いまだ納車11ヶ月待ちの新型ホンダ・シビック タイプR!ホンダのレーシングスピリット、タイプRの歴史を振り返る!!

いまだ納車11ヶ月待ちの新型ホンダ・シビック タイプR!ホンダのレーシングスピリット、タイプRの歴史を振り返る!!

出典:http://motori.quotidiano.net/autoemotonews/nuova-honda-civic-type-r.htm

新型ホンダ・シビック タイプR(FK8)の特徴、ノーマルのハッチバックとの違いは?

2017年9月29日から新型シビックの発売が開始されました。

世界生産累計台数1億台を超えるホンダ車の4分の1を占めている車種で、非常にファンの多い車種です。

シビック タイプRの特徴や歴史を振り返ってみましょう。

出典:https://response.jp/article/2017/09/23/300145.html

新型シビックの特徴

10代目となる新型シビックはセダン、ハッチバック、タイプRの3種類で販売されています。クーペもありますが、日本国内では販売されていません。

新型シビックの特徴は、サイズアップ、1.5Lにダウンサイジングされたエンジン、ファミリーカーとしてもスポーツカーとしても乗れる万能さなどが挙げられます。

サイズアップしたものの、アコードほど大きくないのでフィットからの乗り換えを考えている人にとってはちょうど良い車といえるでしょう。

エンジンですが、最もパワーの弱いセダンでも最高出力は127kW[173PS]、最大トルクは220N・m[22.4kg・m]を誇り、1.5Lエンジンにしては十分なパワーがあります。

もちろんファミリーカーとして使用できますが、スポーツカーとして楽しみたい方はハッチバックで6速MTを選択することも出来ます。

用途を選ばない万能な一台といえるでしょう。

シビック タイプR(FK8)の特徴

シビック タイプR(FK8)は新型シビックのスポーツモデルで最もグレードの高いモデルです。

タイプRにのみ2.0Lのエンジンが搭載されており、最高出力は235kW[320PS]、最大トルクは400N・m[40.8kg・m]を誇ります。

これまでに販売されてきたシビック タイプRよりもパワーを向上させ、パワフルでありながらも安定した走りを実現させました。

シビック タイプRの歴史を振り返る

出典:https://www.carsensor.net/contents/testdrive/category_70/_61414.html

初代シビックが1972年に誕生して45年が経ち、歴史のある車となりました。

この機会にシビックの歴史について触れておきましょう。

初代シビックの登場

シビックといえばハッチバックのイメージが強いですが、初代シビックは2ドアセダンでした。

後に4ドアセダンや5ドアも発売され、これまで業績の悪かったホンダにとって復活となる世界的ヒットを記録しました。

4代目EF型シビック(グランドシビック)にVTECエンジン搭載車登場

グランドシビックと呼ばれる4代目EF型シビックは1987年に発売されました。

3代目と比較するとワイド&ローなデザインとなっています。

4代目の特徴は、マイナーチェンジ後B16A型VTECエンジンを採用した点です。走りの性能が大きく向上し、当時の1.6Lクラスの中で最高クラスでした。

人気を博した5代目EG型シビック(スポーツシビック)のSiR

5代目はスポーツシビックの愛称で知られています。

4代目シビックがスポーツカーのイメージが強くさせたので、その名称が付けられたようです。

新車情報カテゴリの最新記事