フォルクスワーゲン・パサートにディーゼルモデル追加!ライバルのCクラスや3シリーズと燃費や価格を徹底比較!

フォルクスワーゲン・パサートにディーゼルモデル追加!ライバルのCクラスや3シリーズと燃費や価格を徹底比較!

出典元:https://www.volkswagen.co.jp

パサート/パサート ヴァリアントに追加されたディーゼルモデルTDIの特徴とは?

フォルクスワーゲンの誇る歴史あるモデル、パサート/パサート ヴァリアントについにディーゼルモデルが登場しましたね。日本では盛り上がりつつあるディーゼル市場を新たに賑わすことになりそうです。

現行モデルの概要

出典元:https://www.volkswagen.co.jp

2012年から始まったフォルクスワーゲンの設計方針「MQB」をもとに開発されたのが現行の8代目です。

これまでよりワイド&ローなボディ、サイドにはフロントからリヤまでまっすぐに走るラインが高級感を醸し出し、躍動感のある印象。

ラジエーターグリルには3本のクロムバーを配置、パサート/パサート ヴァリアントのスタイルを特徴づけています。

2015年のガソリン車に続いて2016年にはプラグインハイブリッドモデルが登場。今回のディーゼル車の導入で3形態が揃うことになりますね。

インテリア・走行性能・先進装備

フォルクスワーゲンの人気車、ゴルフを凌駕する高級感のあるインテリアが特徴。

ラジエーターグリルの精悍な印象をインテリアにも反映させ、インパネにも大胆にストライプを配置。

ラゲージルームの広さもこのパサート/パサート ヴァリアントの魅力のうちの一つ。パサートで586ℓ、パサート ヴァリアントは設定によって650~1780ℓの大容量。

幅広いシーンでの活躍が期待できますね。

計器類も、高解像度ディスプレイに映し出されるのフルデジタルメーターを装備、そしてパサートシリーズ専用に開発された次世代のヘッドライトなど、先進装備の豊富さも魅了ですね。

2.0TDIエンジン

日本初登場となるワーゲンのディーゼルエンジンは、最新技術を惜しみなく投入して開発された新世代2.0TDIエンジンを搭載。

それ程負荷がかかっていない時には4気筒の内2気筒を休止させて燃費を抑えるアクティブシリンダーマネジメントを採用しています。

最高出力は190ps、最大トルク400Nmと力強い走りが期待できる仕様になりました。

ディーゼル車の特徴ともいうべき加速の快適さはもちろん、優れた燃費性能・環境性能を実現。ディーゼル車に厳しい規制として知られるポスト新長期排ガス規制に適応しています。

エレガンスライン・ハイラインの装備の違い

エレガンスラインはインテリアにアルミニウムデコラティブパネルを効果的に配し、高級感がありながらもスポーティな印象に。

10スポークの17インチアルミホイールを標準装備し、専用LEDヘッドライト、LEDテールランプ、UVカット機能付きのダークティンティッドガラスがより洗練された上質感を醸し出しています。

ハイラインはフォルクスワーゲンの粋を集めた、とことんまでパサート/パサート ヴァリアントを味わえるモデル

ナパレザーシートは上質感あふれる空間を車内に作り出し、シートヒーターやマッサージ機能が快適なドライブを実現します。

アルミホイールには18インチを採用、よりスタイリッシュかつスポーティな装いが特徴です。

パサート/パサート ヴァリアントのガソリンモデル、プラグインハイブリッドとの違いは?

出典元:https://www.volkswagen.co.jp

1.4TSI

フォルクスワーゲンのメインユニットの一つである1.4ℓTSIエンジンを搭載したモデル。

新車情報カテゴリの最新記事