電気自動車の日産・リーフにニスモ(NISMO)が登場!バッテリー容量はそのままに専用チューニングコンピューターで加速性能アップ!!

電気自動車の日産・リーフにニスモ(NISMO)が登場!バッテリー容量はそのままに専用チューニングコンピューターで加速性能アップ!!
     
   

出典元:http://www.nissan.co.jp/

日産リーフが誕生し、市場に登場した時のことを覚えていますか?ついに電気自動車の時代が到来したと多くの方の期待が高まりました。

そんな日産・リーフからニスモ(NISMO)仕様の車両が登場しました。いったいどんな仕上がりになっているのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

日産・リーフ ニスモ(NISMO)の特徴は?ノーマルとはどこが違う?

出典元:https://www.autocar.jp/news/2018/07/19/304547/

ニスモ製エアロパーツに18インチアルミホイールなどの外装

まず注目していきたいのは日産・リーフニスモ(NISMO)の外装です。ノーマルの日産・リーフと違い、レーシングモディファイを施したような外装に仕上がっていることに気付きます。

ニスモ仕様になっている車両の大きな特徴の一つが、エアロパーツです。このエアロパーツ、空力計算が見事に行われているだけでなく、見た目もかなりスタイリッシュなものとなっています。

リーフは新型になってから、全体的にとてもシャープなイメージへと変貌を遂げました。そのイメージにぴったりのエアロパーツですね。

そしてもう一つ注目したいのはアルミホイールです。ホイールサイズは18インチあり、程よい迫力を醸し出しています。

通常の鉄チンホイールにホイールキャップだと、どこかチープな感じは否めません。アルミホイールというだけで質感の高さが伝わり、車全体のイメージも上質なものになります。

専用サスペンションにコーナリング安定性向上システムなど走行性能の向上

続いて、日産・リーフニスモ(NISMO)の走行性能についても見ていきましょう。ノーマルの日産・リーフとニスモ仕様それぞれの走行性能において、最も大きく異なるのはコーナーリングの走破性です。

ニスモではノーマルのリーフよりも剛性をアップさせた専用サスペンションを採用。

加えてトレースコントロールシステムという、コーナーリングにおいて性能を発揮する車両の安定性向上システムを採用しています。

こうした最新システムの採用によって、車両が走る道路上の最適なラインを割り出すことができ、より高速域でのコーナーリングを行うことが可能となっています。

スポーティな専用内装

出典元:http://www.nissan.co.jp/

日産・リーフニスモ(NISMO)は内装も特別感満載のものとなっています。ノーマルのリーフと最も異なるのは、非常にスポーティーなデザインになっているということです。

インパネにカーボン調のフィニッシュが施されていたり、シートにもアクセントステッチが施されていたりと、そこに乗り込むだけでドライバーのテンションが上がるデザインに仕上がっています。

最近は車の外装だけでなく、内装までカスタマイズを施す人も増えているようです。ですが日産・リーフニスモ(NISMO)の場合は既に完成された内装空間に仕上がっていますので、わざわざカスタムを施さずとも、非常に高い満足感を得られるものとなっています。

コンピューターチューンによりニスモ専用ドライブモード搭載

日産・リーフもそうですが、最近の車は基本的にコンピューターによってそのマシンの性能が制御されており、その車の加速性能や最高速などもあらかじめ設定されています。

日産・リーフニスモ(NISMO)はこのコンピューターの設定がチューニングされ、ノーマルのものと比べてより走りに特化したものとなっています。ニスモ専用のドライブモードが搭載されているというわけです。

こうした走りはノーマルのリーフでは体感することが出来ません。前述したようにエアロパーツやアルミホイール、さらに専用の強剛性サスペンションなど、ニスモ仕様にしかない特性が合わさることによって実現する走りだということです。

これらのどれかが欠けていても、この機敏な走りは実現しないでしょう。

日産・リーフ ニスモ(NISMO)と標準モデルの装備を徹底比較!標準モデルと航続可能距離はどう違う?

出典元:http://www.nissan.co.jp/

ここからは日産・リーフの標準モデルと、ニスモ仕様の装備を比較していきたいと思います。前述したように、日産・リーフニスモ(NISMO)は専用の内外装パーツを数多く組み込んでいます。

新車情報カテゴリの最新記事