ジャガー・Fタイプコンバーチブルにラリースペシャル登場!ポルシェ・アバルトなど後輪駆動スポーツカーベースのラリーマシンが熱い!

ジャガー・Fタイプコンバーチブルにラリースペシャル登場!ポルシェ・アバルトなど後輪駆動スポーツカーベースのラリーマシンが熱い!
     
   

出典元:https://carsmeet.jp/2018/11/14/83262/

ジャガー・Fタイプコンバーチブル ラリースペシャルとはどんな車?

出典元:https://carsmeet.jp/2018/11/14/83262/

ジャガーのスポーツカーとして人気を誇るFタイプに、ラリーカーが登場しました!「ジャガー・Fタイプコンバーチブル ラリースペシャル」です。

一体何がスペシャルなのでしょうか。ジャガー・Fタイプコンバーチブル ラリースペシャルの数々の魅力をご紹介します。

ジャガーのスポーツカー誕生70周年を記念して2台のみ生産

ジャガー・Fタイプコンバーチブル ラリースペシャルは「XK120」発売から70周年を記念して生産されました。

1948年に発売された「XK120」は、ジャガーとして初めてのスポーツタイプカーであり、曲線美を活かしたデザインや機能性、そして他社の同レベルの車と比較して手が出しやすい価格に抑えられていたことから、アメリカを中心に人気を博した1台です。

そんなアニバーサリーカーですが、生産台数はたったの2台。実際にラリー走行はできませんし、市販化の予定もありません。それでいて、後述する装備への注力は相当のもの。

ジャガーの歴史に未だ燦然と輝く「XK120」への大きなリスペクトゆえではないでしょうか。

2リッターターボのインジニウムエンジン搭載

ジャガー・Fタイプコンバーチブル ラリースペシャルには、2.0リッター直列4気筒ガソリンターボインジニウムエンジンが搭載されています。最大出力はジャガーのインジニウムエンジンの中では最高の300psを誇ります。

インジニウムエンジンは全面アルミニウムを採用しており、非常に軽量なのが特徴です。またベアリングのなめらかな動きと相まって低燃費を実現しています。

さらに環境面ではCO2排出量を低く抑えており、ジャガー・Fタイプコンバーチブル ラリースペシャルは「話題性だけ」ではないことが分かります。

FIAのラリー競技車に準じた装備

ラリーカーでありながらラリーで走らせるつもりはないジャガー・Fタイプコンバーチブル ラリースペシャルですが、FIAのラリー競技車の基準はしっかりとクリアできる装備です。

横転時に乗員が押しつぶされないよう保護するロールケージはもちろんのこと、レーシングシートは6点支持ハーネスタイプ、ジャガー・F コンバーチブルのスタイリッシュなノーズ部分には4つのライト・ポッド、そして消化器。

ジャガーがラリー・フィールドに返り咲きか?と期待が高まってしまいますが、残念ながらFIAへの申請は行われないようです。

グラベル用装備により走行もラリーカーそのもの

グラベル走行のためにボディー底面はしっかりと保護されています。

装着タイヤはグラベル用16インチホイールを採用し、このタイヤのグリップ力はラリーカーの中でもハイレベル。また、後輪駆動でありながら駆動力も十二分といえるでしょう。

更に、イギリスExe-TC製のダンパーによるサスペンション性能は非常に高く、本格的な段差に対する衝撃吸収は難しいものの、石が多めのグラベルロード程度では問題ありません。

新車情報カテゴリの最新記事