日本でも発売開始の新型レクサス・ES、オプションで量産車初のドアミラーレス化!GSやカムリ、ライバルセダンとのサイズの違いを徹底比較!

日本でも発売開始の新型レクサス・ES、オプションで量産車初のドアミラーレス化!GSやカムリ、ライバルセダンとのサイズの違いを徹底比較!
     
   

出典元:https://lexus.jp/pressrelease/news/20180912.html

レクサス・ESとはどんなモデル?新型モデルの特徴は?

出典元:https://lexus.jp/pressrelease/news/20180425.html

かつてはカムリプロミネントやウィンダムとして発売されたFFセダン

日本には初登場となるレクサス・ES。レクサスファンの注目を一身に集めています。先日行われたパリモーターショー2018で新型レクサスの欧州仕様車が初公開されましたが、新型ES自体が世界初公開されたのは2018年の4月に行われた北京モーターショーでした。

北米や中国ではすでにラインオフ、9月から販売も開始されている新型ESですが、今回のフルモデルチェンジで7代目となります。

レクサス・ESとしては今回の7代目が日本に初登場ということになりますが、実はレクサス・ESと同じ車が違う名称で日本でも販売されていたのをご存知でしょうか?

1989年に北米市場で登場したレクサス・ESは、実は3代目となるカムリの派生車種、トヨタ・カムリプロミネントとして日本で販売されていたものでした。

また、1991年に登場した2代目レクサスから4代目レクサスの日本仕様車が日本ではトヨタ・ウィンダムとして販売されていたものになります。トヨタ・ウィンダムは2006年に販売終了。

レクサスブランドの日本発足は2005年でしたが、レクサスブランドに移行して日本でレクサス・ESとして販売されることはありませんでした。

今回、初代の登場から約20年を経てレクサス・ESの名で日本に登場することになります。

トヨタ・カムリ/アバロンとプラットフォームを共有

7代目となるレクサス・ESはトヨタの新しい自動車作りの理念、TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)を採用したGA-Kプラットフォームを採用しました。

これはトヨタ・カムリやトヨタ・アバロンに使用されているものと同じです。より高剛性化、低重心化され、ワイド&ローなフォルムとなり安定性がアップ。レクサス・ESの持ち味である乗り心地の良さにより磨きがかかりました。

ハイブリッドモデルのES300h

ラインナップされるパワートレインは、2.5L直4気筒ガソリンエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドシステムのES300hを用意しています。

新開発となるこのハイブリッドシステムは吸気効率の向上、さらに燃焼室内の気流を強化させたことによる高速燃焼を実現したことで、世界でもトップクラスといえる熱効率を実現。環境性能を従来よりもさらにアップさせるとともにダイレクトなレスポンスが得られるようになりました。

第2世代レクサス・セーフティシステム+を搭載

出典元:https://lexus.jp/pressrelease/news/20180425.html

今回の新型レクサス・ESには、第2世代となるレクサスの先進運転支援システム、「レクサス・セーフティシステム+」を搭載しています。

昼夜共に歩行者の検出も可能なプリクラッシュセーフティ、レーダークルーズコントロールとレーントレーシングアシストを組み合わせ、高速道路などで部分的に自動運転が可能になる高度運転支援機能Lexus CoDrive、ロードサインアシストなどを搭載し、ドライバーの運転支援や事故の防止、衝突被害の軽減を目指します。

この他にもパノラマティックビューモニターやパーキングサポートブレーキなども搭載、積極的に先進安全装備の導入を進めています。

国内仕様にオプションでデジタルアウターミラーを採用

新たに明らかにされた情報では、日本に導入される新型レクサス・ESにはデジタルアウターミラーが採用されるとのこと。これは従来のドアミラーの位置に小型のカメラをセットし、左右後方の映像を左右のAピラー下部に設置したモニターで確認できるシステムです。

新車情報カテゴリの最新記事