発売後1ヶ月で1万台受注した人気クロスオーバー、スバルXV!燃費や価格を人気SUVのCH-R・CX-3などと徹底比較!

発売後1ヶ月で1万台受注した人気クロスオーバー、スバルXV!燃費や価格を人気SUVのCH-R・CX-3などと徹底比較!
     
   

出典元:https://www.subaru.jp

SUBARUへの社名変更後初の新車となった現行のスバル・XV。

リリース後1ヶ月で1万台を超える受注があったとニュースにもなりましたね。

ここでは人気と注目を集めているスバル・XVを徹底的に見ていきましょう。ライバル車といわれるトヨタ・CH-Rやマツダ・CX-3などとも比較してみます。

スバルXVの魅力は?

出典元:https://www.subaru.jp

大人気となった現行スバル・XV。その魅力に迫ってみましょう。

ダイナミック&ソリッドな内外装デザイン

スバルのデザインフィロソフィー「Dynamic × Solid」を体現したエクステリアは、スバルならではの無骨さを感じさせながらも躍動感ある、飽きの来ないデザインとなっています。

ポジションランプは、スバルがアイデンティティだと語る自慢の水平対向エンジンSUBARU BOXERをイメージしたものに。

ボディカラーにも、サンシャインオレンジなど個性的なカラーを揃えました。

インテリアはアクセントとしてオレンジのステッチを使用することで、アクティブ感を演出。

質感にこだわったファブリックなどがクラフトマンシップを感じさせます。

高い走りの質感とシンメトリカルAWDによる安定性

水平対向エンジンSUBARU BOXERと、左右対称のパワートレーンで構成するスバル独自のシンメトリカルAWD。重心を下げ、安定した走りを実現します。

XVにおいては、アクティブトルクスプリットAWDを採用。これは走行状況や路面の状態を察知してその時々に最適なトルク配分を行い、高い走破性をもたらしています。

雪道や悪路等におけるタイヤ空転時などにエンジン・トランスミッション・AWD・VDCを制御し、ブレーキや駆動力を最適な状態にコントロールして脱出をスムースにするX-MODEを搭載。

加速性能の良さを引き上げるリニアトロックを採用、ダイレクトでパワフルな加速を実感。

最低地上高は200㎜と、雪道や舗装されていないような道を走る際でも安心です。

ハッチバックの基準となるパッケージング

日本の交通環境、駐車場事情にも配慮した最小回転半径5.4m、車高全高1550㎜と、取り回しよく、一般的な立体駐車場ならば問題なく駐車することができます。

広い居住空間を確保、前席の足元にゆとりを持たせドライバーに最適なドライビングポジションの確保を容易に。

ドアの開口部も広く設計され、乗り降りがスムーズなのはもちろん、荷物やチャイルドシートなどもスムーズに積み下ろしが可能です。

カーゴルームは用量385ℓ。リヤシートは6:4分割可倒式になっているので、アウトドアなどで大きな荷物も安心です。

進化したアイサイトと安全性能

2016年度の「予防安全性能アセスメント」において、最高ランクの「予防安全性能評価 ASV++」を獲得したアイサイト(ver.3)を搭載。

衝突の危険を察知して回避する「プリクラッシュブレーキ」や、安全な車間距離を保つ「全車速追従機能付クルーズコントロール」

車線のはみだしなどを抑制しステアリング操作を補助する「アクティブレーンキープ」

よく事故の原因ともなるAT社の誤操作による飛び出しなどを防ぐ「AT誤発進・誤後進抑制制御」を搭載。

さらにふらつきなどを察知してドライバーに知らせる「警報&お知らせ機能」など、進化した機能で安全運転をサポートします。

衝突安全として、7つの乗員保護エアバッグと歩行者保護エアバッグを標準装備。

トップクラスの安全性で、ドライバーをサポートします。

スバルXVのグレードによる装備の違いは?

出典元:https://www.subaru.jp

ここではグレード別に装備の違いを見ていきましょう。

1.6i アイサイト

現行XVのスタンダードモデルがこちら。

・1.6ℓ DOHCエンジン

・225/60R17タイヤ&17インチアルミホイール(切削光輝)

・リニアトロック

・アイサイト(ver.3)

・歩行者保護エアバッグ

・SRSサイドエアバッグ+SRSカーテンエアバッグ

・フルオートエアコン

1.6i-L アイサイト

このモデルからX-MODEを搭載。さらに快適な走りを高めました。

新車情報カテゴリの最新記事