人気のコンパクトSUV、トヨタ・C-HRがマイナーチェンジでFFのターボモデル追加!LEDヘッドランプや流れるウィンカーが標準装備に!

人気のコンパクトSUV、トヨタ・C-HRがマイナーチェンジでFFのターボモデル追加!LEDヘッドランプや流れるウィンカーが標準装備に!

出典元:https://toyota.jp/c-hr/exterior/?padid=ag341_from_chr_navi_exterior

C-HRの一部改良の内容は?FFモデルの追加でエントリー価格は229万円に引き下げ!

1.2LターボモデルにFF仕様追加

発売以降かなりの人気を博しているトヨタ・C-HR。デビュー当初、1か月の目標販売台数の8倍にもなる受注を受けたという伝説はもはやこの車を紹介するうえで欠かせなくなっています。

出足は好調でもそのあと人気が途絶えてしまう、ということもありますがC-HRはその勢いが衰えることなく2017年のSUVの新車登録販売台数で1位に輝いたことも記憶に新しいのではないでしょうか。

そんな近年稀にみるほどの大ヒット車であるC-HRですが、登場したのは2016年12月。

約1年半たった2018年5月に、マイナーチェンジが発表されました。

今回のマイナーチェンジに伴い、ラインナップが追加に。1.2LのガソリンターボモデルにFFモデルが追加されました。

これによって、最低価格がこれまでより下がり、229万円からC-HRが手に入ることに。

より幅広い層にアピールすることになるのではないでしょうか。

LEDヘッドランプ・シーケンシャルターンランプをG、G-Tに標準装備化

上位グレードであるG、G-Tには今回LEDヘッドランプは標準装備となりました。

自動でヘッドランプの照射軸を調整するオートレベリング機能付きとなり、デイライトやデイライトなど光源の全てがLED化されることに。

LEDランプはほとんどの場合車両寿命より前にランプの寿命が来ることはないといいますから、もうこれで球切れの心配は不要ですね。

またシーケンシャルターンランプが採用され、よりスタイリッシュな印象になりました。2014年の法改正後シーケンシャルターンランプを搭載する新型車は増えているようです。

ネビュラブルーメタリックなど新色追加

今回のマイナーチェンジでボディカラーにも新色が登場。もともとカラーバリエーションが豊かなC-HRですが、さらにバラエティーに富んだラインナップからの選択が可能となりました。

新色としてネビュラブルーメタリック、またツートンタイプにもホワイト×ネビュラブルーメタリックが登場し、全16色展開に。

落ち着いたカラーからビビットなものまで、感性を刺激するカラーが揃いました。

S、S-TにLEDパッケージ設定

エントリーグレードであるS、S-TにはG、G-Tグレードに標準装備となったLEDヘッドランプがセットされるLEDパッケージが登場。

G、G-Tグレードほどの装備は必要ないけれどLEDランプは魅力的、そういう場合はこのLEDパッケージを利用するのがおすすめです。

C-HRのグレード別内装・装備の違いは?

出典元:https://toyota.jp/c-hr/exterior/?padid=ag341_from_chr_navi_exterior

S、S-T

S、S-Tグレードはエントリーモデルにあたり、上位グレードであるG、G-Tグレードとパワートレインは同じですがインテリアやセーフティパッケージの内容に差が見られます。

シートはブラックのファブリック、インパネやドアインナーガーニッシュの塗装は金属調のものに。

全グレードに標準装備のトヨタのセーフティパッケージ「トヨタ・セーフティセンスP」ですが、S、S-Tには次の機能が搭載となっています。

  • 歩行者検知機能(昼間のみ)付きプリクラッシュセーフティステアリング
  • 制御機能のついたレーンディパーチャーアラート
  • レーダークルーズコントロールオートマチックハイビーム
  • EBD付ABS&ブレーキアシスト
  • 車両接近通報装置ステアリング協調車両安定性行システム
  • ヒルスタートアシストコントロール

G、G-T

より充実した装備で上質感が味わえるのがG、G-Tグレード。

シート類はブラウンの本革と上級ブラックファブリックのコンビとなり、スタイリッシュな空間を演出します。オプションでブラックのオール本革にすることも可能。

carteacher

新車情報カテゴリの最新記事