メルセデスAMG・GTに4ドアクーペが登場!CLSとは異なるAMGオリジナルモデル!

メルセデスAMG・GTに4ドアクーペが登場!CLSとは異なるAMGオリジナルモデル!
     
   

出典元:https://www.mercedes-benz.com/en/mercedes-benz/vehicles/passenger-cars/amg-gt/mercedes-amg-gt-4-door-coupe/

メルセデスAMG・GT4ドアクーペの特徴は?

出典元:https://www.mercedes-benz.com/en/mercedes-benz/vehicles/passenger-cars/amg-gt/mercedes-amg-gt-4-door-coupe/

今年、ジュネーブモーターショーのメルセデスベンツのコーナーはかなり豪華な内容になっていました。

Aクラスのフルモデルチェンジ、Cクラスの大規模なマイナーチェンジ、そして今回ご紹介するAMG・GT4ドアクーペの発表です。特にこのAMG・GT4ドアクーペは注目度が高く、人だかりも大きくなっていたようです。

AMG・GTシリーズはすでに大きな人気を博していますが、やはり4ドアモデルの需要はかなりあったということでしょうか。

では、待望のAMG・GT4ドアクーペについて詳しく見ていきましょう。

GTと同じ4.0リッターV8エンジンとAMGスピードシフトMCT 9Gを搭載

エンジンには4.0LV8ビターボエンジンを使用。これはGTシリーズと同じタイプになります。

第3世代の直噴システム「BlueDIRECTテクノロジー」をツインターボに組み合わせたことで従来よりも効率のいい燃焼となり、ダイレクトなレスポンス、強力なパワーを発します。

トランスミッションにはAMG専用のAMGスピートシフトMCT 9Gが組み合わされました。

パナメリカーナグリルを備えた4ドアクーペスタイル

フロントグリルには一目でAMGとわかるAMGパナメリカーナグリルを装備。近年ではこのグリルがAMGの顔となりつつありますね。

このパナメリカーナグリルは1952年、今となっては伝説と化した公道レース、カレラ・パナメリカーナ・メヒコで優勝を飾った「300SL カレラ・パナメリカーナ・メヒコ」にルーツを持つメルセデスベンツAMGの誇りともいえるグリルです。

AMG GTでは座席がかなり後ろ寄りになり、リアホイールの前に運転席があるようなスタイルでしたが今回のAMG GT4ドアクーペでは4ドアスタイルに最適化された形状へと変化しました。

ハイスペックなスポーツカーでありながらも高級サルーンであることを鑑みてか、ワイド&ローなボディで迫力を出しつつも上質感を感じさせるデザインとなっています。

12.3インチワイドディスプレイを採用したフルデジタルコックピット

ディスプレイには12.3インチのワイドディスプレイを設置。インストルメントと最新のインフォテイメントシステムを搭載した2つディスプレイが一枚のパネルに収納され、フルデジタル化しています。

音声アシスト機能も利用できるので、運転中でもステアリングから手を離さずに使用でき便利ですね。

半自動運転システム、ドライブパイロットを搭載

今回のメルセデスAMG・GT4ドアクーペでは最新鋭の運転支援機能も搭載されました。

ドライブパイロットは部分的な自動運転を可能にする運転支援システム(ADAS)を装備し、高速などでドライバーの負担減を実現します。

優れた認識システムにより車間距離はもちろん、車線や周囲の車両の位置、ガードレールなどを常時モニタリング。ステアリングアシストが作動する状況を従来よりも幅広く設定しています。

さらに自動発信機能も搭載。ドライブパイロット使用時に停止した場合、停止時間が30秒以内であれば自動で再発進、それ以上の停止時間であれば軽いアクセル操作などで発進できるようになっています。

特に渋滞時などにおいてドライバーの負担を軽減してくれそうですね。渋滞時の運転は精神的にも肉体的にもかなり疲労がたまるものですから、高速道路運転時には積極的に使用したくなる機能なのではないでしょうか。

メルセデスAMG・GT4ドアクーペのグレード別の装備やパワーなどのスペックの違いは?

出典元:https://www.mercedes-benz.com/en/mercedes-benz/vehicles/passenger-cars/amg-gt/mercedes-amg-gt-4-door-coupe/

グレードは3種類+特別仕様車

メルセデスAMG・GT4ドアクーペにはエントリーモデルの位置付けにGT53、上位モデルのGT63、最高峰のハイパフォーマンスモデルとしてGT63 Sというラインナップになっています。

全てのモデル駆動方式にAMGパフォーマンス 4MATIC+が採用されました。

新車情報カテゴリの最新記事