fbpx

ジャガー・XEの2019年モデルに300馬力の300スポーツ追加!限定モデル、V8スーチャー600馬力のSVプロジェクト8もいよいよ納車!

ジャガー・XEの2019年モデルに300馬力の300スポーツ追加!限定モデル、V8スーチャー600馬力のSVプロジェクト8もいよいよ納車!
     
   

出典元:https://www.jaguar.co.jp/jaguar-range/xe/gallery.html

ジャガー・XEの2019年モデルの変更点は?

出典元:https://www.jaguar.co.jp/jaguar-range/xe/gallery.html

スマホ連動機能を全グレードに標準装備

今回ご紹介する2019年モデルの一番の注目ポイントは、全グレードにスマートフォンと連動するコネクティッド機能を標準装備したことでしょう。こういったコネクティッド機能が高級車には欠かせない装備となりつつある時代に合わせた進化ですね。

車内で最大8台のデバイスがインターネットに接続できる「Wi-Fi Hotspot」やスマートフォンをUSBで接続させてスマートフォンのアプリを車両のタッチスクリーンで使用できる「InControlアプリ」、ジャガースマートロードサイドアシスタンスの利用、緊急時のSOS機能が利用できる「InControlプロテクト」などが搭載されています。

また、車両から離れた場所でもドアのロック操作やエアコン操作などが行える「InControlリモートプレミアム」も装備。かなり便利な先進システムが揃っています。

車内でWi-Fiが使用できるとなると仕事もはかどるでしょうし、映画などを見て楽しむこともできますね。

こういった機能はこれからどんどん一般的になってくると思われます。

【全国OK!】ジャガーでもどんなメーカーも車種もお任せ!新車購入するならイキクルが最大値引きディーラーご紹介!

ランドマークエディションの追加

出典元:https://www.jaguar.co.jp/jaguar-range/xe/gallery.html

2019年モデルには、限定グレードのランドマークエディションが追加されました。

エクステリアにはブラックパックを採用。フロントグリルやサイドベント、ミラーキャップ、ウィンドウサラウンドに艶のあるグロスブラックを施して精悍で迫力のある仕上がりに。

足元も専用の18インチ10スプリットスポークスタイル1049アロイホイールとなっています。オプションで19インチに変更も可能。

ジャガーの象徴ともいえるJブレードLEDシグネチャーライトを組み合わせたバイファンクションキセノンヘッドライト、専用パーフォレイテッドグレインレザーシートもランドマークの専用装備となっています。

300馬力の300スポーツ追加

出典元:https://www.jaguar.co.jp/jaguar-range/xe/gallery.html

限定ではなく追加ラインナップとなったのが、300スポーツ。その名が示すように300psを発揮する2.0L直4気筒ターボエンジンを搭載したモデルです。

ダークサテングレーのフロントグリルサラウンドやサイドベント・シル、リアスポイラーやミラーキャップが気品と上質感をもたらしています。

ホイールは19インチ5スプリットスポークスタイル5031アロイホイール(ダークサテングレーメタリックダイヤモンドターンドフィニッシュ)と20インチ10スポークスタイル1014アロイホイール(ダークサテングレーメタリックフィニッシュ)の2種類から選択できるという贅沢さ。

ブラックにイエローのステッチが施されたインテリアも上級グレードにふさわしいスタイリッシュな雰囲気です。

ジャガー・XEのグレード別の装備の違い、選択できるエンジンは?

出典元:https://www.jaguar.co.jp/jaguar-range/xe/gallery.html

ピュア

エントリーグレードとなるのがこのピュアです。10ウェイ電動調整が可能なプレミアムクロスシート、ソフトグレインレザーステアリング、自動防眩ルームミラーなどが標準装備となっています。

選択できるエンジンは最高出力180ps、最大トルク430Nmの2.0L4気筒ターボガソリンエンジンと2.0L4気筒のクリーンディーゼルターボの2種類です。

ガソリンモデルの最高速度は230km/h、0-100km/h加速は7.6秒となっています。ディーゼルモデルは最高速度は228km/h、0-100km/h加速は8.1秒という数値です。

プレステージ

シートがグレインレザーシートになり、アンビエントインテリアライトやインテリアムードライトなどが追加されインテリアの質感がアップ。ラグジュアリーな魅力を持ったグレードです。

選択可能なエンジンはピュアと同じものになっています。

ポートフォリオ

8ウェイ電動調整のパーフォレイテッドウィンザーレザーシート、アダプティブキセノンヘッドライトや18インチ6スポークスタイル6006アロイホイールが装備されたラグジュアリーを極めたグレードです。

エンジンは最高出力300ps、最高トルク400Nm、最高速度250km/h、0-100km/h加速は5.9秒の2.0L4気筒ターボガソリンエンジン、最高出力250ps、最大トルク365Nm、最高速度250km/h、0-100km/h加速は6.5秒の2.0Lターボガソリンエンジンの2種類です。

Rスポーツ

Rスポーツは8ウェイマニュアル調整可能なスポーツシート、ブラックラジエーターグリル、専用のエアロパーツを纏いスポーティさに磨きをかけたグレード。

エンジンはピュアに設定されているディーゼルエンジンとポートフォリオの2種類のガソリンエンジンから選択可能です。

S

最上級グレードにあたるSはインテリア、パフォーマンス共にハイスペックなものに。

18ウェイ電動調整機能のついたグレインレザー/スエードクロススポーツシート、メッシュドアルミニウムトリムフィニッシャーなどを装備しています。

エンジンは1種類のみ、3.0LV6 スーパーチャージャーガソリンエンジン。最高出力380ps、最大トルク450Nm,最高速度250km/h、0-100km/h加速は5.0秒となっています。

世界300台限定、国内わずか8台のみ販売のジャガー・XE SVプロジェクト8

出典元:https://www.jaguar.co.jp/about-jaguar/special-vehicle-operations/project-8.html

2017年に世界限定300台で登場したのは、通常のジャガー・XEとは一線を画すスペシャルモデル。「ジャガー市場最速かつ最高にパワフル」をコンセプトに開発されたこのXE SVプロジェクト8はSVO(スペシャルビークルオペレーションズ部門)の手によるもの。

SVOは限定モデルやコレクターズエディション、ハイスペック車などのジャガーの中でもとりわけスペシャルなモデルの開発、製作を手掛ける部門です。ベースモデルはXEですが、ボディ構造はフロントドアパネルとルーフのみを残して専用設計になっているということ。

ボディ全体の約70%はこのXE SVプロジェクト8独自のものということは、もはやXEといえないような気がしないでもないですが、ジャガーの力の入れ具合もわかるというものですね。

素材にはカーボンファイバーが多用され、車両重量は公表されませんでしたがかなりの軽量化を実現していることは確実。専用開発されたミシュランタイヤ、軽量の鍛造アロイホイールなど、細部にわたってSVOの最新の技術が詰め込まれています。

特別なチューンナップを施した5.0LV8スーパーチャージドエンジンは最高出力600ps、最大トルク700Nmを叩き出すモンスターエンジン。ジャガーの市販車史上最もパワフルなエンジンであることはいうまでもないでしょう。

0-97km/h加速は3.3秒、最高速度は約322km/h。組み合わされる8速のトランスミッションはなんとシフトチェンジにかかる時間が0.2秒!驚きの性能です。

このXE SVプロジェクト8は2017年12月、ニュルブルクリンク北コースで7分21秒23というラップタイムを叩き出し、量産4ドアセダン最速ラップを更新しました。

ニュル最速のこの4ドアセダンは限定300台のうち日本への割り当ては8台のみ。もちろん完売しています。

【車種問わず!】ジャガーでもどんなメーカーも車種もお任せ!新車購入するならイキクルが最大値引きディーラーご紹介!

ジャガー・XE 300スポーツとライバルのDセグメントセダンのスペック・燃費・価格を徹底比較!

アルファロメオ・ジュリア ヴェローチェ

出典元:https://www.alfaromeo-jp.com/models/giulia/veloce/

日本では2017年に登場した2代目ジュリアといえばニュル最速セダン記録をマークしたことでよく知られているハイパフォーマンスモデルのクアドリフォリオが有名かとも思いますが、2代目から新たにラインナップに加わったヴェローチェも注目です。

搭載されているのはアルミニウム製の2.0L直4気筒ツインターボエンジン。走りのパフォーマンスはもちろん、燃費性能にも力を入れて開発されました。

カーボンやアルミニウムをボディ素材に使用し、ボディも軽量化されています。

レクサスIS300 Fスポーツ

出典元:https://lexus.jp/models/is/gallery/

レクサスのハイパフォーマンスモデルであるFモデル専用チューニングが施されたサスペンション、ショックアブソーバー、EPSなどが車体安定性やレクサスならではの快適な乗り心地を実現。

専用のスポーツシートやアルミホイールなど多数の専用装備を纏ったIS300 Fスポーツは走りはもちろん、その洗練されたスタイルでも魅了します。

では、スペック、価格、燃費をチェックしてみましょう。

  最高出力(kW[PS]/rpm) 最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 燃費(km/ℓ) 価格
ジャガー・XE 300スポーツ 221[300]/5,500 400[40.8]/1,500-2,000 12.9 7,380,000円~
アルファロメオ・ジュリア ヴェローチェ 206[280]/5,250 400[40.8]/2,250 12.0 5,870,000円~
レクサスIS300 Fスポーツ 180[245]/5,800 350[35.7]/1,650-4,400 12.8 5,218,000円

ジャガー・XE 300スポーツがエンジンのパワーとしてはトップですが燃費も最もよい数値を示しています。

こうして比較するとパワーのみならず燃費性能、環境性能にも配慮されていることがよくわかりますね。2019年型の新しいジャガー・XEは、これからの時代を見据えた車に仕上がっているといえるのではないでしょうか。

【30,000円プレゼント!】ジャガーでもどんなメーカーも車種もお任せ!新車購入するならイキクルが最大値引きディーラーご紹介!

 

関連記事:メルセデスベンツ・Cクラスがマイナーチェンジ!新型はセダンとワゴンにマイルドハイブリッド車追加、クーペ・カブリオレも同時に刷新!

新車情報カテゴリの最新記事