What’s New本日の注目記事、気になる情報を配信中!

【国沢光宏の言いたい放題】自動車評論家ってどんなお仕事なの?【最終回】

2018.03.28
新車購入キャンペーン

毎週水曜日更新!「国沢光宏の言いたい放題」

この動画は、自動車評論家の国沢光宏先生が、クルマにあまり詳しくない初心者に向けて、「分かりやすく」「言いたい放題」解説する動画です。

「言いたい放題」最終回!自動車評論家のお仕事を知ろう

半年にわたってクルマにまつわるアレコレを議論してきた「国沢光宏の言いたい放題」は今回が最終回!

最終回は「自動車評論家」にスポットを当て、どのような仕事なのかを改めて伺うとともに、今後の話をしていきます。

誰でもなれる!?自動車評論家ってどんな仕事?

牧野:最終回となる今回は、改めて国沢先生のお仕事、自動車評論家にテーマを合わせて、どういう仕事内容かということと、今後の話をしていきましょう。

国沢:まあ、いい加減な仕事ですよ。

緒方:そんなことありませんよ!

国沢:なるのも簡単で、名刺屋さんに行って、自動車評論家って書かれた名刺を作れば牧野君も今日から自動車評論家ですよ。

牧野:モータージャーナリストの集まりもありますよね?

国沢:AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)ね。別にそこに入らなければ仕事ができないというわけではないです。

牧野:というと、つまり名乗るのは勝手と言いますか……。

国沢:勝手ですよ。一番簡単な仕事ですよ。

牧野:いやいや、そんなことはないですよ。国沢先生ぐらいになるまではクルマにも詳しくならなければならないし、勉強も必要。いろいろな努力があると思うんです。

国沢:努力なんかしてないですよ。

緒方:元々クルマがお好きだったところから入られたんですか?

国沢:真面目な話、仕事をやろうと思って覚えようと思っても覚えることが多すぎて覚えられない。一番の問題はこの仕事をしていると遊んでいるようにしか見えないことなんですよ。サーキット行ってクルマに乗ってレポートしても「お前、遊んでるだろ……」とか言われちゃう。それで自動車メーカーの人とクルマについて好き勝手言い合って、適当なこと書いて、偉そうなにしてると思われている人もいっぱいいると思います。でも、最近になってもっと手ごわい仕事があるなって思ったんです。

緒方:なんですか?

国沢:ボート。船。船の仕事ってクルマよりもはるかに遊んでいるようにしか見えない。大変なんですよ?朝早く起きて、海が荒れてても乗らなきゃいけないし。でも楽しいんですよ。自動車評論家もいつも試乗会行ってクルマ乗って。もちろん皆さんの代わりに命をかけていろんなクルマの運転をして安全性を見極めているってことは言いますよ? でも乗っているときは楽しいんです。

新車購入キャンペーン

今からでも自動車評論家になれる4つの方法

牧野:やっぱり自動車評論家の仕事をしていると大変なこともあると思うんです。これまでご経験の中でそのようなことはありましたか?

国沢:一番大変なのは仕事が来ないことですよね。仕事が来なければただのクルマ好き。

牧野:会社勤めをしているわけじゃないですからね。売り込みなんかをかけたこともあるのでしょうか?

国沢:売り込んで売り込める世界じゃないんです。自動車メーカーに「私、自動車評論家やりたいんです」って言ってもクルマ貸してくれないし、取材もさせてくれない。

牧野:それでは、有名な自動車評論家になるためにはどうすれば良いのですか?

国沢:いくつか入り方があります。まずは自動車メーカーに入って基本的な技術を身に着けて、出版社に名刺を持って行くやり方。次にレーシングドライバーとか競技をやっていて、引退などの後に編集部へ行って仕事を振られることもあります。後は、編集部に入ること。出版社やネットの会社に入ってそこで仕事を覚えて独立する。最後にある程度有名な名の知れている人に弟子入りして3年間くらい修行をして紹介してもらう。この4つです。4つやれば95%くらいは飯が食えるようになりますよ。

牧野:ちなみに国沢先生はこの中のどこからなんですか?

国沢:私は雑誌の編集部だった。で、やめてフリーになったんです。編集部時代から私はアホらしい原稿を書くわけですよ。辞めたんだったらうちで書かないか?って話がいくつかあって、なんとなく今まで適当に来たんです。

牧野:今、自動車評論家を目指している方にとっては非常にためになるお話ですね。

国沢:3つ目の編集部に入るというやり方はWEBでも今なら求人が多いのでいいですよ。自動車メーカーに入った人はよっぽど嫌なことがない限り、この業界に来ないでメーカーに来ない方がいいのかな。レーシングドライバーはクルマ好きだったらいいけど、ただ単に早いだけじゃあ原稿も面白くないし、なかなか食えない。一番確実なのは誰かに弟子入り。だいたいなれると思います。

緒方:誰かの弟子までたどり着くのが難しそうですね。

牧野:ありがとうございます。国沢光宏の言いたい放題、これまで27回にわたってやっていきました。この辺りで締めたいと思います。皆さん、今までお付き合いいただきありがとうございました。また、どこかの機会でお会いいたしましょう。


文:イキクル編集部

新車購入キャンペーン

Follow on twitter