マツダ・CX-5がマイナーチェンジ!人気のSUVだけど一体どこがウリなの?

マツダ・CX-5がマイナーチェンジ!人気のSUVだけど一体どこがウリなの?

マツダが、CX-5のマイナーチェンジを発表。2月8日に予約を開始し、3月8日から発売することとなりました。

CX-5といえば、日本カー・オブ・ザ・イヤーの大賞にも選ばれたことがある人気のSUVです。一昨年フルモデルチェンジを遂げ、2代目となりましたが、今回はその2代目での初となるマイナーチェンジとなりました。

新しくなったCX-5は一体どこが変わったのでしょうか。今回は、マイナーチェンジの情報をお伝えするとともに、これまでのCX-5のレビューとオススメグレードも紹介します。なお、2代目CX-5のこれまでの情報は過去のイキクルでもお伝えしていますので、合わせてご覧ください。

【試乗レポート】さらに上質に。洗練された新型マツダ・CX-5特集!

マイナーチェンジしたCX-5はどう変わった?

今回のマイナーチェンジでは、昨年発売されたマツダ・CX-8にも搭載しているクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」を新たに搭載。さらに、ガソリンエンジンにも新技術を取り入れた「SKYACTIV-G 2.0」および「SKYACTIV-G 2.5」を採用しました。今回の改良により、ガソリンエンジン車では高速道路などの走行時、一定速度を保った状態での実燃費が向上。またディーゼルエンジン車では多人数での乗車時や荷物を載せた状態でも従来以上の快適な走りと実燃費の向上が実現しました。

また、エンジンだけでなく安全性能や利便性についても拡充されています。一部のグレードには「360°ビュー・モニター」をメーカーセットオプションで設定。車の前後左右にある4つのカメラ映像をさまざまな走行状況に応じて切り替えて、センターディスプレイに表示することで、死角や障害物との距離を目視で確認できるようになり、いち早い危険認知をサポートしてくれます。

その他、全グレードに「車速感応式オートドアロック(衝撃感知ドアロック解除システム付)」を標準装備や、インテリアの質感の向上、マツダコネクトの進化など、機能性が増し、ますます快適な車内環境が期待できると言えるでしょう。

なお、価格は249万4800円~352万6200円となっています。

ディーゼルとガソリンのどっちを選んだら維持費が安い?

carteacher

新車情報カテゴリの最新記事