fbpx

ブラック基調のクールな特別仕様車、ホンダ・N-BOX /(Nボックススラッシュ)のインディロックスタイル!スチールホイールがあえてお洒落、ベース車にないカラーも設定!

ブラック基調のクールな特別仕様車、ホンダ・N-BOX /(Nボックススラッシュ)のインディロックスタイル!スチールホイールがあえてお洒落、ベース車にないカラーも設定!
     
   

出典元:https://www.honda.co.jp/Nboxslash/webcatalog/styling/design/

ホンダ・N-BOX /(Nボックススラッシュ)はどんな車?

出典元:https://www.honda.co.jp/Nboxslash/webcatalog/styling/design/

昨今軽自動車市場で圧倒的に人気を誇っているのは、大きく広々とした内装のトールワゴン型です。軽自動車が選ばれる理由はその手軽さが大半でしょう。加えて広くて過ごしやすい車内、荷物がたくさん載せられたりするのも支持される理由でしょうね。

そんなトールワゴン型の中でも、あらゆる軽自動車を抑えて日本一売れているのがホンダ・N-BOXです。2012年には派生車種N-BOX+を発売。そして今回紹介するのは2014年に発売されたN-BOX SLASHというモデル。

ホンダが誇る最新車種の魅力に迫っていきましょう!

旧型N-BOX(Nボックス)をベースにチョップドトップ化されたクーペスタイルトールワゴン軽自動車

N-BOX SLASHは旧型N-BOXをベースに作られてはいますが、見た目は似て非なるもの。その使いやすさゆえにファミリー層から人気を得ていたN-BOXですが、N-BOX SLASHはもう少し若い層を「おっ」と振り向かせたモデルです。

従来のN-BOXの天井を低くチョップドトップ化。リアに向かって流れるようなルーフラインによって、2ドアを思わせるクーペスタイルに。そのお洒落な見た目がN-BOX史上に革命をもたらしました!

サウンドマッピングシステムなど遊び心あふれる装備

総出力360Wと、軽自動車としては充分なスピーカーを装備しているのもN-BOX SLASHの特徴でしょう。低音から高音までクリアに再生されるスピーカーシステムは題してサウンドマッピングシステム。N-BOX SLASHの車体には防音材もプラスされているので気兼ねなく音楽を楽しめます。

その他にもプラズマクラスター搭載のエアコンや、快適な運転をサポートするステアリングヒーターなど、さすが天下のホンダと言わんばかりの装備が整えられています!

“ダークスタイル” “ダイナースタイル” “トレッキングスタイル”など好みで選べる6つの個性的な内装

N-BOX SLASHは内装のデザインが豊富なのも特徴です。これも若者を惹き付けた要因ではないでしょうか。そのスタイルは全部で6つ。

  • シックに黒を基調としたダークスタイル
  • 赤と白を大胆に使ったダイナースタイル
  • 黄色のワンポイントが光るトレッキングスタイル
  • 涼しげな水色が夏っぽいグライドスタイル
  • 木目が渋く、大人な印象のセッションスタイル
  • ナチュラルなブライトロッドスタイル

お洒落なのは外見だけじゃありません!1つの車種でこれだけのデザインが用意されている辺り、見た目へのこだわりの強さを感じさせられますね。

新たに加わるホンダ・N-BOX /(Nボックススラッシュ)インディロックスタイルの装備内容は?

出典元:https://www.honda.co.jp/Nboxslash/webcatalog/styling/design/

そんなN-BOX SLASHに今夏、新たに「インディロックスタイル」と題される特別仕様車が加わりました!ここからはその特徴を見ていきましょう。

快適装備を充実させたタイプG Lがベース

インディロックスタイルのベースとされたのは、現行モデルの中でも装備を充実させたタイプGL。従来より反応の速いディスチャージヘッドライトや、ドアロックに連動して動くオートリトラミラーなどにより、快適な運転性能を誇ります。

また、女性にも嬉しい360°スーパーUV・IRカットやホンダのロゴがカッコイイカラードディッシュホイールもタイプGLの特徴ですね。

ブラックペイントされたフロントグリル、リアガーニッシュ、Cピラービレットにブラックディッシュホイール

出典:https://www.honda.co.jp/Nboxslash/webcatalog/styling/design/

「インディロックスタイル」は黒にこだわったクールな外観を演出しています。その内容はフロントグリル、リアガーニッシュやホイールはもちろん、サイドガラス後方のCピラービレットに至るまで。統一されたパーツは車体のイメージを「キュっ」と引き締めますね!

ボディカラーは専用のシャイニンググレーメタリック他2色

用意されているボディカラーは3色。

  • エレガントなイメージのシャイニンググレーメタリック
  • ボディカラーも黒で合わせたクリスタルブラックパール
  • パーツとのコントラストがお洒落なプラチナホワイトパール

どのカラーも黒で統一されたパーツとの相性は抜群!それぞれにハイセンスな見た目となっていますよ。

各部ブラックペイントとクロームメッキ加飾された内装

出典:https://www.honda.co.jp/Nboxslash/webcatalog/interior/design/

内装ももちろん黒で統一。クロームメッキ加飾された金属パーツがキラリと光り、その色味をより引き立てます。

ホンダ・N-BOX /(Nボックススラッシュ)を純正アクセサリーや無限エアロでさらに外装をカスタムコーディネート!

出典:https://www.honda.co.jp/ACCESS/nboxslash/special/

そのままでも十分に魅力的なN-BOX SLASH。しかし更にこだわりたいというお洒落さんもおられるでしょう!この車にはホンダの純正アクセサリーや、ホンダとパートナー契約を結ぶ「無限」のエアロパーツでのコーディネートがたくさん用意されていますよ。

まずは純正アクセサリーを使ったコーディネートから見ていきましょう!

“Hot Sounds Factory”

純正アクセサリーを使用したホンダのオススメコーディネートは全部で4つ。架空のレコードレーベルというユニークなテーマでデザインされています。それぞれ、ドアに使われたハイセンスなロゴが特徴的です!

最初に紹介するコーディネートは「Hot Sounds Factory」。黒の車体に赤いドアミラーカバーとホイールがちょっとヤンチャなイメージを与えます。内装も赤と黒で統一。助手席前にもさり気なくロゴが入れられています。

“Bluesy Sounds”

「Bluesy Sounds」のイメージは一言で言えば「いぶし銀。」。落ち着いたブラウンの色合いに円を模したロゴがポップに描かれ、絶妙なバランスを感じさせます。ルーフだけを黒にした2トーンカラーだというのもポイントでしょう。

内装もブラウンと黒で統一。ロゴのキャッチーさが際立ちます。

“Sunset Record”

「Sunset Record」は車体が水色にルーフが白の2トーンカラー。看板のようなロゴが可愛いく描かれ、ドアミラーカバーとホイールは黄色。4つの中では一番女の子っぽいデザインです。内装も黄色が際立ったキュートなイメージに仕上げられています。

“Ain’t Record”

カーキと黒の2トーンカラーに、ギターを弾くときに使うピックを模したロゴが目を引くのが「Ain’t Record」。4つの中では一番レコードレーベルを感じさせるデザインになっています。フロントグリルやホイールの黒がマットな雰囲気をより演出。他にはない雰囲気を醸し出していますよ。

内装はかなりシンプルに黒で統一。ロゴの手書き感が際立ちます。

4つのコーディネートが架空のレコードレーベルをモチーフにしているのは、N-BOX SLASHのサウンドマッピングシステムも関係しているように感じますね。こんなに音楽を感じさせる見た目なんです。走行中も音を楽しめる空間であってほしいですよね!

モデューロ(Modulo)アルミホイール・サスペンション

出典:https://www.honda.co.jp/ACCESS/nboxslash/exterior/suspension/

それぞれのコーディネートに使われたホイールやサスペンションなどのパーツは、本田技研工業の子会社、ホンダアクセスが製造するブランド「Modulo」のものを使用。本田技研工業の歴史には適わないものの、ホンダアクセスも1976年に設立された老舗のパーツメーカーです。

これまで紹介してきた4つのコーディネートに使われたホイールはレコードを模したようなデザイン。クルクルと回れば音楽が流れだすようなイメージに作られています。専用のサスペンションで下げられた車高もそれぞれのイメージにぴったりですね。

無限 “マッスルスタイル”・“スマートスタイル”

最後に紹介するのは、ホンダとパートナー契約を結ぶ「無限」のエアロパーツです。「無限」が用意したものは大きく分けて2つのコーディネート

1つは白の車体に赤のルーフトップの「マッスルスタイル」、もう1つは赤の車体に白いルーフトップの「スマートスタイル」。どちらも炎がモチーフの男っぽいイメージに仕上げられています。

ホイールにはN-BOX SLASHのために開発された専用ホイール「MDS」を使用。遠目に見てダーツの的のような見た目が印象的です。

進化する伝統

出典:http://www.mugen-power.com/carparts/tenji/detail/id=323

今回はホンダ・N-BOX SLASHについて紹介させていただきました。この車種は2014年に生まれたばかりのモデルです。シャープな印象の名前に負けじと洗練されたデザイン。続々と新しいラインナップが登場するその様子には、メーカーの日夜に渡る企業努力を感じさせられますね。

また時代が進めば自動車に求められることも変わってくるでしょう。ホンダが作った日本を代表する軽自動車N-BOX。このロングセラー車が今後どういった形で進化していくのかも見物ですね。

 
関連記事:N-BOXスラッシュがマイナーチェンジ!N-BOXとの違いについて徹底比較

新車情報カテゴリの最新記事