アストンマーティン・V12ヴァンテージに“V600”を冠した限定モデル登場!7速MT搭載、クーペ・ロードスター各7台のみ完全受注生産!

アストンマーティン・V12ヴァンテージに“V600”を冠した限定モデル登場!7速MT搭載、クーペ・ロードスター各7台のみ完全受注生産!

出典元:http://www.hakko-group.co.jp/tps/aston/2018/05/180511-aston-martin-v12-vantage-v600.html

アストンマーティン・V12ヴァンテージV600の特徴は?通常モデルとの違いは?

出典元:https://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20180511-10308909-carview/4/#contents

Q byアストンマーティンによるビスポークモデル

この限定モデルはアストンマーティンのビスポーク部門、Q byアストンマーティンの手が加えられた非常に特別なモデルとなりました。

ビスポークとは、顧客の要望を取り入れて製作される別注のことを指します。

ただのカスタマイズ部門ではなくあくまでもビスポーク部門というところが何ともこのメーカーらしい、というか英国らしい感じを受けますね。

日本ではあまり一般的ではないかもしれませんが、イギリスではスーツや革靴などのビスポークがとても浸透しています。

自分に合った上質なものを仕立てて大切に使用する、そういったことが日常に馴染んでいるようです。その習慣が車にも活かされているのでしょう。

V12ヴァンテージV600のような特別な車はそれだけでも満足度は高いと思いますが、更にビスポークできるとなればオーナーの所有する喜びもひとしお、愛着もさらに強くなるのではないでしょうか。

アストンマーティンの担当者は今回のV12ヴァンテージV600について、”顧客はデザイン担当者とQ byアストンマーティンと話し合いながらカスタムモデルを作り上げることができる”と語っています。

最も、V12ヴァンテージV600はすでに美しく完成されていて、これ以上手を加える必要はないのではとも感じるのですが、如何でしょうか。

600馬力の自然吸気V12気筒エンジン、7速MTを搭載

アストンマーティンのアイデンティティともいえるV12エンジン。多くのファンが存在し、その性能も素晴らしいと定評がありますが時代の流れからは取り残されつつあります。

年々厳しくなっていく排ガス規制に対応しきれず、搭載モデルも減少、現在わずかに残っている搭載モデルもいつエンジン変更になるかわからないといいます。

環境のことを考えれば仕方のないことなのですが、車好きにとっては一つの時代が終わるかのようで寂しくもありますね。

今回のV12ヴァンテージV600では、その名の示す通り600馬力のV12自然吸気エンジン、そして7速MTが搭載されます。

いずれ消えゆく運命のかつての名エンジン、今回の限定モデルで有終の美を飾ることができたといえるのかもしれません。

フルカーボンのエクステリア

エクステリアは見るからにレーシー。威圧感を感じるほどの迫力を放っています。

フルカーボンのエクステリアはフロントグリルもブラックアウト、ヘッドライト以外のパーツの存在をまるで感じさせないような一体感ある仕上がりになっています。

特徴的なのは細かい孔が開けられたパワーバルジ。エア抜きや軽量化などといった実用面でももちろん大きな役割を果たしていますが、デザイン面においても独特の雰囲気を醸し出しています。

どこから見ても現代風にアップデートされた王道スポーツカー、その貫禄は十分です。

カーボンとアルミを多用したインテリア、専用のインフォテインメントシステムダイヤル

インテリアもエクステリアから受ける印象を損なわないクールで洗練されたものに。

カーボンやダークアルマイト仕上げが施されたアルミニウムトリムを使用してそのイメージをキープしています。

削り出しのシフトレバー、パワーバルジとリンクするような穿孔パターンが印象的な軽量ドライバーズシート、このモデル専用のドライバー・インフォメーション・ダイヤルも装備されています。

carteacher

新車情報カテゴリの最新記事