ココロオドル車たち!働く車両を大特集

ココロオドル車たち!働く車両を大特集
     
   

警察や消防、工事など、世の中の働く現場には、個性的&特徴的な車両がさまざま存在しています。どこか懐かしくもあり憧れる、そして何よりココロオドル。そんな働くクルマに焦点を充ててご紹介したいと思います。

パトカー

様々な犯罪を取り締まるパトカーは、働く車の代名詞ともいえるでしょう。

パトカーの特徴はなんといってもその種類の豊富さ、高速道道路や一般道など場所と用途によって、様々な車種が警察車両として活躍しています。一時期、日産スカイラインGT-Rベースのパトカーには警察専用のチューニングが施されているとウワサされ、市販のクルマにも警察仕様のパーツが存在する等と言われていました。そんなウワサが立つほど、警察車両には特別感があります。

%e3%83%91%e3%83%88%e3%82%ab%e3%83%bc

photo by Douglas Paul Perkins(CC BY 3.0)

救急車

パトカーと肩を並べるほど働く車両の代表格といえば、やはり救急車です。道を空ける一般車両を尻目に、サイレンを鳴らしながら走る姿はやはりカッコいいですよね。病人やケガ人などによる緊急発動のため走る姿をみることは決して縁起の良いものではありませんが、信号を気にせず道路を走り抜ける姿は圧巻のひと言に尽きます。

%e6%95%91%e6%80%a5%e8%bb%8a

photo by Kawagchi F.D.(CC BY 3.0)

消防車

働く車両といえば、消防車も忘れていけません。実はこの消防車、ベース車が異なる様々なバリエーションが存在しているんです。各自治体の市民で構成される消防団には、小型トラックをベースにポンプやホースを装備した小さな車両が割り当てられます。日常良く見かけるハシゴ車や大型の消防車には消防団を本職とする方々が乗っています。火事の現場に小さな消防車が駆けつけてきたら、それは地域で暮らす勇敢な消防団員なのです。

%e6%b6%88%e9%98%b2%e8%bb%8a

photo by Kawagchi F.D.(CC BY 3.0)

ダンプカー

工事現場には欠かせないダンプカーも、働く車両の代表格。軽自動車にも油圧式の荷台を装備したトラック仕様車が存在しますが、やはり一度乗ってみたいとなれば大型のトラック一択でしょう。たくましいおっちゃん、お兄ちゃんが操るちょっと強面なダンプカーには、妖しい魅力があふれています。一時期漫画「ワンピース」の海賊期を車内に飾るのがダンプ乗りの間で流行っていたようですが、そんな独自文化も魅力のひとつです。

軽タイプ

%e3%83%80%e3%83%b3%e3%83%97%e3%82%ab%e3%83%bc%e8%bb%bd

photo by Tennen-Gas(CC BY 3.0)

大型タイプ

%e3%83%80%e3%83%b3%e3%83%97%e3%82%ab%e3%83%bc

新車情報カテゴリの最新記事