22B STiバージョンに次ぐSTI史上最強のモデルが登場?!スバル・インプレッサ/レガシィ/WRXの歴代STIコンプリートカーのスペックをおさらい!!

22B STiバージョンに次ぐSTI史上最強のモデルが登場?!スバル・インプレッサ/レガシィ/WRXの歴代STIコンプリートカーのスペックをおさらい!!

出典元:https://www.sti.jp/news/2018/?page=6

登場が噂されるSTI史上最強のコンプリートカー、WRX 20B STIバージョン!

出典元:https://carislife.hatenablog.com/entry/2018/04/27/210000

WRX STIをベースとする集大成モデル

2018年はSTI創立30年の節目の年、そしてそこからまた新たな伝説を作り出すべく2019年か2020年に登場すると予想されているのがWRX 20B STIバージョンです。

これは1998年に登場した22B STiバージョンの再来と噂されています。伝説の名車を現代仕様に進化させて登場すると目されていますが、今夏には最終仕様が決定するということ。

目下開発中なのですが、いったいどんな車になるのか気になりますよね。

もちろん最高峰モデルとなり、専用の大型ブリスターフェンダー、専用エンジンフードの採用は確定のよう。

EJ22エンジンを搭載した22B STiバージョンを強く意識したものならエンジンはEJ20になりそうな気がしますが、これはまだはっきりと決まっていない様子。新型フォレスターに採用されたFA型が採用される可能性も否定しきれないということです。

エンジンは最高出力350ps程度になると見られ、サスペンションなどの足回りについても専用のものが用意されると予想されます。

STI(スバルテクニカインターナショナル)とは?

出典元:https://www.sti.jp/motorsport/nbr_history/2015.html

2018年で創立30周年

STIはSUBARU TECNICA INTERNATIONAL の頭文字をとったもの。スバルのモータースポーツ部門を担当しパーツ販売やモータースポーツ由来の技術を投入したコンプリートカーなどを製作、販売しています。

STIの誕生は1988年、今から30年前のことになります。発足時のスタッフ数はなんと5人だったということ。

最初の大仕事はレガシィのプロモーションの一環として企画された10万㎞世界最速記録挑戦。これは実際に初代レガシィによって達成され、しかもその記録はその後16年間保持し続けたというのですから、その技術力が如何に凄いものかを実感してしまいますね。

その後WRCで勝てるマシンを目指して開発されたインプレッサは好成績を残し、市販のインプレッサに限定という形で投入したSTIバージョンはカタログモデルとして量産化されました。

現在SIT仕様車はカタロググレードのWRX STIやSTI sportsと限定数のみ販売されるプレミアムコンプリートカーに分けられます。

数々のレースで培われた知識や技術を惜しげもなく搭載したSTIプロデュースのプレミアムコンプリートカーが最初に登場したのは1998年のインプレッサ 22B STiバージョン。

このモデルは伝説の名車として今でも語り継がれるほどのもので、その後のSTIの進む方向性を決定づけた車であるといっても過言ではないでしょう。

その後も数々のプレミアムコンプリートカーやSTIパフォーマンスパーツ、アクセサリーとともに熱狂的なファンに愛され続け、今年2018年の4月には創立30周年を迎えました。

「世界一、気持ちいい」をキーワードに、これからも進化し続けていくSTIから目が離せませんね。

スバル・インプレッサ/レガシィ/WRXの歴代STIコンプリートカーのスペックをおさらい!!

インプレッサ 22B STiバージョン

ここからSTIプレミアムコンプリートカーの歴史は始まりました。1998年に400台限定で登場、瞬時にして売り切れたという、後世まで名を馳せることになる名車の誕生です。

このモデルはインプレッサが日本車としては初めてとなる3年連続でのWRCマニュファクチャラーズチャンピオンを記念して開発されたモデルでした。

実際に3連覇したモデルである”インプレッサ World Rally Car 97”を再現したモデルとなり、張り出しの大きいブリスターフェンダーやブレースグリル付きアルミ製ボンネット、大型リアスポイラーで迫力のある出で立ちとなっています。

新車情報カテゴリの最新記事