メルセデスベンツ・Cクラスがマイナーチェンジ!新型はセダンとワゴンにマイルドハイブリッド車追加、クーペ・カブリオレも同時に刷新!

メルセデスベンツ・Cクラスがマイナーチェンジ!新型はセダンとワゴンにマイルドハイブリッド車追加、クーペ・カブリオレも同時に刷新!
     
   

出典元:https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/c-class/c-class-sedan/explore.html#notificationboxes_notificationbox

マイナーチェンジしたCクラス(W205)の特徴は?前期モデルとはどこが違う?

出典元:https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/c-class/c-class-sedan/explore/footnote.module.html#notificationboxes_notificationbox

現行のCクラスが登場したのは2014年。4年の時を経た今年2018年、初となるマイナーチェンジが行われました。

初代の登場は1993年にまで遡ります。Cクラスの歴史は25年に及びますが現行のモデルは4代目。登場した当初のキャッチフレーズは「メルセデスの本気」でした。

その言葉がきっちりと反映され上質感を増した4代目は長いCクラスの歴史の中でも最高のモデルと高い評価を受け、大ヒット。メルセデスベンツを代表する車種といっても過言ではありません。

満を持してとなった今回のマイナーチェンジは、なんと約6,500点の部品変更となったとのこと。マイナーチェンジとはいえ、かなりの大規模な変更が加えられたことがわかりますね。

「Cクラス史上最も大規模なフェイスリフト」とメルセデスベンツ自身が語る今回のマイナーチェンジによってCクラスはいったいどのように変化したのでしょうか。

前後バンパーやライトなどのエクステリアデザイン変更

エクステリアは大きくイメージ一新、というわけではありませんが見る人が見ればわかる変更が施されています。

迫力と重厚感を両立させ、さらに時代性を取り入れてアップデートしたフロントフェイスはより洗練されたイメージを持つようになりました。

フロント・リヤ両方のバンパーデザインが変更され、ダイナミックな雰囲気をもたらすと共に空力性能をアップ。

フロントグリルにも2本のホリゾンタルバーが施され、エアインテークの形状も変化しました。

ヘッドライトにも変更が加えられ、C200以上のグレードにはSクラスやEクラスに採用されているマルチビームLEDヘッドライトを搭載

マルチビームLEDヘッドライトは片側に48個もの光源をセットし、個別制御が可能な先進システム。先進車や対向車にリアルタイムに反応してその時々に最適な状態のハイビームに調節してくれます。

もうハイビームの眩惑を恐れなくてもいいですね。さらにこのマルチビームLEDヘッドライトは650m以上先を1ルクス以上の明るさで照らすことができるウルトラハイビーム機能も備えています。

デザイン面でも大きなインパクトを与えていますが、夜間の視認性も各段にアップしました。

テールライトにも変更が加えられ、Cクラスの”C”をイメージさせるデザインに。

最も私達日本人からしてみれば”C”というよりもカタカナの”コ”に見えてしまう様な気もしますが、それはご愛敬というところでしょう。

C200アバンギャルドに48V電気システム・BSG搭載

この新型Cクラスで一番注目されているパワートレインはC200 アバンギャルドのもの。

新たに開発されたM264エンジンは1.5L直4気筒ターボエンジンは単体で最高出力184ps、最高トルク280Nmを発生します。メルセデスベンツが特許を持つ摩擦軽減技術「CONICSHAPE加工」も施されました。

特筆すべきは48V電気システムとBSG(Belt-driven Starter Generatorの略)というクランクシャフトとベルトでつながりモーターと発電機の役割を果たすシステムが搭載されたこと。

発生した48Vの電気をリチウムイオン電池に蓄積し、最高出力14ps、最高トルク160Nmを発生させてエンジンをアシストします。

動力補助による燃費性能アップはもちろんのこと、ターボチャージャーがまだ十分ではない状態の場合にはその分をBSGが発生するパワーで担い、立ち上がりの加速もスムーズに。

パワー不足を感じることのない、ストレスの少ない走りを実現します。

またBSGはシフト時の回転合わせもしてくれるのでシフトチェンジした振動を感じさせないスムーズさも魅力。快適な乗り心地とともにドライブする楽しみを実感させてくれます。

新開発M264エンジンと48V電気システム、BSGで構成されるこのシステムは「EQブースト」と名付けられました。

運転支援機能「インテリジェントドライブ」の進化

新型Cクラスにはこれまでよりも格段と進化したインテリジェントドライブを搭載。

レーダーとステレオカメラを併用した最先端のセンサーシステムを搭載することによって、より詳細な周囲の情報の収集が可能になりました。

適切な車間距離を確保し、停止が必要な場合は段階的にブレーキ調整を行い停止するディスタンスパイロット・ディストロニックを搭載。

もちろんステアリング操作をアシストするステアリングパイロットも一緒に搭載しているので高速などにおいては半自動運転が可能になったといえるのではないでしょうか。

新車情報カテゴリの最新記事