アルファロメオ・4Cにカーボンルーフやアクラポマフラーを装備した限定モデル登場!センス抜群なモデルスパイダー イタリアも同時発売!

アルファロメオ・4Cにカーボンルーフやアクラポマフラーを装備した限定モデル登場!センス抜群なモデルスパイダー イタリアも同時発売!
     
   

出典元:https://www.alfaromeo-jp.com/models/4c/limited/4c-competizione/

アルファロメオ・4Cはどんな車?

出典元:https://www.alfaromeo-jp.com/models/4c/#_

フルカーボンモノコックを採用した2シーターのライトウェイトスポーツカー

4Cはアルファロメオ初となるミッドシップの量産車として2013年に登場しました。先だって2011年のジュネーブモーターショーでコンセプトモデルである「アルファロメオ4Cコンセプト」が発表されていましたが、正式な市販モデルの登場まで2年を要することになります。

このモデルの一番の特徴は軽量素材であるフルカーボンのモノコックボディを使用したことでしょう。車両重量は1,100㎏(日本仕様)という驚きのライトウェイトスポーツカーになっています。

1.8リッター直4ターボエンジンをミッドシップに搭載、6速DCT採用

搭載されているエンジンは1.8Lの直列4気筒ターボエンジン。4Cというモデル名の由来にもなっています。

エンジンはコックピット後方に横置きされたミッドシップ、これはアルファロメオ市販車としては初のことでかなり注目を集めました。最高出力240ps、最大トルク350Nmを発揮します。

トランスミッションにはシーケンシャルシフトのマニュアルモードとオートマチックモードのイージードライブを自在に使い分けることが可能な最新の6速乾式デュアルトランスミッションが搭載されました。

スペック以上に爆音、刺激的な走り

エンジンスペックのみを見ると、もっとハイパワーでトルクが太いスーパーカーが多い昨今、そこまでの走りは期待できないのではないか、と思われた方もいるのではないでしょうか。

でもそんな心配はこの4Cに限っては無用です。先にも少し述べましたがカーボン製のボディとなったことでかなり軽量化しパワーウェイトレシオは3.73㎏/psとなり、かなり優れた加速性能を持っています。

その結果、排気量が2Lに満たないモデルとな思えないほどの刺激的な走りと高いパフォーマンスを実現。もちろん心地よい爆音も響かせてくれます。

小さな手に入れやすいスーパースポーツカー、まさにそのコンセプトを体感できる仕上がりになっています。

スパイダーもラインナップ

2ドアクーペモデルが登場してから2年後の2015年には、ソフトトップの4Cスパイダーが発売されました。搭載されるエンジンやトランスミッションはクーペと同じものです。

レーシングカーのようにボディにはカーボンファイバーやアルミニウム、最先端複合材であるガラス繊維強化樹脂SMCが使用されました。

アルファロメオ・4CとライバルのMRライトウェイトスポーツカーとスペックを比較すると?

ロータス・エリーゼ スプリント220

出典元:http://www.lotus-cars.jp/our-cars/current-range/elise-sprint-220.html#gallery

エリーゼ スプリントは乾燥重量800㎏を切る超軽量のMRライトウェイトスポーツカーとして人気があるモデルです。

カーボンファイバーエアロパーツの使用はもちろん、リチウムイオンバッテリーやカーボンファイバー製のレースシート、リアウィンドウにはポリカーボネート製のものを使用するなど、徹底した軽量化を行っています。

アルピーヌ・A110 リネージ

新車情報カテゴリの最新記事