【車購入の基礎知識】自動車保険にはどんな種類がある?等級や年齢ごとにおすすめの保険会社はどれ?

【車購入の基礎知識】自動車保険にはどんな種類がある?等級や年齢ごとにおすすめの保険会社はどれ?
     
   

出典元:http://kakaku.com/kuruma_hoken/

自賠責保険と任意保険の2種類の自動車保険の違いは?

出典元:https://index-journey.com/subaru-insurance/

自賠責保険

車の保険には二種類あります。

それは、自賠責保険任意保険です。

自賠責保険はいわゆる強制保険と呼ばれるものです。

自賠責保険は、正式名称を自動車損害賠償責任保険といいます。

自動車の事故などで人に損害を与えた場合に賠償をするための保険です。

自動車及び原動機付自転車に乗る人は全員加入することが必須となっています。

傷害で最高120万円、死亡で最高3000万円、後遺障害が残る場合は最高で4000万円が保障の範囲となっています。

任意保険

任意保険は、文字通り任意で加入する自動車の保険となっています。

しかし、自賠責保険では保障の範囲が狭いため、何かあったときにその補償で賄えることはほとんどありません。

例えば、対人賠償に関しては自賠責の範囲で収まることはまれなケースです。

また、対物や自身の怪我に関しては自賠責では補償がされません。

自動車の事故では、相手の怪我の保証、壊してしまった相手や自分の車、また建物や自分の怪我など、高額になるケースがほとんどです。

ですから、そんな万が一の事故に備えて任意保険も併せて掛けておくことが一般的となっているのです。

任意保険の種類と内容はどんなものがある?選ばなくてはいけないのはどれ?

出典元:http://kuruma.kjoi.net/img/ilm03_aa08012-s.jpg

対人賠償保険

任意保険は大きく四つの補償に分かれています。

それは、対人、対物、人身傷害、車両保険の四つです。

対人賠償保険は自動車事故で損害を与えた相手への賠償を補償する保険です。

相手にもしものことがあった場合は、何千万、下手をすると1億を超える賠償責任を問われることがあるため、基本的には無制限でかけることが一般的です。

対物賠償保険

対物賠償保険は自動車事故で損害を与えた他人の財物、車や建物に対する損害賠償を補償する保険です。

こちらも無制限で入ることが一般的です。

人身傷害補償保険

人身傷害保険は契約している自動車に搭乗している人が怪我や死亡した場合に保険金を受け取ることができる補償です。

一般的にはだいたい3000万円から7000万円ほどの金額で保険を掛けることが多くなっています。

また、職業などによっては、損失としてはより大きくなるケースもあり、1億、または無制限で保険を掛けることもできます。

車両保険

車両保険は保険契約をしている車の損害に対して支払われる保険です。

新車情報カテゴリの最新記事