What’s New本日の注目記事、気になる情報を配信中!

アレもコレも逆、逆、逆!メルセデス・ベンツとBMWの設計思想はこうも違う。

2016.04.27

ドイツのメジャーなプレミアムカー・ブランドといえば……。誰もが真っ先に思い浮かべるのは、恐らくメルセデス・ベンツBMWではないでしょうか??

実は、この2ブランド、決して口にはしませんが、昔からお互いにライバル心を燃やし続けてきたんですね。

コッソリとパワーを競いあってる!?

例えば、馬力

BMWはスポーティー・ブランドですのでエンジンパワーもひとつの売りです。ですので、新型エンジンが出た際には馬力がどのくらい上がったなんてうたい文句を大々的にアピールすることがよくあります。

ですが、メルセデス・ベンツは高い安全性や環境に優しいことのアピールに力を入れていることもあって、 パワーアップを強調することは稀。

ところが、超高速で移動ができるアウトバーン(ドイツの高速道路で一部の区間では制限速度がありません)がある国のクルマですから、高性能であることが求められるプレミアムカーのパワーが低くてはお話しになりません。

当然、メルセデス・ベンツ車だってハイパワー。

しかも、BMWがパワーを向上させてると、メルセデス・ベンツもシッカリとそれに対処して、さらにそれを上回るパワーを達成してくるんですね。

決して公言しませんけど。

その証拠に、最新の競合車種となるCクラスと3シリーズの2リッター・ターボモデルの馬力は、まったく同じ135馬力。お互いに競争し合って、今は接戦となっている状態です。

iStock_000027034315_Small

同じコトはしない、真逆を選んじゃうの……。

そして、パワーで競い合っている事実よりも、さらに興味ぶかいのが、この2大メーカーは、さまざまな点において真逆のことを選ぶこと。

例えば、スイッチの配置についての考え方です。

BMWは、極力スイッチを減らして、ドライバーを惑わせない方がいいという考え方。そこで、ロータリー式のダイヤルを回したり押したりすることで、ありとあらゆる操作が可能となるiDriveなるシステムを開発しました。

情報は、メーターの横に設置された大型のディスプレイに表示されるので、前方を見ている状態からでも視線の移動が少ない。ただし、問題はひとつの目的を果たすのに、何回も階層を掘り下げて行かなければいけないのです。

感覚としては、PCでフォルダの中のフォルダを開いてファイルを探して開くといった感じでしょうか。

それに対して、メルセデス・ベンツはスイッチの数が多めです。正直に言えば、イチゲンさんは戸惑います。

しかし、慣れてしまえばチラッとスイッチに位置を確認するだけで、ワンプッシュで目的の操作を終えられる。 利便性は確かに高いです。

ここは、完全に思想がハッキリと分かれています。

シフト操作まで真逆なんかい!

また、ナビの拡大/縮小の方法もおもしろいモノで、BMWはダイヤルを時計回転に回すと拡大されますが、メルセデス・ベンツでは縮小。

ATのシフトレバーをマニュアルモードにいれて、自分でシフトダウンさせたい時の操作方法も両車では真逆。

BMWは奥に押し込むとシフトダウンですが、メルセデス・ベンツの場合は手前に引きます。

エンブレムまで左右が逆っ!

クルマの名前を表す車名のエンブレムが、リアに装着されていますが、メルセデス・ベンツとBMWの場合、モデル名とグレードがそれでわかるようになっています。

そして、そのエンブレムはトランクフードなり、リアハッチなりに装着されているのですが、 メルセデス・ベンツは左側に、BMWでは右側についているんですね。

そこまで差別化する!?

BMW Logo

研究開発の結果とはいえ……。

しかし、これらはいたずらに逆のことを両方のメーカーがやっているわけではなく、シッカリとした独自の研究開発結果にもとづいて、最善を尽くすために採用しているわけです。

プレミアム・メーカーとして、最高のプロダクトを追求した結果出てきた答えであることは間違いありません。

あっ! 例外もあったりして………。

ですが、最後に1点だけ例外をご紹介しましょう。

メルセデス・ベンツは、昔から安全装備をいち早く開発して採用してきたメーカーとしても有名なのですが、 最近ではドアミラーにサイドウインカーを内蔵する特許を取得しています。

いまでは、多くのクルマが採用している方式ですが、最初にアレをやったのは、実はメルセデス・ベンツだったんですね。あのウインカーは、前からも横からも斜め後ろからも確認しやすく、安全性を高める効果がすごくある。

ですが、やはりBMWは使っていなかったわけです。

それが、最新モデルでは、ドアミラーにウインカーを内蔵するようになった。これは、少し意外なできごとでした。

やはり、いいアイディアは採り入れるべきなんでしょうね。

【関連記事】

これからの季節にぴったり!人気のオープンカー10車まとめ

【20種類】ベンツSSK〜FIATまで!ルパン三世の愛車の遍歴まとめ

私の頭の中のオトコ査定 Ver.3 ~ベンツオーナー編~

(Visited 12,139 times, 8 visits today)