ゴルフGTIの末弟、フォルクスワーゲン・アップ!GTIが日本で発売!1Lターボエンジン搭載、6速MTの組み合わせで600台限定販売!

ゴルフGTIの末弟、フォルクスワーゲン・アップ!GTIが日本で発売!1Lターボエンジン搭載、6速MTの組み合わせで600台限定販売!
     
   

出典元:https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/up.html#7dc346d5a9af6e97fbaf87a4e728ae62&item=3&gallery=150692159987480588

フォルクスワーゲン・アップ(up)!GTIの特徴は?

出典元:https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/up.html#7dc346d5a9af6e97fbaf87a4e728ae62&item=3&gallery=150692159987480588

フォルクスワーゲン最小モデルがベース

up!GTIのベースとなるup!は、現在のフォルクスワーゲンのラインナップの中では最もコンパクトなモデル。ネーミングも可愛らしいですよね。

エントリーモデルとしても親しまれてきたup!ですが、今回伝統のハイパフォーマンスモデルとして名を馳せているGTIがup!のラインナップに加わることになりました。

ベースとなる初代up!が登場したのは2011年、日本に導入されたのは2012年ですが、GTIが設定されるのは今回が初めて

しかも今回はup!GTIと同時にゴルフGTIの特別仕様車であるゴルフGTI Dynamic、そしてポロGTIが同時に発表されたことでも大きな話題になりました。

2ドアボディに専用スポーツサスペンション

今回up!GTIに設定されるのは2ドアボディの一種類のみ。ドイツ本国には4ドアモデルもあるようですが、日本ではこのボディタイプのみの販売となりました。

コンパクトさが最大の魅力のup!ですから、正しい選択といえるのではないでしょうか。しかも今回はゴルフGTIの特別仕様車とポロGTIも同時に発売されるのですから、4ドア車の需要はそちらで満たすことになると考えたのでしょう。

各モデルにはっきりとした個性を持たせる意味もあるのかもしれませんね。

小さなボディに17インチのタイヤ&ホイール、GTI専用のスポーツサスペンションをセットし足回りは気合十分。

もちろんエクステリアだって通常のup!とは違いスポーティさを前面に出したGTI仕様になっています。フロントマスクのアクセントになっているレッドストライプ、ハニカムパターンのグリルがGTIモデルであることをしっかりと主張。

もちろん専用のGTIロゴも存在感を放っています。

1リッター直列3気筒ターボエンジンに6速MT搭載

GTIモデルというからには当然その走りに注目が集まります。エンジンは1.0Lの直噴ターボを採用。標準モデルからはかなりパワーアップし、116psをマークしています。これは標準モデルより40以上も高い数値なんですよ。

トルクに至っては200Nmと、標準モデルの2倍以上に。このエンジンは日本でup!初導入となるエンジンです。そしてこのエンジンに組み合わされたトランスミッションは6速MTのみとなりました。

ATは設定されずMTのみというのが少し意外な気もしますが、日本でこそMT車の普及率は低いもののヨーロッパではMT車は走りにこだわる層には定番化していることも関係しているのかもしれないですね。

コンパクトさが身上のup!とはいえ、パフォーマンスにこだわったGTIグレードなのですから、こんな硬派なパワートレインもいいのではないでしょうか。

GTI伝統のタータンチェック柄シートと先進装備

インテリアももちろんGTI仕様。GTIS専用の「クラーク柄」と呼ばれるタータンチェックの専用シートがこのup!がGTIモデルであることしっかりと主張しています。

深みのあるレッドがインテリアに上質感とスポーティさを与え、ステアリングなどにもレッドのステッチが入りGTIモデルを所有する喜びを感じさてくれますね。

また、先進のインフォテイメントシステムも用意。手持ちのスマートフォンに専用のアプリ”Volkswagen maps+more”をインストールしておけばup!GTIと接続・連動し、ナビをスマートフォンの画面上で表示できたり、音楽を再生したりなどが可能です。

新車情報カテゴリの最新記事