トヨタからの挑戦状! ルーミー/タンクはスズキの牙城を崩せるか?

トヨタからの挑戦状! ルーミー/タンクはスズキの牙城を崩せるか?
     
   

1LD-CAR!って何!? ルーミー/タンクのコンセプトを探ると、作りの意味が分かる

トヨタから新たに最小サイズトールワゴン「ルーミー」と「タンク」が発売されました。(妹車としてダイハツ トールも発売)

キーワードは『1LD-CAR!』。キッチン無しワンルーム? いえいえ、「LIVING×DRIVING」というサブタイトルがついていますので、意訳するなら「居住性と走行性能」といったところでしょうか。つまり、「1台で高い居住性と走行性能を兼ね備えた車ですよ」というメッセージのようです。

コンパクトサイズの車であれば、居住性はある程度我慢しなければならないとか、排気量が小さいから、走りに関しては妥協しなければならないというのが自然な考え方。でも、そんな概念を覆す車なら、ユーザーとしては大歓迎ですね。

では、果たして実際のルーミー/タンクは、コンセプト通りの車に仕上がっているのでしょうか? 1つずつ見ていきましょう。

ボディサイズは具体的にどれくらいのイメージ?

新型ルーミー/タンクのボディサイズは、全長:3,725㎜、全幅:1,670㎜、全高:1,735㎜という5ナンバー・トールサイズのスタイルです。

全長は、同じトヨタ車で表現するならヴィッツとパッソの中間と言えば、取り回しの良さがイメージできるのではないでしょうか。

全幅については、5ナンバーサイズ上限より2センチだけ余裕を持たせた設定としており、狭い道でのすれ違いや狭い車庫への駐車などの際に、取り回しの良さを発揮するサイズとなっています。

全高は、エスティマより低いものの、シエンタよりは高いサイズで、名前の通り豊かな室内空間が確保されていることがうかがえます。

車体寸法で見ると、これで本当に快適な居住性を確保できているの? と思うでしょう。このサイズでどれだけの居住性なのか、検証してみましょう。

名は体を表すのか?室内空間を検証!

ルーミーの室内は、幅:1,480㎜、長:2,180㎜、高:1,355㎜と、シエンタよりも幅で10㎜広く、高さは55㎜の差があります。長さに関しては、ルーミー/タンクは2列シートなのに対して、シエンタは3列シートのため、表記上はシエンタが355㎜長くなっています(最後列シートまでを計測する為)。

ルーミー/タンクの乗車定員は、2列シートの5名です。2列シートとすることで、シートをフルフラットにすることも可能になり、使い方の自由度が大きく拡大。また、荷室スペースを犠牲にする3列目シートが無いことで、想像以上の積載性を確保しています。

つまり、小さいボディなのに広い室内空間を実現している、コンセプト通りの作りになっているということです。

走りを諦めない動力性能はあるのか?エンジン性能を検証する

気になる動力性能ですが、基本となるのはヴィッツなどに搭載されている1,000cc3気筒DOHCという構成で、最高出力51kw[69ps]/6,000rpm、最大トルク92N・m[9.4kgf・m]/4,400rpmとなっています。

また、このエンジンをベースにターボを装着したモデルもあり、こちらは最高出力72kw[98ps]/6,000rpm、最大トルク140N・m[14.3kgf・m]/2,400〜4,000rpmとなっています。

ベースエンジンは、控えめな出力で、走りを期待するのは酷な話かもしれません。ユーザーが日常的に使う中で、動力性能の良し悪しを感じる瞬間は、停止状態からの加速でしょう。同じ排気量で、この発進時の加速感を得るには、気筒数を少なくする方法が有効です。これは、1気筒あたりの排気量が大きくなることでエンジンを回転させる力が強まるからです。

ルーミー/タンクは3気筒エンジンとすることで、アクセルを踏み込んだ瞬間のトルクの力強さを感じさせ、非力さを感じる事は少ないと思います。更に力強さを求める方は、約30馬力上乗せされるターボエンジンを選択することで、ストレスフリーな走行ができるでしょう。

燃費性能は、可変バルブタイミング機構やアイドリングストップ機構、電動パワーステアリング、CVTなどにより、ハイブリッド機構無しの車としては優秀な数値を公表しており、走行性能の面でも、コンセプト通りのキャラクターを持っていると言えます。

%ef%bc%93%ef%bc%94

新車情報カテゴリの最新記事