覆面パトカーの特徴やナンバーの見分け方を徹底解説!クラウン・マークXはじめ高速道路で覆パトの可能性がある車種リストはこれ!

覆面パトカーの特徴やナンバーの見分け方を徹底解説!クラウン・マークXはじめ高速道路で覆パトの可能性がある車種リストはこれ!
     
   

街の治安や交通安全を守るために必要不可欠なパトカー。つねに安全運転に注意しているつもりでも、ちょっとした油断で交通違反切符を切られてしまうこともあるものです。

パトカーといえば白と黒のボディに赤色灯のスタイルはおなじみですが、なかには一般車両と見分けがつかない覆面パトカーも存在します。

そんな覆面パトカーにはどんな種類があるのか、あらかじめ知っておくことで安全運転に対する意識をさらに高めることにもつながることでしょう。

今回は覆面パトカーの見分け方や車種などを具体的に紹介していきます。

覆面パトカーとは?

覆面パトカーの特徴やナンバーの見分け方を徹底解説!

覆面パトカーには交通取締用、捜査用、警護用が存在

一口に覆面パトカーといっても、じつは「交通取締用」、「捜査用」、「警護用」と3つのタイプに分けられます。

交通取締用は一般道や高速道路などで交通違反の取り締まりを行う際に利用する覆面パトカーで、車に乗るユーザーにとっては身近な覆面パトカーといえるでしょう。高速道路などで取り締まりを行っている光景を一度は目にした方も多いのではないでしょうか。

捜査用の覆面パトカーは、いわゆる刑事が事件捜査のために使用するものです。ドラマなどで目にしたことも多いと思いますが、日常生活のなかでは目にしたことがないという方も多いでしょう。

警護用の覆面パトカーとは、政府関係者や要人などのVIPを警護するために使用されるものです。

覆面パトカーの特徴は?一般車両との違いは?

覆面パトカーの特徴やナンバーの見分け方を徹底解説!

覆面パトカーは一見すると一般車両と見分けがつかないものがほとんどですが、それでもいくつかのポイントを見極めることでその違いを判断することができます。

必ずしも全ての覆面パトカーに共通するものではありませんが、ひとつの材料として覚えておくと良いでしょう。

まずは覆面パトカーを見極めるための外観上の特徴から紹介していきましょう。

覆面パトカーのアンテナの違い

パトカーに必要不可欠な装備に警察無線があります。他の警察官へ応援要請をしたり、警察本部への報告を行ったりと、さまざまな場面で活躍する警察無線。当然のことながら無線装置である以上、送受信するためのアンテナが必要となります。

トランクルームやルーフの上に一般の車両では見慣れないアンテナが付いている場合は覆面パトカーである可能性があります。ただし、最近では覆面パトカーも進化を遂げてアンテナ自体が小型化していたり、そもそもアンテナが目立たない位置に付けられているケースもあります。

覆面パトカーのエンブレムの違い

覆面パトカーには車種を表すエンブレムの仕様も一般車両と違いがあることが多いです。たとえばパトカーでおなじみの車種であるクラウンの場合、一般車両には「HYBRID」や「Royal Saloon」といったエンブレムが付いていることがほとんどですが、覆面パトカーの場合はエンブレムが装着されていないケースもあります。

単に「CROWN」というエンブレムのみのため、どこか不自然に感じる方も少なくないはずです。

覆面パトカーのルームミラーの違い

覆面パトカーの室内の特徴として挙げられるのがルームミラーの数です。当然のことながら一般車両のルームミラーは1つだけですが、覆面パトカーの場合は必ず2つのルームミラーが装着されています。

覆面パトカーには必ず2名の警察官が乗車しますが、2名の警察官がそれぞれ後続車両の状態を確認するために2つのルームミラーが必要となります。後続の状態でもルームミラーを確認することはできるため、手軽で信頼性の高い見分け方といえるでしょう。

覆面パトカーのフロントグリルの違い(警光灯内蔵)

覆面パトカーの特徴やナンバーの見分け方を徹底解説!

覆面パトカーが赤色灯を回転させながら走行している姿を見ると分かりますが、実はルーフの上にある赤色灯以外にもフロントグリルに赤色の警光灯が装着されています。クラウンの場合は前面にあるエンブレムを挟んだ位置に装着されることが多いですが、車種によっても取り付け位置は微妙に異なります。

新車情報カテゴリの最新記事