【試乗レポート】さらに上質に。洗練された新型マツダ・CX-5特集!

【試乗レポート】さらに上質に。洗練された新型マツダ・CX-5特集!
     
   
写真は東京オートサロン2017のもの

2016年11月にフルモデルチェンジが発表、今月から発売が開始されたマツダ・CX-5。早速クルマ好きの間では話題の1台として、2017年初頭から台風の目となりそうな雰囲気です。今回はマツダのクルマづくりを大きく変えた先代の歴史を振り返りつつ、新型CX-5の性能や特徴など、その魅力について解説。さらに、実際に試乗してみましたので、そのレビューも行いたいと思います。これから購入を考えている方は、ぜひ参考になさってみてはいかがでしょうか。

 マツダ ・ CX-5 とは

photo by Norbert Aepli, Switzerland(CC 表示 3.0)

CX-5とは、マツダが製造、販売するクロスオーバーSUVのことをいいます。2012年、マツダの新世代技術である「SKYACTIVテクノロジー」をフル採用してデビューしました。SKYACTIVテクノロジーとは、エンジンやトランスミッション、プラットフォームを全面的に刷新し、車両全体を最適化するマツダの次世代キーテクノロジーのことを指します。燃焼効率に優れた「SKYACTIVエンジン」、上質な乗り心地を実現した「SKYACTIVシャシー」、軽量・高剛性の「SKYACTIVボディ」が三位一体となって、CX-5は優れたハンドリングや燃費性能を発揮。この性能が評価され、「2012-2013 日本カー・オブ・ザ・イヤー」を獲得。人気も上昇していってマツダ復活を大きく印象付けたモデルでした。

2代目CX-5、誕生

photo by 公式サイト

発売されるやいなや、マツダの看板車種となっていったCX-5。今では現行のマツダ車としては古い部類に入ってきており、モデルチェンジが待たれていました。2016年12月15日、ついにマツダは日本仕様の2代目CX-5を発表。発売は2017年2月2日から開始するとアナウンスされました。従来モデルと同様、ガソリンエンジン車とディーゼル車というラインナップでガソリン車は2リッターと2.5リッター、ディーゼル車は2.2リッターのエンジンが搭載されます。

さらに洗練されたスタイリングが魅力的

photo by 公式サイト

もっとも大きく変わったのは、スタイリングでしょう。先代から受け継がれる「魂動(こどう)」デザインをさらに進化させ、新たに「CAR AS ART」というデザインテーマを掲げました。日本古来の美意識を参考にしたとのことで、これまでさまざまなキャラクターラインを配してデザインされていたのをやめて、もっとシンプルにという「引き算の美学」でまとめられたデザインであるとデザイナーは語っています。先代のダイナミックさはそのままに、SUVとしての完成度をさらに高めたデザインといえるでしょう。

新カラーも登場、独創的技術をアピール

photo by 公式サイト

マツダはこれまでにも「ソウルレッドプレミアムメタリック」というボディカラーを独自の塗装技術「匠塗 TAKUMINURI」によって実現してきました。職人の手塗りのような濁りのない輝きとシャープな鮮やかさと深みを実現したこのカラーは、マツダのイメージカラーとして今ではすっかり定着しています。新型CX-5にはイメージカラーとして、新色である「ソウルレッドクリスタルメタリック」を設定。光が反射して見える部分(ハイライト)の鮮やかさと光が反射せず影になっている部分(シェード)の深みを際立たせ、魂動デザインをハイレベルなものへと昇華させているのです。

評価レビューカテゴリの最新記事