ボルボ・新型XC60世界初公開! 洗練されたデザインと高出力のPHVに迫る

ボルボ・新型XC60世界初公開! 洗練されたデザインと高出力のPHVに迫る
     
   

「ボルボ・XC60」といえば、ボルボ社のセールスを牽引するミドルサイズ・SUVとして知られています。

初代XC60が発表されてから9年(日本での販売は2009年8月)が経ちましたが、現在開催中のジュネーブモーターショーにて、フルモデルチェンジとなる2代目ボルボ・XC60の発表がされました。いったい、新型XC60はどのようなクルマに仕上がっているのでしょうか。ここではその最新発表と今後の展望について語っていきます。

新型XC60はボルボ史上最も安全なクルマ

photo by AutoBild

ボルボ・XC60は、発売から9年で累計約100万台を売り上げ、ボルボの世界販売台数の約30%を占めている同社のベストセラーモンスターマシンです。

特筆すべき点は、SUVでありながら、ラグジュアリーかつ、3リッター6気筒エンジン搭載で、その「走り」も楽しませてくれたところでしょう。

高級車に負けない走りで世界を席巻したXC60ですが、現在開催中のジュネーブモーターショーでフルモデルチェンジの発表がアナウンス。さらなる飛躍があるのか?と期待の目が集まっていました。

そんな世界が注目する新型ですが、デザインやパワーに気を使っていることはもちろんのこと、より注目すべきは新たな3つの技術を惜しみなく使い、より安全なドライビングを可能にしている点です。

まず1つ目は、オートブレーキシステムの「シティセーフティ」にステアリングアシスト機能を追加しています。これは時速50~100キロでの走行中に作動し、オートブレーキだけでは衝突の回避が難しい場合にステアリング操作をアシストして前方の障害物を避けるサポートをしてくれます。

2つ目の技術は「オンカミング・レーン・ミティゲーション(正面衝突回避支援機能)」です。これはどのような機能かというと、意図しない走行車線からのはみ出しを検知してくれるシステムです。ドライバーに警告するとともに、ステアリングの自動アシストによって、はみ出した対向車線から元の車線に戻してくれます。

そして3つ目の技術は「BLIS(ブラインドスポット・インフォメーションシステム)」のステアリングアシスト機能を利用した車線変更時のリスクを低減です。車線変更の際、ミラーの死角に気づかずにクラクションを鳴らされたという経験はないでしょうか。あるいは、死角に気づかず事故してしまったというのも、良くある事故のケースです。

この機能では、死角に車両が存在する事を警告。事故の危険がある場合は、ステアリングを自動操作し、元の車線に戻して衝突をあらかじめ回避してくれます。

一昔前「ドイツ車、特にボルボは事故や衝突に強い」と言われていましたが、もうそんな時代ではないようです。

もちろんドイツ車が丈夫というのは、通説ですが「事故に強い」を通り越して、「事故しない」車作りがなされています。

新車情報カテゴリの最新記事