マクラーレンのスポーツシリーズに600LT登場!ライバルとなる488ピスタ、ウラカン ペルフォルマンテなどのスーパースポーツカーとスペック・価格を徹底比較!

マクラーレンのスポーツシリーズに600LT登場!ライバルとなる488ピスタ、ウラカン ペルフォルマンテなどのスーパースポーツカーとスペック・価格を徹底比較!
     
   

出典元:https://www.as-web.jp/car/398616

マクラーレン・600LTのスペックが7月11日に公表!

出典元:https://matome.response.jp/articles/1748

レーシングカーの開発でその名を全世界に発信し続けているマクラーレン。数々の名レースに名を連ねるマクラーレンの名車に、目と心を奪われてしまった方も少なくないと思います。

そんなマクラーレンが一般向けに販売しているスーパーカーにLTシリーズがあります。レーシングカーさながらの走りを誰でも楽しめるシリーズですが、LTシリーズの新型車である「600LT」の性能が2018年7月11日に公表されました。

今回は今注目を集める600LTの特徴、詳しいスペックなどについて解説していきます。

公道も走れる究極のロードカーモデル、マクラーレン・600LTの特徴は? 

出典元:http://jp.cars.mclaren.com/sports-series/600lt

今回発表されたマクラーレン・600LTの特徴はどこにあるのでしょうか。まずはファンに押さえておいてもらいたい3つの特徴をご紹介します。

スポーツシリーズの570Sクーペがベース

600LTのベースとなっているのはマクラーレンのスポーツシリーズ第1弾となった570Sクーペです。570Sクーペのエンジンをチューニングしたり、各種パーツなどを改善したりしてハイパフォーマンス化を計った車となります。

要は進化した570Sクーペだと捉えても間違いないかもしれません。

カーボンファイバー製ボディパネルを採用し軽量化

続いてチェックしておいてもらいたいのが、600LTはボディパネルの素材にカーボンファイバーをフルに使用したということ。

カーボンファイバーは鉄やアルミよりも非常に軽いのが特徴で、これにより軽やかな走りを実現しました。ベースとなっている570Sクーペよりも約100kg近くの軽量化に成功したようです。

3.8リッターV8ツインターボエンジンは上方排気システムを採用

570Sクーペからの特に大きな変更となるのは排気システム。600LTには上方排気システムが採用されています。

上方排気システムとは排気する方向を上にして、車体が持つパフォーマンスを引き上げる排気システムのこと。F1ファンにとってはお馴染みですよね。98年にフェラーリがこちらを採用すると瞬く間に他のチームへも広がっていきました。

レーシングカーを思わせる排気システムはファンにとってたまらないポイントではないでしょうか。

また、排気する方向が上になることでエンジンサウンドもドライバーに届きやすくなります。サウンドを自身でもバッチリ感じたい方にはこちらも嬉しい特徴の1つですよね。

マクラーレン・600LTのベースとなるスポーツシリーズとは?

新車情報カテゴリの最新記事