そんなロードスターの4代目であるND系のロードスター/ロードスターRFが2018年6月7日、マイナーチェンジを行ったという発表がありました。

今回はそんなマイナーチェンジでどの部分が改良されたのかについてご紹介していきます。

また、おすすめの純正カスタムパーツもピックアップしていくのでぜひ参考にしてみてください。

マツダ・ロードスター(ND)のマイナーチェンジの内容は?

出典元:http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000758192/SortID=19139528/ImageID=2310578/

それでは早速ロードスター/ロードスターNDのマイナーチェンジの内容をご紹介していきます。

共通で改良されている点もあれば、ロードスターにだけの追加点もあります。それぞれを押さえていきましょう。

アクセルを踏み込んだときのエンジンの初期応答性を改良

まず押さえておきたいのはアクセルを踏み込んだときのレスポンスが向上されたこと。いわゆる「エンジンの初期応答性」が改良されました。

簡単にいうとアクセルを踏み込んだときの加速がよりスムーズになったということですね。

ロードスターのテーマでもある「人馬一体」の感覚にこれまで以上に近づけたようです。

RSのアルミホイールのカラーを変更

ロードスター/ロードスターRFのどちらも、アルミホイールのカラーがガンメタリック塗装からブラックメタリック塗装へと変更されました。

深い灰色だったホイールの塗装がより黒色へと近づき、光沢感もアップ。ロードスターの1つの魅力である高級感にさらに磨きがかかりました。

安全技術の「i-ACTIVSENSE」を標準搭載

マツダは安全技術の「i-ACTIVSENSE」を推進しています。

こちらは衝突の危険があるときに警報を鳴らし、危険回避をサポートする「FOW」などの、安全技術の総称のこと。

これまでロードスター/ロードスターRFではi-ACTICSENSEは標準搭載されていなかったものの、今回のマイナーチェンジで標準搭載されることになりました。

この標準搭載によってセーフティ・サポートワイドの基準を満たし、その安全性が確証されました。

どんな方でも安全なドライブを楽しみやすくなったといえそうです。

ハンドルが前後するテレスコピック機能を追加

さらにマイナーチェンジによってステアリング調節機構に「テレスコピック機能」を追加することとなりました。

こちらはハンドルを前後に動かして、思い通りのドライビングポジションを実現させるための機能です。その可動域は前後3cmとなっています。

エンジンの燃費を改良

ロードスターのエンジンは「SKYACTIV-G 1.5」で、ロードスターRFのエンジンは「SKYACTIV-G 2.0」。

マイナーチェンジによってエンジンの燃費も向上されました。

前モデルでの検査で出た燃費の数値と、新型の数値では以下のように変わっています。

また、今回の燃費の検査は最高値に近い数値が出やすいJC08モードではなく、実燃費に近い数値が出やすいWLTCモードで検査が行われました。

  前モデルの燃費 新型の燃費
ロードスター 17.2km/L 17.2km/L
ロードスターRF 15.6km/L 15.8km/L

実燃費に近い数値が出やすい検査でありながら、最高値が出やすいJC08モードの検査とほとんど変わらない数値をマークしていますね。

一見した数値はほとんど変わりませんが、実質的に向上されているといえます。

ロードスターRFに関しては検査方法が変わったのにも関わらず0.2km/L向上。

実燃費に近いデータなので、多くの方が燃費の向上を実感できるのではないでしょうか。

エンジンの最高出力を向上

今回のマイナーチェンジの大きな目玉といえるのが、エンジンの最高出力の向上です。

それぞれの数値の変化は以下のようになっています。

  前モデルの最高出力 新型の最高出力
ロードスター 96kW(131PS)/7,000rpm 97kW(132PS)/7,000rpm
ロードスターRF 116kW(158PS)/6,000rpm 135kW(184PS)/7,000rpm

ロードスターの最高出力の向上はわずかですが、ロードスターRFは26馬力アップと大きく向上されています。

この馬力の向上にエンジンの初期応答性も改善されているため、その加速感は抜群。

試乗した方の評価のなかには「前のロードスターRFとは別物だった」という声もあるようです。

新車情報カテゴリの最新記事