かつて農道のポルシェと呼ばれたスバル・サンバー!ハイゼットトラック・バンのOEMになっても赤帽仕様は健在!話題の軽トラカスタムとは?

かつて農道のポルシェと呼ばれたスバル・サンバー!ハイゼットトラック・バンのOEMになっても赤帽仕様は健在!話題の軽トラカスタムとは?
     
   

出典元:https://www.subaru.jp

2012年に、惜しまれながらも自社生産を終了したスバル・サンバー。

半世紀を超えるその歴史を振り返りながら、多くのファンに愛された名車の実態に迫ります。

農道のポルシェと呼ばれたスバル・サンバーの歴史

サンバーというネーミングは、インドやスリランカに主に生息するシカの一種、水鹿(スイロク)の英名に因んでいるということ

水鹿は、湿地帯などの水辺に生息し、泥浴びが大好きだといいます。

悪路に強く、農道などでもシカのように力強くかつ軽快に走る、そんな意味が込められているようです。

ここでは、サンバーの辿ってきた歴史を見てみましょう。

初代サンバー

出典元:https://ja.wikipedia.org/wiki/スバル・サンバー

サンバーは1960年、東京モーターショーで披露され、翌1961年に市販された、スバルの中で一番古い商標を誇る歴史ある車種です。

初代サンバーは、1958年に航空機技術を取り入れ、量産型軽自動車として初の4人乗りを可能にし、当時ずば抜けた走行性能を誇ったスバル・360をベースに開発されました。

日本の自動車史を語る上では欠かせないこの名車の技術を、トラックに応用したのです。

前方視認性の良さ、積載能力を確保するために採用されたキャブオーバーレイアウトを取り入れました。

RR(リアエンジン)方式、横置きトーションバースプリングとトレーリングアームの組み合わせの四輪独立懸架で、当時抜群の乗り心地を実現。

当時の軽トラックでは珍しかったRRと四輪独立懸架というこのサンバーの特徴が、「農道のポルシェ」と呼ばれる所以です。

当然積み荷にも優しく、「サンバーならば豆腐の角が欠けない」という声もあったほどだとか。

デザインも、「てんとう虫」の愛称で親しまれたスバル・360の面影を感じさせるものとなっており、こちらは「クチビルサンバー」呼ばれました。

今見ても、レトロな雰囲気が愛らしいデザインですよね。

ニューサンバー

1966年に登場した2代目、「ニューサンバー」は、燃料タンクの大きさを変更、ガソリン満タンで500㎞の走行が可能に。

オプションではありますが副変速機も選べるようになりました。

1970年、ダミーグリルを装着した「ババーンサンバー」が発売され、1972年にはさらにダミーグリルが大型化した「すとろんぐサンバー」へと進化。

その名の通り、ちょっといかつい感じのデザインとなりました。

剛力サンバー

1973年には、従来の空冷エンジンから水冷エンジンに切り替えたモデル、「剛力サンバー」へと変化。

マイナーチェンジを繰り返し、1976年には排ガス規制の影響から「サンバー5」、翌年に「サンバー550」として550㏄のサンバーが登場しました。

1980年には、サンバーの評価を揺るぎないものにする四輪駆動の「Newサンバー」を発売。

軽トラック、軽キャブバンとして初めての四輪駆動は力強い走りが評価され、他社もサンバーの後に続いて四輪駆動を導入し、その後も四輪駆動が現在では一般化しています。

4代目、サンバートライの登場

1982年、ワンボックスタイプの「サンバートライ」が登場。

ここから4WD車に限ってではありますが、フロントサスペンションが変更され、マクファーソン・ストラット式へと変化。

1987年には商用バンが「サンバーバン」として、「サンバートライ」から分離することになります。

5代目、サンバーディアスとスーパーチャージャーエンジン搭載

1990年に5代目が登場、排気量は600㏄に。

4代目の「サンバートライ」の上位に位置する「サンバーディアス」と名付けられました。

4代目で変更されたフロントの足回りについては、マクファーソン・ストラット式はそのままに、ベンチレーテッド式ディスクブレーキに統一。

実は軽商用車にこのベンチレーテッド式ディスクブレーキを採用したのは、この5代目サンバーが初めてということ。

スーパーチャージャーエンジンを装着したものが登場したことも話題となりました。

最後のフルキャブサンバー

最後の自社生産サンバーとなる6代目は、1999年に登場。

時代に流れとともに、安全性への意識も向上し多くのメーカーがセミキャブに移行する中、「農道のポルシェ」の威信をかけてか、サンバーはフルキャブにこだわり続けました。

2000年には、サンバーEVが登場し、ここでも時代の変化を感じることができます。

マイナーチェンジを繰り返しつつ、2012年2月28日、生産終了となりました。

前年の2011年には、サンバー発売50周年を記念して特別仕様車「WR BLUE LIMITED」をトラックとバン2種で計1000台の限定販売を行い、サンバーの歴史に花を添えました。

ダイハツOEM

出典元:https://www.subaru.jp

2012年以降は、ダイハツのOEM供給となったサンバー。

ニュース・コラムカテゴリの最新記事