fbpx

日産・ノートにオーテック(AUTECH)が登場!e-POWERにはスポーツスペックも設定、ニスモ仕様とはどこが違う?

日産・ノートにオーテック(AUTECH)が登場!e-POWERにはスポーツスペックも設定、ニスモ仕様とはどこが違う?
     
   

出典元:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/autech.html

日産の人気シリーズであるノート。最近ではノートe-POWERも人気ですよね!

そんなノートに、新しいシリーズ「オーテック(AUTECH)」が登場しました!コンセプトやスペック、特徴などを徹底的に調べてみましたので紹介します。

日産・ノート オーテック(AUTECH)の特徴は?ノーマルとはどこが違う?

出典元:https://tasug.jp/autosalonarchive/note-e-power-autech-concept

まずはオーテック(AUTECH)とはどんなモデルなのかについて紹介します。

そもそもオーテックというのは、日産の関連会社である株式会社オーテックジャパンから来ています。この会社は、車のカスタマイズを得意としているところ。デザイン性の高い車へのこだわりが強い会社でもあります。

そんなオーテックジャパンが展開するシリーズということで、このオーテック(AUTECH)シリーズは走りだけでなくデザイン性にも力を入れているということになります。

さっそくオーテック(AUTECH)の特徴を紹介していきます。

オーテック専用色のオーロラフレアブルーパープルを設定

画像にもあるように、オーテック(AUTECH)には専用のブルーカラーがあります。その名もオーロラフレアブルーパープル。このカラーは、実はオーテックジャパンのこだわりのカラーなんです。

オーテックジャパンは湘南・茅ヶ崎で創業されました。この茅ヶ崎の海と空を表現しているブルーこそ、オーテックのプレミアムな空間を作り出しているひとつなのです。

ということで、ボディカラーにこのオーロラフレアブルーパープルが仲間入りしているのはもちろんですが、インテリアなどでもこのブルーが随所に組み込まれているんです。

エアロパーツやアルミホイールなどのオーテック専用エクステリア

オーテック(AUTECH)には専用のエクステリアがたくさん装備されています!

専用フロントグリル
専用フロントバンパー(メタル調フィニッシュ)
フォグランプ
AUTECH専用エンブレム<フロント・リヤ>
専用サイドターンランプ付電動格納式リモコンカラードドアミラー(メタル調フィニッシュ)
サイドシルプロテクター
専用リヤバンパーフィニッシャー(メタル調フィニッシュ)

見ていただくとわかるように、メタル調でまとめられているクールなエクステリアが揃っています。AUTECHのエンブレムもかっこいいですよ!

また、タイヤには専用の185/65R15 88Sタイヤと15インチアルミホイール(切削光輝)が装備されています。この切削光輝のホイールが、独特なデザインとなっていて目を引きます。

随所にブルーをあしらったオーテック専用インテリア

出典元:https://autoprove.net/nissan/note/171012/

インテリアだってオーテック(AUTECH)専用となっています。

スエード調トリコットシート
ドアトリムクロス
運転席アームレスト
本革巻ステアリング
エアコン吹き出し口ブルーフィニッシャー

トリコットシートというのは、滑らかな手触りが特徴的なファブリックシートです。背中の部分には、AUTECHのブルーステッチもありますよ!ロゴだけでなく、エアコン部分やインストルメントパネル部分などにもブルーが効いています。

ブラックを基調としたインテリアに差し色としてブルーが入ることで、落ち着いた空間にスポーティーな印象をプラスしてくれているというわけです。

ボディ補強されたスポーツスペック

今回のオーテック(AUTECH)シリーズには「e-POWER オーテック スポーツスペック」というグレードがあります。こちらはオーテックジャパンのこだわりが詰まったオーテック専用パーツに加えて、専用チューニングされた走りにも力を入れたグレードなんです。

クロスバーやサスペンションメンバーステーなどを補強することで、より強いボディを実現。タイヤもスポーツスペックにのみ16インチの専用ホイールが装備されています。

日産・ノート オーテック(AUTECH)のグレードは?

出典元:https://twitter.com/hocchi_racing/status/952902181253885952

オーテック(AUTECH)のこだわりについて紹介しましたが、グレードについても紹介しますね!オーテック(AUTECH)には5つのグレードがあります。

AUTECH
AUTECH FOUR
e-POWER AUTECH
e-POWER AUTECH SPORTS SPEC
e-POWER AUTECH FOUR

それぞれの特徴をお伝えします!グレードごとの比較も最後にお伝えしますね。

オーテック/オーテック FOUR

オーテック(AUTECH)の基本となるのが「オーテック」と「オーテック FOUR」です。”FOUR”というのは4WDを表しています。

基本モデルということもあり、価格も一番お手頃となっています。

e-POWER オーテック/オーテック FOUR

オーテック(AUTECH)にe-POWERが搭載されているのが「e-POWER オーテック」と「e-POWER オーテック FOUR」です。ふたつの違いは2WDか4WDかですね。

e-POWERといえば、日産独自の技術。ガソリン車ともハイブリット車とも違う、パワフルな走りと高い燃費性能を実現しています。基本モデルとはそれぞれ50万円ほど価格がアップするようです。

e-POWER オーテック スポーツスペック

オーテック(AUTECH)の中でも最強グレードとなるのが、先ほど少し紹介させていただいた「e-POWER オーテック スポーツスペック」です。

走りにこだわった専用チューニングにより、スポーティーな走りを実現しました。

5つのグレードを比較してみると、こんな感じになります。

  駆動 エンジン 価格
AUTECH 2WD HR12DE 約175万円
AUTECH FOUR 4WD HR12DE 約196万円
e-POWER AUTECH 2WD EM57+HR12DE 約227万円
e-POWER AUTECH SPORTS SPEC 2WD EM57+HR12DE 約246万円
e-POWER AUTECH FOUR 4WD EM57-N2+HR12DE 約248万円

e-POWERはやはり少し価格が上がります。どの部分にこだわるかで選ぶといいのかなと思います!

日産・ノート オーテック(AUTECH)とニスモはどこが違う?

出典元:https://www.autech.co.jp/ownersvoice/detail?id=53

日産で人気シリーズとなっているのが「ニスモ」ですよね。快適な走りとクールなデザインを提供するオーテック(AUTECH)に対し、モータースポーツの技術を取り入れたスポーティーさが魅力のニスモ。

オーテック(AUTECH)とニスモの違いについても比較しておきたいと思います。ここでは基本グレードで比較しました。

  エンジン 価格 燃費 カラー
AUTECH HR12DE 約175万円 23.4km/L 6色
NISMO HR12DDR 約212万円 24km/L 5色

こうやって比べてみると、ニスモの方が少し燃費がいいのがわかりますね!

一方で価格はオーテック(AUTECH)の方が少しお手頃となっています。

関連記事:日産・ノートのe-POWERにハイパワー版のNISMO S(ニスモS)が登場!ニスモやオーテック スポーツスペックとの違いを徹底比較!

日産・ノート オーテック(AUTECH)とライバルのお洒落コンパクトカーと燃費・装備・価格を徹底比較!

オーテック(AUTECH)について紹介させていただいたところで、ライバルモデルとの比較も紹介していきたいと思います!

トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドF アミー

出典元:https://clicccar.com/2015/04/01/301065/

まず最初に比較していくのが、トヨタのヴィッツです。コンパクトカーの中でもかなり人気なのがこのヴィッツ!オーテック(AUTECH)と比較するグレードは、ヴィッツ ハイブリッドF アミーです。

アミーは上質なデザインをテーマにした特別仕様車で、専用装備がたくさん準備されています!オーテック(AUTECH)はどちらかというと大人の男性向けかなと思いますが、ヴィッツのアミーは大人の女性向けかなと思える車となっています。

少しお値段は高いものの燃費がとてもいい上質なハイブリッド車であるアミー。価格は約201万円となりますが、燃費はなんと34.4km/L!維持費はかなり抑えられそうです。

ホンダ・フィット モデューロスタイル

出典元:https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/styling/modulo/

次に紹介するのはホンダのフィットです。エクステリアデザインにこだわったスタイルがフィットのモデューロスタイル!

専用パーツによるスタイリングはもちろんですが、専用装備も充実。専用ホイールはエッジの効いたかっこいいデザインとなっています。

フィット モデューロスタイルにはホンダセンシングが搭載されており、価格は約189万円燃費は24.6km/Lとオーテック(AUTECH)より少し高い数値となっています。

マツダ・デミオ ノーブルクリムゾン

出典元:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/special-vehicles/noble-crimson/

次に紹介するのは、マツダのノーブルクリムゾン。特別仕様車として登場した、黒と白とのコントラストが印象的なデザインです。マツダで初めて登場した”セラミックメタリック”カラーが特徴でしょうか。

外観はモノクロですが、内装には紅色が使用されて大人な印象を与えてくれます。パッと見シンプルに見えて、よく見るとシートが紅色なので個性的でもありますね!また随所に同じ紅色が使用されており、遊び心も詰まっているようです。

見た目のデザインだけでなく、走りにもこだわりが見られます。もちろん安全性能もしっかりしていて、衝突回避支援システムなどが搭載されています。

価格はオーテック(AUTECH)とあまり変わらない約179万円ですが、燃費は19.0km/Lと少し低い数値となっています。ただこちらの燃費はWLTCモードによる計測になるので、実質は他のモデルとの差は少ないようです!

プジョー・208 アリュール

出典元:https://twitter.com/imoto_koichiro/status/897374376676347904

最後に紹介するのは、プジョーのこだわりが詰まったハッチバック・208アリュールです。大きいように見えるシルエットですが、もちろんコンパクトカーです!

1.2リッターの3気筒エンジンが特徴で、快適すぎるほどの走りを実現。加速したいように加速でき、スピードの調節もしやすいのだとか。

走りやすいものの、エンジンがパワフルであることによって燃費は19.4km/Lと少し低い数値となっています。価格は今回紹介したモデルの中では一番高い約237万円です。

紹介した6モデルをまとめたものがこちらです。

  価格 燃費 カラー
AUTECH 約175万円 23.4km/L 6色
ヴィッツ ハイブリッドF アミー 約201万円 34.4km/L 6色
フィット モデューロスタイル 約189万円 24.6km/L 5色
デミオ ノーブルクリムゾン 約179万円 19.0km/L(WLTCモード) 6色
プジョー 208アリュール 約237万円 19.4km/L 6色

こうやって見てみると、オーテック(AUTECH)はお手頃価格であることがわかりますね!

まとめ

出典元:https://clicccar.com/2018/07/14/608038/

日産のノートに新しく登場したオーテック(AUTECH)を紹介させていただきました。見た目のデザインにこだわりが詰まっているのはもちろんですが、スペックもかなり高いのがわかったと思います。

他のライバルモデルと比べても、乗ってみたくなるモデルかなと思いました。特別感のあるブルーも印象的ですね!気になった方は是非実物をチェックしに行ってみてください。

新車情報カテゴリの最新記事