スバル・WRX STIに軽量バージョンのタイプRA-Rが500台限定発売!歴代インプレッサの軽量モデルと共にスペックを徹底比較!

スバル・WRX STIに軽量バージョンのタイプRA-Rが500台限定発売!歴代インプレッサの軽量モデルと共にスペックを徹底比較!
     
   

出典:https://www.subaru.jp/wrx/ra-r/special/photo.html

スバル・WRX STIタイプRA-Rの特徴は?通常モデルとはどこが違う?

出典:https://www.subaru.jp/wrx/ra-r/special/photo.html

2018年7月19日、スバルの子会社であるSTIが「WRX STIタイプRA-R」というコンプリートカーを発売しました。499万8240円と、性能を考えると破格の値段を実現。限定500台での販売ということもありますが、なんと発売したその日に完売してしまうという驚きの事態に。

昨年発売されたコンプリートカー「S208」も同じような状態でしたが、こちらは高級志向がゆえに最低価格は626万4000円だったので、それを考えると大幅にコストダウンされたWRX STIタイプRA-Rが即完売となってしまうのも目に見えた結果だったのではないでしょうか。

とはいえ約500万もする車が飛ぶように売れるのにはそれなりの理由が伴うはず。今回はこのWRX STIタイプRA-Rが一体どんな自動車なのかを紹介していきましょう。

STI創立30周年を記念したコンプリートカー

WRX STIタイプRA-RはSTI社の創立30周年を記念して作られたモデルです。RA-Rとは「Record Attempt-Racing」の略で、「記録への挑戦」という意味を持っています。1988年からの30年間、常に新しい記録へ挑戦し続けてきたSTIの記念モデルにふさわしいネーミングですね。

開発にあたってのコンセプトは「軽さ、速さ、愉しさ」です。ここで注目すべきは「愉しさ」が含まれているという点でしょう。STI社の信念は「世界一、気持ちいい走りを目指す」というもので、気持ちいい走りこそが速さに繋がっているとのこと。

「愉しさ」とはこの「気持ちいい走り」のことなのでしょう。軽さと速さが比例することは明白です。そこに愉しさを並べたことがSTI社の進化の秘訣なのではないでしょうか。

バランスとりされたエンジンと専用マフラーでパワーアップ

エンジンは人気モデルのDNAをしっかりと受け継ぎ、「S208」と同じEJ20バランスドBOXERを搭載。レーシングカーのものと同じ志向の元作られたエンジンがそのパワーを裏付けます。

また、ハイパワーを支えているのはエンジンだけではありません。エンジンの性能を活かすうえで重要になってくるのが排気系です。

マフラーには専用に作られた低排圧パフォーマンスマフラーを装備し、通気抵抗を量産車の約6割まで低減することに成功。これらによって最高出力は329馬力にも達します。

鍛造ホイールやカーボンパーツ採用、不要装備を省いて軽量化

出典:https://www.subaru.jp/wrx/ra-r/special/photo.html

ホイールは18インチの鍛造アルミホイールを採用。自動車において、サスペンションから下の軽量化は他の部分の何倍もの効果を発揮するもの。軽くて丈夫な鍛造ホイールは外せませんね。

新車情報カテゴリの最新記事