光岡の創業50周年記念モデル、ロックスターの予約受注開始!ロードスターをベースにC2コルベット風のボディを架装!

光岡の創業50周年記念モデル、ロックスターの予約受注開始!ロードスターをベースにC2コルベット風のボディを架装!
     
   

出典元:https://kuruma-news.jp/photo/108368#photo1

光岡・ロックスターとはどんな車?スペックや価格は?

出典元:https://www.mitsuoka-motor.com/rock_star/

マツダ・ロードスター(ND)ベースにC2コルベット風デザインのボディ

今回のロックスターのベースとなっているのは現行型のマツダ・ロードスター。いわずと知れた名車中の名車、オープンカーの代名詞ともいえるモデルです。

初代ロードスターが誕生したのは1989年(当初はユーノス・ロードスターとして発売、誕生から約10年後の1998年にマツダ・ロードスターと名称変更)。日本のみならず世界的に評価され、大人気を博したモデルです。40代以上の方には、マツダといえばロードスター、というイメージがある方も多くいることでしょう。

実はロードスターは、「世界で最も多く生産された2人乗り小型オープンスポーツカー」としてギネスの認定を受けているんですよ。

現行モデルは2015年に登場した4代目。先代よりもワイド&ローなボディとなったほか、軽量化し車両重量は990㎏を実現。マツダの走りのコンセプト「人馬一体」を実現しています。

ロックスターはこのロードスターをベースにしてこれまた古き良き名車、シボレー・コルベットの2代目となるモデル、コルベット・スティングレイを彷彿とさせるスタイリングを施したものになっています。

【全国OK!】光岡でもどんなメーカーも車種もお任せ!新車購入するならイキクルが最大値引きディーラーご紹介!

エンジンはノーマルの1.5リッターエンジン、MTもラインナップ

ロックスターに搭載されるエンジンはマツダ・ロードスターに搭載されている1.5L直4気筒ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 1.5」の1種類。最高出力132ps、最大トルク152Nmを発揮します。

トランスミッションは6速ATに加えて6速MTの「SKYACTIV-MT」もラインナップ。パワートレインについてはロードスターのものを手を加えずに使用されているようです。

グレードはSとSスペシャルねパッケージ、ボディカラーは全6色

グレードはS、Sスペシャルパッケージの2種類。MT車には両方が設定されていますが、AT車ではSスペシャルパッケージのみとなっています。

スペシャルパッケージにはフルオートエアコンや2個のカップホルダー、インテリジェント・ドライブ・マスター(i-DM)、コマンダーコントロールなどが装備されます。

ボディカラーは6色がラインナップされました。鮮やかなロサンゼルス・ブルー、シカゴ・レッド、シスコ・オレンジ、アリゾナ・イエロー、そしてニューヨーク・ブラック、ワシントン・ホワイトです。

どのカラーにもアメリカの都市名が冠されていますね。コルベット・スティングレイが活躍していた当時のアメリカを体現しているかのようです。

カラードソフトトップ/ピラーや専用ホイール、レザーシートなどのオプション

今回のロックスターには、オプションも豊富に用意されています。ダークレッドなどの4色から選べるカラードソフトトップ、ピラーやドアミラーもボディカラーに合わせてチェンジが可能。

フロントエンブレムもカラー違いが用意されています。

新車情報カテゴリの最新記事