新型ホンダ・CR-Vが月販目標4倍超の5000台受注!グレード別の装備の違い、ハイブリッド車の燃費の違いを徹底比較!

新型ホンダ・CR-Vが月販目標4倍超の5000台受注!グレード別の装備の違い、ハイブリッド車の燃費の違いを徹底比較!
     
   

出典元:https://www.honda.co.jp/CR-V/webcatalog/styling/design/

新型ホンダ・CR-Vの特徴は?

出典元:https://www.honda.co.jp/CR-V/webcatalog/performance/driving/

「街乗りSUV」というジャンルの先駆け的存在

初代は1995年に登場したホンダ・CR-V。日本においては都市型のクロスオーバーSUVの先駆け的な存在です。SUVといえばアウトドア向け、オフローダーというイメージが強かった時代に「街乗りSUV」として新しいジャンルを切り開いたモデルでした。

ホンダの自社生産初のSUVということもあり、特に積雪の多い寒冷地などで好評を博したようです。

海外でも非常に高い人気を誇ったためか、海外のニーズに合わせてモデルチェンジごとにボディサイズが拡大していった結果、日本ではヴェゼルの人気に押され販売台数は減少していきます。

ヴェゼルは2014年度の日本におけるUV新車登録販売台数第1位を獲得するなど大ヒットしたため、CR-Vは存在感を失くしヴェゼルに吸収されるような形で2016年には日本での販売を終了してしまいました。

海外では販売は続けられ、2015年モデルは海外で「SUVオブ・ザ・イヤー」を受章するなど、高い人気を保っています。

今回生産終了から約2年でCR-Vが復活することになった背景には、SUVの人気が高まりファミリーなどの大人数での使用ニーズが高まっていることが関係しているようです。

ヴェゼルでは取りこぼしてしまう層の需要を満たすということでしょう。

シビックから採用された新世代プラットフォーム採用、ボディは大型化

今回日本導入される5代目CR-Vは、日本に2017年に復活した新型シビックに採用されている高剛性かつ軽量化された新世代のプラットフォームを採用しました。

ボディサイズを新型とカタログ落ちする前の2016年型と比較してみましょう。ヴェゼルとも比較してみます。

  全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm)
新型CR-V 4,605 1,855 1,680~1,690
旧型CR-V(2016年モデル) 4,535 1,820 1,685
ヴェゼル 4,330~4,340 1,770~1,790 1,605

先代モデルよりも大型化していますね。ヴェゼルとはっきりとサイズに差をつけることで差別化を図っているのでしょう。

1.5リッターVTECターボと2.0リッターハイブリッド

パワートレインは直噴1.L5直列4気筒DOHC VTECターボガソリンエンジンと2モーターハイブリッドシステムのスポーツ・ハイブリッドi-MMDを搭載した2.0Lのハイブリッドシステムの2種類です。

ガソリンエンジンはプラットフォームと同じく新型シビックにも搭載されているダウンサイジングユニットで、2.4Lエンジン並みの加速性能と高い燃費性能を誇るものに。最高出力は190ps/5600rpm、最大トルク240Nm/2,000-5,000rpmの数値を叩き出す高性能なエンジンです。

ハイブリッドシステムのスポーツ・ハイブリッドi-MMDはCR-Vが初搭載。2.0L直列4気筒DOHC i-VTECエンジンに2つのモーターを組み合わせたホンダの上級ハイブリッドシステムです。

エンジンの最高出力は145ps/6200rpm、最大トルク175Nm/4,000rpm、モーターは最高出力184ps/5,000-6,000rpm、最大トルク315Nm/0-2,000rpmという数値になっています。

今回のCR-Vの日本導入において、この新しいハイブリッドシステムの搭載が大きな話題となりました。2016年まで販売されていた旧モデルにはガソリン車のラインナップしかなかったので、CR-Vが日本に復活するにあたって新しいCR-Vであることを印象づける存在になっているようです。

新車情報カテゴリの最新記事