サメがモチーフの新型メルセデスベンツ・CLSクラスの4ドアクーペ(C257)が国内発売!シューティングブレークは廃止でAMGモデルは8月発売!

サメがモチーフの新型メルセデスベンツ・CLSクラスの4ドアクーペ(C257)が国内発売!シューティングブレークは廃止でAMGモデルは8月発売!
     
   

出典元:https://gqjapan.jp/car/review/20180410/all-new-mercedes-benz-cls

新型メルセデスベンツ・CLSクラス(C257)の特徴は?

出典元:https://www.euro-car.info/post-7375/

Sクラスとは違った魅力、美しさ、オーラを持ったメルセデスベンツ・CLSクラス。クーペらしい美しいデザインでありながらも4ドアで利便性も非常に優れており、メルセデスベンツの中でも誰もが憧れる人気の高い車種の一つです。

そんなCLSクラスがフルモデルチェンジを果たしました。日本での発売は2018年6月28日からとなっています。

特徴やモデルチェンジ前との相違点を見てみましょう。

メルセデスベンツの新デザイン言語採用、モチーフはオグロメジロザメ

CLSはフロント部分が5度前傾している新デザイン言語を採用しています。モチーフとなったのはオグロメジロザメといわれており、口元とフロント部分の形は似ている印象があります。

キャラクターラインはあまり入っておらずシンプルながらも見るものを惹きつけるデザインといえるのではないでしょうか。

直列6気筒ターボ×ISG搭載と2リッターのディーゼルターボに9速AT搭載

エンジンラインナップは3.0L直列6気筒エンジン、2.0L直列4気筒ディーゼルエンジンの2種類となっています。モデルチェンジ前は3.5LV6エンジン、4.7LV8エンジンだったのでダウンサイジングされ排気量もかなり小さくなりました

トランスミッションは9速ATが搭載されており、この点は以前のモデルと変わっていません。

超ワイドディスプレイやイルミネーテッドエアアウトレットが目を引く最先端のコックピット

出典元:https://www.euro-car.info/post-7375/

メーター類は全てディスプレイとなっており、そのサイズは12.3インチと非常にワイドです。ナビゲーションの案内も運転手の正面にあるディスプレイに表示されるので非常に便利な機能です。

また、CLSはイルミネーテッドアウトレットと呼ばれる最先端のコックピット仕様となっています。とてもクールで目を引くこのデザインはジェットエンジンのタービンをイメージして作られています。室内の温度によってアンビエントライトが反応し赤や青へと色を変えていきます。

運転席に座った瞬間に虜になり、アドレナリンがワッと湧き上がってくるのでは無いでしょうか。早く運転がしたいと思わせてくれるコックピットだと思います。

レーダーセーフティパッケージはSクラスと同等の最新版

CLSには、Sクラスにも採用されている最新のレーダーセーフティパッケージ「インテリジェントドライブ」が搭載されています。

PRE-SAFEインパルスサイド、PRE-SAFEサウンドなど、実に多くの安全装備が備わっており文句の付けようがありません。

導入されるメルセデスベンツ・CLS450 4マチックスポーツとCLS220dスポーツの装備の違いは?

出典元:https://gqjapan.jp/car/review/20180410/all-new-mercedes-benz-cls/page/2/gallery/15

日本に導入されるCLS450 4マチックスポーツ、CLS220dスポーツの装備の違いを表にまとめています。

新車情報カテゴリの最新記事