新型ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブルが登場、世界屈指の高級オープンカー!平成の天皇即位パレードで使用されたロールスとは親戚?!

新型ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブルが登場、世界屈指の高級オープンカー!平成の天皇即位パレードで使用されたロールスとは親戚?!
     
   

出典元:https://www.cornesmotors.com/bentley/detail/new_continental_gt_convertible

新型ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブルの特徴は?

出典元:https://www.cornesmotors.com/bentley/detail/new_continental_gt_convertible

3世代目も6リッターのW12気筒ツインターボエンジン搭載

昨年2018年の秋、フルモデルチェンジを受けた3代目となる新型コンチネンタルGTが日本にも上陸しました。

コンチネンタルGTといえば押しも押されぬクーペの名作。ベントレーならではのクラシックなスタイル、流れるような曲線を描くエクステリア、美しい贅を尽くしたインテリア。

そしてハイパワーなエンジンというスタイルはもちろん新型コンチネンタルGTにも踏襲されています。

そして今回新たにコンチネンタルGTの双子的な存在のコンチネンタルGT コンバーチブルが発表されました。

搭載されるエンジンは日本には2016年にデビューしたベントレー初のSUV、ベンテイガに使用された新世代6.0LW12気筒ツインターボエンジン。最高出力635ps、最大トルクは91.8kgmというハイパワーさも相変わらずです。

パナメーラと共通のプラットフォーム

今回の新型コンチネンタルGTコンバーチブルのプラットフォームは、ベントレーとポルシェが共同開発したMSBプラットフォームが採用されました。これは最新型のポルシェ・パナメーラに使用されているものと同じです。

パナメーラといえば911と並ぶポルシェを代表するスポーツカー。2016年7月にはパナメーラ・ターボがニュルブルクリンク北コースで7分38秒という好タイムを叩き出し、話題になりましたね。

タッチスクリーンとアナログメーターのローテーションディスプレー

出典元:https://www.cornesmotors.com/bentley/detail/new_continental_gt_convertible

新型コンチネンタルGTコンバーチブルのハイライトともいえるシステムがセンターコンソールに設置されたこの「ベントレーローテーションディスプレイ」でしょう。

一見すると重厚なインテリアの印象を損なわないウッドパネル。ですがひとたびエンジンを始動させると、ベントレー史上最大のサイズという12.3インチの高解像度MMIタッチスクリーンが姿を現します。

このタッチスクリーンは近接センサーが内蔵された最新式のもの。そしてもう一回転すると、次はコンパス、外気温計、クロノメーターの3つのアナログメーターを搭載した面が現れます。

最新のシステムを搭載しながらもベントレーのラグジュアリーで優美な雰囲気を大切にしています。美意識の高いオーナーもこの3面ユニットを持ったベントレーローテーションディスプレイならば満足できるのではないでしょうか。

内装で使用するレザーは牛9~10頭分

ベントレーのインテリアはその名に恥じない贅を尽くしたものであるのは皆さんご存知の通り。

今回のコンチネンタルGTコンバーチブルのインテリアに使用されているレザーの量は、なんと牛9~10等分に匹敵するとのこと。特に質のいい部分のレザーしか使用していないのでしょう。

ダイヤモンドステッチが施されたレザーシートの手触りは至福。運転席以外、車内の手が触れるところ全てといっても過言ではないほど贅沢にレザー使用されたインテリアのラグジュアリーさは他の追随を許しません。

新車情報カテゴリの最新記事