fbpx

新型N-WGN(Nワゴン)ついに発売!ステップバン風の丸目と角目のN-WGNカスタムで外観を差別化!

新型N-WGN(Nワゴン)ついに発売!ステップバン風の丸目と角目のN-WGNカスタムで外観を差別化!
     
   

2017年にフルモデルチェンジされたN-BOXに続き、2019年7月にN-WGNもフルモデルチェンジされました。先代モデルは、ノーマルモデルに関してはシンプルなデザインが採用されており、カスタムモデルに関してはやんちゃなイメージのデザインとなっています。しかし、今回の新型N-WGNは大幅にデザインが変更されNシリーズらしい個性的な見た目に変貌を遂げました。また、最新の安全装備なども追加されています。

そこで今回は、新型N-WGNの特徴や先代モデルとの違いなどについてご紹介していきます。

 

新型N-WGN(Nワゴン)/N-WGNカスタムの特徴は?旧型からどこが進化した?

引用元:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/9/93/HondaLifeStepvan.JPG/1280px-HondaLifeStepvan.JPG

N-BOXと共通のセンタータンクレイアウト採用

新型N-BOXに採用されている新型のプラットフォームが採用された新型N-WGN。

もちろん、ホンダお得意の室内空間を最大限に活かすための燃料タンクを運転席の下に配置するセンタータンクレイアウトが採用されています。

さらに、新型N-WGNではセンタータンクレイアウトの利点を最大限活かすために、先代モデルに比べ荷室床面の高さを180mm低くし、開口部の高さも先代モデルに比べ490mm低くなっており荷物の出し入れが容易になっています。また縦のスペースに余裕が生まれたため、上下に仕切るボードが用意され利便性を向上させました。

 

新型N-WGN/N-WGNカスタムのエクステリアの特徴

新型N-WGNはノーマルモデル、カスタムモデル共に先代のN-WGNに比べプレスラインの少ないシンプルなボディ形状となっており、ホンダが以前に販売していた「ステップバン」を彷彿とさせるデザインとなっています。

新型N-WGNノーマルモデルの最大の特徴は、現行のN-BOXのノーマルモデルと同じく、ヘッドライト内部にLEDの丸いプロジェクターが採用されており、シンプルかつカワイイデザインが特徴です。

新型N-WGNカスタムモデルはノーマルモデルとは違い、ヘッドライトに9灯LEDスクエア形状が採用されています。また、専用のフロントバンパーやサイドのカラードガーニッシュ、シャークフィンアンテナなども採用されました。ノーマルモデルに比べ、可愛らしさはありませんが、他のカスタムモデルと比べ、ギラギラとした装飾は控えめでシンプルにまとまっています。

 

 

 

新型N-WGN/N-WGNカスタムのインテリアの特徴

新型N-WGNは新型N-BOXと同じく直線的なデザインが採用。エアコンのコントロールユニットやセレクトレバーの位置なんかも似た配置になっており、操作性は良好です。

また、乗車姿勢の自由度も高く、ハンドルに関しては上下のチルト調整だけではなく、前後のチルト調整もできるため、色々な体型の方に合わせて調整可能としています。

 

先代モデルでは引き出し式のセンターテーブルが装備されていましたが、新型には引き継がれておらず、その代わりにエアコンコントロールユニット下にUSBジャックが装備されました。またリヤ席シート下に設置されていた傘などが入る横長のトレイは継承されており、今回は脱着可能とし、トレイ単体で洗うこともできます。

 

また、車内スペースに関しては、後席の床を15mm高くしてサイドシルトの段差をなくすことにより、乗り降りの際に足が引っかからないように改良されました。

 

 

ホンダセンシングを全車に標準装備

新型N-BOXで軽自動車初となるホンダセンシングの採用に続き、新型N-WGNでは全車にセンシングが標準装備となりました。また、センシングの性能も進化しており、新型N-WGNでは横断する自転車も認識出来るようになり、さらにアダプティブクルーズコントロールの機能に渋滞追従機能(停止時間3秒以内の発信であれば先行車に追従)が加わっています。このように、新型N-WGNは安全面にもさらに力を入れたモデルとなっています。

 

新型N-WGN(Nワゴン)/N-WGNカスタムのグレード構成と装備の違い、価格は?

引用元:https://www.honda.co.jp/news/2019/4190607.html

G ホンダセンシング

G ホンダセンシングは最もベーシックなグレードです。G ホンダセンシングをベースにLホンダセンシング、Lホンダセンシングターボと進むにつれて装備内容が充実していきます。 G ホンダセンシングの装備内容を下記に記載します。

ノーマル

・オートエアコン

・助手席インパネガーニッシュステー:アイボリー&ブラウン

・14インチスチールホイール+フルホイールキャップ

メーカー希望小売価格(税抜き):1,274,400円

 

カスタム

・9灯式LEDヘッドライト

・充電用USBジャック

・オートエアコン

・LEDシーケンシャルターンシグナル

・助手席インパネガーニッシュステー:ブラック

・シートカラー:ブラック

・14インチアルミホイール

メーカー希望小売価格(税抜き):1,512,000円

 

L ホンダセンシング

G ホンダセンシングとの変更点と追加装備が下記になります。

 

ノーマル

・プロジェクター式LEDヘッドライト(オプションで選択可能)

・ナビスペシャルパッケージ(ETC車載器ナビ連動・リアカメラ・ハンドルリモコン)

・充電用USBジャック

・プラズマクラスター搭載オートエアコン

・360°スーパーUV・IRカットガラス

・助手席インパネガーニッシュステー:アイボリー&ベージュ

メーカー希望小売価格(税抜き):1,339,200円

 

カスタム

・ナビスペシャルパッケージ

・プラズマクラスター搭載オートエアコン

・360°スーパーUV・IRカットガラス

・助手席インパネガーニッシュステー:チタン調偏光塗装&ブラック

・シートカラー:ブラック×チタン(素材:トリコット/アクセント部:ジャージー)

メーカー希望小売価格(税抜き):1,587,600円

 

Lターボ ホンダセンシング

L ホンダセンシングとの変更点と追加装備が下記になります。

 

ノーマル

・プロジェクター式LEDヘッドライト

・パドルシフト

メーカー希望小売価格(税抜き):1,501,200円

 

カスタム

・本革巻ステアリングホイール

・パドルシフト

・シートカラー:ブラック×チタン(素材:プライムスムース&トリコット/アクセント部:ジャージー)

・15インチアルミホール

メーカー希望小売価格(税抜き):1,663,200円

 

新型N-WGN(Nワゴン)/N-WGNカスタムとライバル軽トールワゴンと燃費・サイズなどのスペックを徹底比較!

 

引用元:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/8/8b/2017_suzuki_wagon_r_hybrid_fz.jpg/1024px-2017_suzuki_wagon_r_hybrid_fz.jpg

ここでは新型N-WGN/N-WGNカスタムの諸元データをもとに、ライバル軽トールワゴンのベースモデルとカスタムモデルを比較していきます。

 

【新型N-WGN(Gホンダセンシング)】

全長(mm)3,395

全幅(mm)1,475

全高(mm)1675

ホイールベース(mm)2,520

車両重量:850kg

エンジン:水冷4サイクル直列3気筒

最高出力:58ps/7300rpm

最大トルク:6.6kg・m /4800rpm

JC08モード燃費:29.0km/l

メーカー希望小売価格(税抜き):1,180,000円

 

【新型N-WGNカスタム ホンダセンシング(Lターボ)】

全長(mm)3,395

全幅(mm)1,475

全高(mm)1705

ホイールベース(mm)2,520

車両重量:850kg

エンジン:水冷4サイクルDOHC直列3気筒

最高出力:64ps/6000rpm

最大トルク:10.6kg・m /2600rpm

JC08モード燃費:25.2km/l

メーカー希望小売価格(税抜き):1,470,000円

 

 

スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー

ワゴンRは2017年にフルモデルチェンジが行われ、新型プラットフォームを採用することにより大幅な軽量化に成功しました。またハイブリッドシステムであるS-エネチャージを進化させモーターアシスト時間と出力をアップさせ、JC08モード燃費を33.4km/lまで引き上げることに成功しています。

 

【ワゴンR (HYBRID FZ)】

全長(mm)3,395

全幅(mm)1,475

全高(mm)1,650

ホイールベース(mm)2,460

車両重量:790kg

エンジン:水冷4サイクル直列3気筒

最高出力:52ps/6500rpm

最大トルク:6.1 kg・m /4000rpm

モーター

最高出力:3.1ps/1000rpm

最大トルク:5.1kg・m/100rpm

JC08モード燃費:33.4km/l

メーカー希望小売価格(税抜き):1,250,000円

 

【ワゴンRスティングレー(HYBRID T)】

全長(mm)3,395

全幅(mm)1,475

全高(mm)1,650

ホイールベース(mm)2,460

車両重量:800kg

エンジン:水冷4サイクルDOHC直列3気筒インタークーラーターボ

最高出力:64ps/6000rpm

最大トルク:10.0 kg・m /3000rpm

モーター

最高出力:3.1ps/1000rpm

最大トルク:5.1kg・m/100rpm

JC08モード燃費:28.4km/l

メーカー希望小売価格(税抜き):1,536,000円

 

ダイハツ・ムーヴ/ムーヴカスタム

2014年にフルモデルチェンジを遂げた新型ムーヴは新開発された高効率アトキンソンサイクルエンジンを搭載し、軽量で高剛性のDモノコックボディの採用などでお幅に燃費性能を向上させました。       

2017年にマイナーチェンジされた新型ムーヴ/ムーヴカスタムは、世界最小の小型ステレオカメラを採用したスマートアシストIIIを搭載されました。また、スマートアシストIIIは予防安全性能アセスメントにおいてASV++も獲得しています。

 

【ムーヴX SA III】

全長(mm)3,395

全幅(mm)1,475

全高(mm)1,630

ホイールベース(mm)2,455

車両重量:820kg

エンジン:水冷4サイクルDOHC直列3気筒

最高出力:52ps/6800rpm

最大トルク:6.1kg・m /5200rpm

モーター

最高出力:

最大トルク:

JC08モード燃費:31.0km/l

メーカー希望小売価格(税抜き):1,180,000円

 

【ムーヴカスタムRSハイパーSA III】

全長(mm)3,395

全幅(mm)1,475

全高(mm)1,630

ホイールベース(mm)2,455

車両重量:850kg

エンジン:水冷4サイクルDOHC直列3気筒

最高出力:64ps/6400rpm

最大トルク:9.4kg・m /3200rpm

モーター

最高出力:

最大トルク:

JC08モード燃費:27.4km/l

メーカー希望小売価格(税抜き):1,505,000円

 

 

 

 

日産・デイズ/デイズハイウェイスター

新型デイズは上級グレードにスマートハイブリッドを搭載し、自然吸気エンジンでも回転数を上げることなく余裕の加速を実現。また運転支援システムであるプロパイロット搭載により、長距離ドライブでもドライバーの疲労を軽減してくれます。

 

【デイズS(自然吸気モデル)】

全長(mm)3,395

全幅(mm)1,475

全高(mm)1,640mm

ホイールベース(mm)2,495

車両重量:830kg

エンジン:水冷4サイクルDOHC直列3気筒

最高出力:52ps/6500rpm

最大トルク:6.1 kg・m /4000rpm

モーター

最高出力:

最大トルク:

JC08モード燃費:29.4km/l

メーカー希望小売価格(税抜き):1,179,000円

 

【ハイウェイスターGターボプロパイロットエディション】

全長(mm)3,395

全幅(mm)1,475

全高(mm)1,640mm

ホイールベース(mm)2,495

車両重量:880kg

エンジン:水冷4サイクルDOHC直列3気筒

最高出力:52ps/6500rpm

最大トルク:6.1 kg・m /4000rpm

モーター

最高出力:2.0kw/1200rpm

最大トルク:40n・m/100rpm

JC08モード燃費:25.2km/l

メーカー希望小売価格(税抜き):1,525,000円

 

三菱・eKワゴン/eKクロス

 

eKワゴンは2019年3月にフルモデルチェンジされました。また同時にeKワゴンのクロスオーバーモデルとなるeKクロスも販売を開始しています。どちらも生産自体は三菱自動車が行なっていますが、開発に関しては日産自動車主導で行われました。ですので、基本設計に関しては日産デイズと同じものが使われており、グレードによってはプロパイロットと同じ技術のマイパイロットを搭載しています。

 

【eKワゴン】

全長(mm)3,395

全幅(mm)1,475

全高(mm)1,640

ホイールベース(mm)2,495

車両重量:830

エンジン:水冷4サイクルDOHC直列3気筒

最高出力:52ps/6400rpm

最大トルク:6.1 kg・m /3600rpm

モーター

最高出力:

最大トルク:

JC08モード燃費:29.4km/l

メーカー希望小売価格(税抜き):127,500円

 

【ekクロス(ターボ搭載モデル)】

全長(mm)3,395

全幅(mm)1,475

全高(mm)1,640

ホイールベース(mm)2,495

車両重量:830

エンジン:水冷4サイクルDOHC直列3気筒インタークーラーターボ

最高出力:64ps/5600rpm

最大トルク:10.2 kg・m /2400~4000rpm

モーター

最高出力:

最大トルク:

JC08モード燃費:25.2km/l

メーカー希望小売価格(税抜き):1,515,000円

 

新型N-WGN(Nワゴン)/N-WGNカスタムの無限など純正カスタムパーツのリリースは?

引用元:http://www.mugen-power.com/files/user/carparts/product/news/MUGEN-N-WGN_Fr_1500.jpg

ホンダ アクセス(純正アクセサリー)

新型N-WGN/N-WGNカスタム用の純正アクセサリーに関しては8月9日に発売される予定になっています。それぞれに専用のインテリア・エクステリアパーツが用意され、お得なパッケージ商品もセット販売される予定です。価格としては、エクステリアパッケージ(フロントグリとフードエンブレムのセット)で通常24,000円のところ21,600円となります。

 

無限 エアロパーツ/マフラー/ホイール

新型N-WGN/N-WGNカスタムの無限パーツに関しては9月上旬からリリースされる予定となっています。またフロントバンパーなどのエアロパーツに関しては11月頃を予定しており、今のところN-WGNカスタムのパーツのみが販売される予定です。通常のN-WGNのエクステリアパーツに関しては今現在リリースされるか未定となっています。

 

新車情報カテゴリの最新記事