2018年夏にホンダ・CR-Vが国内復活!ティザーサイトでプロトタイプ試乗会の先行抽選受付スタート!!

2018年夏にホンダ・CR-Vが国内復活!ティザーサイトでプロトタイプ試乗会の先行抽選受付スタート!!
     
   

出典元:http://car-moby.jp/category/automobile-news/288252

海外ではすでに販売スタートしている新型ホンダ・CR-Vの特徴は?

出典元:http://car-report.jp/blog-entry-826.html

すでに海外では販売が開始されているCR-Vが少し遅れて日本でも販売されることが決定しました。海外で販売されているCR-Vとはどのような違いがあるのか、詳しく掘り下げてみましょう。

ハイブリッドモデルと3列シート7人乗り設定もある1.5Lターボモデル

日本で発売されるモデルはハイブリッドモデルと1.5Lターボモデルの2種類が予定されています。また、1.5Lターボモデルでは7人乗りの3列シートを選択することが可能です。

2列シートよりも車両本体価格は高くなると思われますが、大人数での乗車がある場合は是非とも3列シートモデルを購入したいところですね。

ホンダセンシング標準搭載

ホンダの車種には続々と搭載されてきているホンダセンシングですが、CR-Vにももちろん搭載されています。標準で全車種に搭載されているというのも非常に大きなポイントといえるでしょう。

ホンダセンシングを使用すること安全性能が向上するのはもちろんですが、それ以外にも運転のストレスや疲労軽減にも繋がりますね。

シートヒーター、パワーシートなど装備充実

ホンダセンシング以外にも運転席、助手席のシートヒーター、運転席の8ウェイパワーシートなど多くの装備が標準で搭載されています。この辺りの嬉しい装備が標準で付いてくるのは非常にありがたいですね。

また、パワーシートに関してはオプションで助手席にも付けることが出来るので、手間も省けて快適なカーライフを過ごすことが出来るでしょう。

富士スピードウェイで行われる新型CR-Vプロトタイプ試乗会

2018年7月7日〜8日に富士スピードウェイで「Enjoy Honda 2018」が開催されます。「Enjoy Honda 2018」のコンセプトは「見て、遊んで、体感する」です

試乗会、トークイベント、バイクショーなど様々なイベントがあり、CR-Vプロトタイプも試乗会にラインナップされています。試乗会は抽選のため募集は締め切られていますが、富士スピードウェイでCR-Vが走る姿を先取りできるかもしれませんよ。

新型のボディサイズは?ホンダ・CR-Vの歴代モデルとスペックを比較!

CR-Vの公式ホームページに記載されているキャッチコピーは「日本で生まれ、世界で鍛えた」です。この言葉は何を表わしているのか、CR-Vの歴史を掘り下げてみると理解出来るでしょう。

初代からまとめて振り返ってみましょう。

初代CR-V(RD1/2)

出典元:https://www.croooober.com/feature/2582799 

初代CR-Vはシビックをモデルとして1995年に誕生しました。ホンダにとって初となるSUVモデルでした。他社ではSUVを先に販売しているところもあったようですが、日本ではSUVの第一人者的な存在とされています。

日本での売れ行きが好調で、マイナーチェンジ後には海外にも販売拠点を広げることとなりました。

新車情報カテゴリの最新記事