アウディ・A7スポーツバックが初のフルモデルチェンジ!新型はマイルドハイブリッドエンジン搭載、オプション満載の限定モデルも同時発売!

アウディ・A7スポーツバックが初のフルモデルチェンジ!新型はマイルドハイブリッドエンジン搭載、オプション満載の限定モデルも同時発売!
     
   

出典元:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/a7/a7_sportback.html

新型アウディ・A7スポーツバックの特徴は?旧型から進化したポイントやサイズの違いは?

出典元:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/a7/a7_sportback.html

最新のデザイン言語に基づいたデザイン

今回デビュー以来初となるフルモデルチェンジを遂げたアウディ・A7スポーツバック。初代は2011年に発売されました。

今回のフルモデルチェンジまで大きなマイナーチェンジもなくここまで来ましたが、7年を経てついに大きな変化を迎えることになったようです。

2代目となる新型のA7スポーツバックのデザインはアウディの新しいデザイン言語に基づいて一新されました。先代のモデルで評価された流れるような美しい4ドアクーペデザインを現在版にアップデートし、ダイナミックさを増したスタイルになっています。

アウディの中でも高い人気を誇る従来のA7スポーツバックの魅力はそのままに、より時代に合ったスタイルへと進化しました。

マイルドハイブリッドシステムを組み合わせた3リッターV6ターボエンジン搭載

日本に導入されるのは3.0LV6直噴ターボエンジンにアウディ自慢のフルタイム4WDのクアトロシステム、電子制御7速Sトロニックを組み合わせたパワートレインです。

最高出力340psを発揮し、0-100km/hは加速は5.3秒と驚くべき加速性能を誇ります。

燃費や環境性能にも配慮。48Vのバッテリーを使用したマルチハイブリッドシステムを搭載し、低負荷時のエンジン停止システムなどが加わりました。

オプションで4輪操舵

今回の新型A7スポーツバックにはオプションのドライビングパッケージでダイナミックオールホイールステアリング(4輪操舵)が用意されています。

高いロードホールディング力、そしてワインディングロードでは安定した走りをもたらしてくれます。

今回はオプションでの導入となりましたが、近年海外製の高級車には4輪操舵は搭載される例が増えてきていますね。

市販車初のレーザースキャナーを用いた安全運転支援システム

感知機能が優れたシステムを導入し、安全運運転支援システムも充実したものに。検知システムは市販車初搭載となるレーザースキャナーを1、超音波センサーは12、その他にもレーダーセンサーとカメラをそれぞれ5つずつ使用したものです。

このハイスペックな検知システムを利用した「アウディ プレゼンス360」は前方、後方、そしてサイドも合わせた360°全方位の衝突を予測し、シートベルトを巻き上げたりハザードランプを点灯、サイドウィンドーなどを閉じて車外への飛び出しを防止する機能です。

その他にもアダプティブクルーズコントロールにアクティブレーンアシスト、トラフィックジャムアシストの3つの機能を組み合わせた新機能ドライブアシストなどが搭載されました。

新車情報カテゴリの最新記事