アウディの末っ子A1が初のフルモデルチェンジ!新型は5ドアのスポーツバックのみ、ライバルのMINIとサイズ・燃費などのスペックを徹底比較!

アウディの末っ子A1が初のフルモデルチェンジ!新型は5ドアのスポーツバックのみ、ライバルのMINIとサイズ・燃費などのスペックを徹底比較!
     
   

出典元:https://www.audi-press.jp/press-releases/2018/b7rqqm000000n3ai.html

新型アウディ・A1スポーツバックの特徴は?

出典元:https://www.audi-press.jp/press-releases/2018/b7rqqm000000n3ai.html

新型フォルクスワーゲン・ポロとプラットフォームを共有

アウディ・A1は2010年に3ドアがデビュー、5ドアのスポーツバックは1年遅れた2011年に登場しました。

その後フルモデルチェンジはなく、今回が初めてのフルモデルチェンジとなります。

今年2018年の3月に新型が発表、販売開始されたフォルクスワーゲンのポロと同じより高剛性で軽量化されたMQBプラットフォームのコンパクトバージョンA0を採用。

コンパクトなボディながらも広い室内空間の確保を可能にしたこのプラットフォームの採用で後部座席にゆとりが生まれ、トランク容量もアップしました。

ボディは大型化、5ドアのスポーツバックのみの設定

先代よりもボディサイズは拡大、特に全長が大きく拡大されたことから居住性の良さがアップしています。

先代のA1では先に3ドア車がデビューしましたが、その後の販売は5ドアのスポーツバックが好調だったようで今回のモデルチェンジ後は5ドアのA1スポーツバックのみの展開となるようです。

ラインナップが減ってしまうのは悲しいですが、これも時代の流れと考えると仕方のないことなのかもしれませんね。

スポーツ・クワトロを彷彿とさせるデザイン

実に7年振りとなるフルモデルチェンジでは、アウディの車種の中で最もコンパクトなA1シリーズのイメージを覆すような精悍なイメージを纏って登場。

先代とはかなり異なる雰囲気のものになりました。

特に印象的なのがフロントグリルとエンジンフードの間、ボンネット先端部に施された1984年に登場したスポーツ・クワトロを彷彿とさせるスリット。

ハニカム構造フロントグリルとの相乗効果でより迫力のあるスポーティなイメージを醸し出しています。

先代は上位モデルにも共通する上質感を重視したものでしたが、新型A1スポーツバックは最近のスポーティなアウディの方向性を反映したものとなりました。

そのコンパクトなボディにそぐわないほどの存在感を放っています。

バーチャルコックピットにコネクティビティ

コンパクトクラスで最もスポーティなインテリアをテーマにしたという新型A1スポーツバックのインテリアは、そのテーマを忠実に実現したドライバー志向のかなりスポーティなものになっています。

オプションのバーチャルコックピットはすでに上位クラスにおいて人気を集めており、その操作性の良さには定評があります。高解像度の液晶ディスプレイは各種メーター類はもちろん、ナビゲーションマップやドライナーアシスタンスシステムなど様々な情報を表示します。

また最新のインフォテイメントシステムを搭載、上級グレードには10.1インチの大型タッチスクリーンが搭載され、音声入力はもちろんのこと手書きも可能。

新車情報カテゴリの最新記事