フォルクスワーゲン・パサートに新型オールトラック登場!ヴァリアント×TDIディーゼル×4モーションの組合せでレジャーユースに抜群の一台!

フォルクスワーゲン・パサートに新型オールトラック登場!ヴァリアント×TDIディーゼル×4モーションの組合せでレジャーユースに抜群の一台!
     
   

出典元:http://eurocarfans.jp/?p=7465

新型フォルクスワーゲン・パサート オールトラックの特徴は?

出典元:http://eurocarfans.jp/?p=7465

2018年10月31日から発売開始となったフォルクスワーゲン・パサート オールトラック

同社の車種で比較対象を挙げるとするなら、フォルクスワーゲンのワゴンの中でハイエンドモデルに位置するパサート ヴァリアントでしょうか。パサート ヴァリアントとボディシェルなどの基本構造はほとんど変わりません。

パサート ヴァリアントとの比較も交えながら、パサート オールトラックならではの魅力をご紹介します。

ヴァリアントより3センチ車高アップ、専用エクステリア

ヴァリアントといえば、タウンユースの快適性を持ちながら、アクティブレジャーを満喫したい方も大満足の機能が搭載されていますが、パサート オールトラックはヴァリアントよりも更に一歩、アウトドアユーザーに対して歩み寄っているのが特徴です。

その最たるものが地上高に現れています。接地面から車体までの高さはヴァリアントで13センチ、オールトラックでは16センチ。たった3センチの差がどれほどの意味を成すかは、積極的に悪路を走る方や雪道走行の機会が多いドライバーでなくてもお分かりいただけるのではないでしょうか。

専用エクステリアとしてフロント・リアの両バンパーを守るアンダーガードが取り付けられています。またルーフレールは純正のキャリングロッドと好相性であり、取り付けのしやすさはもちろんのこと、車体の曲線美を引き立てるシルバーカラー。

更に後部座席のガラスにはUVカット仕様のダークティンテッドガラスを採用しているため、日差しが強い真夏や照り返しがキツい雪道のドライブでの紫外線ダメージも怖くありません。プライバシーも守られますね。

TDIクリーンディーゼルエンジンと6速DSG

パサート オールトラックのエンジンは2.0L TDIを採用しています。また、BlueMotion Technologyによるアイドリングストップやエネルギー回生システムが稼働することにより、JC08モードで17.3km/Lという低燃費を実現。

さらに世界で最も厳しいといわれている「ポスト新長期排ガス規格」をクリアする排ガス浄化システムを取り入れており、今後も確実に求められる高い環境性能を持っています。

しかし走行性能を犠牲にしないのがパサート オールトラックです。ガソリン車に匹敵する190psという最高出力と、ガソリン車を圧倒する400Nmという最大トルクを持ち合わせ、低速から高速までパワフルかつ安定した走行が可能です。

トランスミッションには6速のDSGを採用し、ドライバーの意図をタイムラグを挟まずスムーズに車体へと伝えてくれます。この変速機能もまた、パサート オールトラックの燃費低減に一役買っているのでしょう。

現行パサート唯一の4WD、オフロードモード搭載

パサートシリーズの中で初めての4WD車となったオールトラックは、駆動状態を細かく制御して安定感を引き出す「4モーション(フルタイム4輪駆動)」を搭載しています。重量や速度により最適なトルク配分がなされるのは、アクティブシーンだけでなくデイリーユースでも嬉しい機能ですね。

悪路や雪道における安全性を、車のプログラムからアシストしてくれるのがパサート オールトラックの大きな特徴です。

新車情報カテゴリの最新記事